【閲覧数上位記事:その他コンテンツ等々】 

口に入れるだけで花粉症の症状が緩和した実体験というか実験中
ゆったり運用ポートフォリオの運用を開始しておよそ半年ほど経ちました
NISA用口座の銘柄を確定しました:購入タイミングは後々決めます
意外と盲点?な資産形成術
不動産の需要が本当に凄いのかどうか
米国株ポートフォリオ更新
iPod購入と開封記念動画をアップ
iOS7ピクチャーフレームに代わるスライドショー
YouTube動画チャンネル:aki furuチャンネル
住友不動産販売 不動産の一押し、旬の情報!
AmazonMyアップルストア
休載お構いなしでも面白いAmazonハンターハンターコミック

2017年5月18日木曜日

毎月分配型投資信託の実験の結果

1年ほど前に始めた、イオン銀行で投資信託を少しでも保有するとイオンカードのゴールドへのインビテーションが来るのかどうかということで、せっかくなのでクソミソに言われている毎月分配型投資信託を使って試した件ですが、答えも分かり、もはや毎月分配型投信の推移を見るだけになってしまったので、そろそろ精算してしまおうかと思います。

肝心のイオンゴールドカードへのインビテーションで必要な投資信託残高についてはこちら


そして「イオンゴールドカードへ 〜毎月分配型投資信託の購入完了〜」からのパフォーマンスはどうなのか。




それぞれ10,000円ずつの購入に対してのパフォーマンスはこんな感じ。





USリートは振るわず、アジア関連のリートが少しパフォーマンスを押し上げた展開でした。

ちなみに、SMT米国リートインデックスファンドはこんな感じ。




そしてSMT新興国リートインデックスファンド。




ぱっと見、そんな変わらんやんと言われそうですが、対象となる商品も多少異なりますし比較にはなりませんが、毎月分配される効果っていいところは相当少ないかと思われます。


イオン銀行については、取り扱いの投資信託にあまりいいものは見当たりませんが、単純にイオンカードセレクトを作っての普通預金と利便性に特化して利用する方が良さそうです。





0 件のコメント:

コメントを投稿

各ポートフォリオ

現在保有株一覧【2016.4.10現在】
[日本株]
:阪急阪神ホールディングス
:イオン
:伊藤忠商事
:マネックスG
:オリックス
:日本農薬


【米国株】
:コカコーラ
:シティグループ
:Apple
:ベライゾン
:BP
:ロイヤルダッチシェルB

【ETF】
:iShares 先進国(除く米国)REIT ETF
:JPM新興国債券ETF
:VT バンガードトータルワールドストックETF
:ishares jpm USD Emerging
:iShares 米国優先株式ETF
:VWO(バンガード FTSE エマージングマーケッツETF)
:BND(バンガード 米国トータル債券市場ETF)
:NOMURA原油インデックス

【投資信託】
:MHAM物価連動国債ファンド




各銘柄等の組入れ理由は「furu1984 HP」へ