【閲覧数上位記事:その他コンテンツ等々】 

口に入れるだけで花粉症の症状が緩和した実体験というか実験中
ゆったり運用ポートフォリオの運用を開始しておよそ半年ほど経ちました
NISA用口座の銘柄を確定しました:購入タイミングは後々決めます
意外と盲点?な資産形成術
不動産の需要が本当に凄いのかどうか
米国株ポートフォリオ更新
iPod購入と開封記念動画をアップ
iOS7ピクチャーフレームに代わるスライドショー
YouTube動画チャンネル:aki furuチャンネル
住友不動産販売 不動産の一押し、旬の情報!
AmazonMyアップルストア
休載お構いなしでも面白いAmazonハンターハンターコミック

2017年2月23日木曜日

一部銘柄を利益確定

ポートフォリオ内の一部銘柄を利益確定しました。



銘柄についてはNISA口座に入れていた【1345】上場インデックスファンドJリートETFです。





これで、主要ポートフォリオに組み入れていたJリートは全て利益確定しました。
日本の不動産関連でいえば残りは【IFGL】iShares先進国不動産ETFとなります。

2017年度のマーケットがどういう風に進んでいくかは分かりませんが、ある程度割高であると判断できるものについては利益確定を進めていく予定であることに変わりありません。









そして出来たキャッシュのうち、負債でしかない物を購入することになりそうです。

答えは車。タイムズカーシェアなどのサービスが出てきて、手軽に車が使える環境になってきましたが、自分の欲求に加えて、現在住むところにはそのようなサービスがないということも合わさり、買うことになりそうです。

今後2.3年間は積極的な投資は抑えることになりそうなマーケット感覚でいておりますので、その間にキャッシュを貯めながらも、せっかく増えた資産をドライブでもしながら消費活動に回し、視覚的に教養を得られるような使い方が出来ればと思います。

2017年2月18日土曜日

一部銘柄を利益確定

先週の話になりますが、ポートフォリオ内の一部銘柄を利益確定しました。






アップルを少量ですが売却いたしました。

直近の分割前からの保有であり、今回の売却により取得原価分くらいは確定。
ここからは完全利益ベースでの保有になります。

アップル製品含めて今後についてできるかぎり想像しながら、保有していくことを考えていきたいと思います。






2017年2月17日金曜日

米国株の証券会社間の移管の方法は簡単でした

SBI証券、楽天証券、マネックス証券の中で比較するとどうしても債券部門が弱いと感じるのがSBI証券。

ポートフォリオには今までETFと株式しか保有していないので上記のことは関係なく、SBI証券の口座のボリュームが大きいのですが、資産の分散と債券クラスの意向もあるので楽天証券に米ドルを移籍させたいと思ったのがきっかけで、タイトルの通り証券会社間の移管手続きを初めてやってみました。
(債券のことだけを考えるなら大手3社の野村、大和とSMBC日興ですが、総合的判断により今回はネット証券間での移管にしました)


移管の方法は思ったよりもシンプルで簡単。

ネット証券の割に移管手続きは書面というのが、事務コスト含めてもったい気がしますが・・・笑





まずはSBI証券のカスタマーに電話して、米国株の移管書類をオペレーターに依頼します。

すると2日ほどで封筒が到着。







見本の紙も付いてますが、普通に記入項目を見れば分かるくらい簡単です。

移管先証券会社と口座番号、そして捺印の代わりに本人確認証の添付。




あとは銘柄と企業コード、数量を記入すればOK。

移管先に銘柄を受け入れできるか可否のチェックは証券会社がしてくれるようなので、空欄で大丈夫そうです。





あとは返送して一週間ほどで移管元の口座からは銘柄が消えており、2.3日のタイムラグとともに楽天証券に移管されておりました。





わざわざ移管しなくてもいいのではと思われるかもしれませんが、、


移管手数料が無料であること。
新たに米ドルを調達するのはポートフォリオの状態的に避けておきたいこと。
手持ちの米ドルを送金するのは送金コストがかかること。


このような観点から、今回は経験も含めて移管という手段をとりました。



思ったより証券会社間の株式移管は簡単でした♪





2017年2月5日日曜日

ポートフォリオの銘柄入替を実施

先週一週間において、ポートフォリオ内の銘柄で利益確定と新規組み入れを実施しました。










利益確定銘柄については以下の2銘柄です。



VWO:バンガードFTSEエマージングマーケッツETF
P&G:プロクター・アンド・ギャンブル



想定しているリターンと今後予想していることに加えて、新規組み入れとキャッシュ比率の向上に向けての調整です。





そして新規組み入れはBP「ブリティッシュ・ペトロリアム」。


先日のエクソンモービルに続いてのエネルギー系企業です。
原油価格の動向も気になり、原油ETFも考慮しましたが、指数連動に対してのコストを考慮してエネルギー関連企業の購入に至りました。
エネルギー関連企業の組み入れについては今までの自分のポートフォリオ組み入れ基準とは少し違う部分もありますので、今後の保有についてはいつもよりもよりシビアに見ていきたいと思います。






2017年2月1日水曜日

ポートフォリオに新規銘柄追加

少し書くのが遅れましたが、メインのポートフォリオに新規銘柄を追加しました。







追加したのは石油メジャーと言われる大御所、エクソンモービル。

ボリュームに関しては少ないですが、今後追加含めて検討しています。

というよりも、もう新規組み入れや追加購入含めて自分の中では最終段階です。

引き続き、利益確定をメインに動向に注視していきたいと思います。





各ポートフォリオ

現在保有株一覧【2016.4.10現在】
[日本株]
:阪急阪神ホールディングス
:イオン
:伊藤忠商事
:マネックスG
:オリックス
:日本農薬


【米国株】
:コカコーラ
:シティグループ
:Apple
:ベライゾン
:BP
:ロイヤルダッチシェルB

【ETF】
:iShares 先進国(除く米国)REIT ETF
:JPM新興国債券ETF
:VT バンガードトータルワールドストックETF
:ishares jpm USD Emerging
:iShares 米国優先株式ETF
:VWO(バンガード FTSE エマージングマーケッツETF)
:BND(バンガード 米国トータル債券市場ETF)
:NOMURA原油インデックス

【投資信託】
:MHAM物価連動国債ファンド




各銘柄等の組入れ理由は「furu1984 HP」へ