【閲覧数上位記事:その他コンテンツ等々】 

口に入れるだけで花粉症の症状が緩和した実体験というか実験中
ゆったり運用ポートフォリオの運用を開始しておよそ半年ほど経ちました
NISA用口座の銘柄を確定しました:購入タイミングは後々決めます
意外と盲点?な資産形成術
不動産の需要が本当に凄いのかどうか
米国株ポートフォリオ更新
iPod購入と開封記念動画をアップ
iOS7ピクチャーフレームに代わるスライドショー
YouTube動画チャンネル:aki furuチャンネル
住友不動産販売 不動産の一押し、旬の情報!
AmazonMyアップルストア
休載お構いなしでも面白いAmazonハンターハンターコミック

2016年10月17日月曜日

セカンドチャンス

ブロガーさんのように、タイトルを「金持ち父さんの新作を読むべき3つの理由」にでもしてみようかと思いましたが、文章レベルが下手くそ過ぎて大したこと書けないのでやめておきました笑









本日、本屋さんでいつものように余った時間を立ち読みしていた時、金持ち父さんの「セカンドチャンス」という本があったので、少しだけ読んでみました。








大学時代に数冊買って読みきり、だいたい結論が同じなのでもう新作が出ても読むことはないのですが、たまたま手に取るに至った理由は、ここ最近気になっているマーケットのクラッシュについて記載されていたのが理由。



市場大暴落?チャンスだ!なぜ格差が拡大し、未曽有の大暴落が起ころうとしているのか。世界規模の金融危機がはらむ危険だけでなく、それがもたらす好機についても学ぶ。



読み始めてみると、過去のクラッシュに対しての予想が的中していたことの自慢?が書いてあり、理由までは読んでいませんが、ちょっと興味を持ってしまいました。

とはいえ、結局は不動産を買えよというポジショントーク的なところに終始しそうですし、久々に読んでまたこっぴどく不動産にウェイトを置いた話を読み続けるのもなぁという感じで、一旦陳列棚に戻しました。。


別に金持ち父さんの著者であるロバートキヨサキ氏を否定するつもりではなく、むしろ彼の言う「お金を働かせろ」というのは大きく自分自身に入ってきた影響もあるシリーズでしたので、考え方自体を知るにはいいものだと思います。

ですが、なんか今後のクラッシュ含めて、今は他人の予想に自分のペースが影響されるのは困るため、深くは触れたくないので、これ以上読まないでおこうという結論に至りました。










今後クラッシュが現実に起きた後、できればまた探して、読んでみたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

各ポートフォリオ

現在保有株一覧【2016.4.10現在】
[日本株]
:阪急阪神ホールディングス
:イオン
:マネックスG
:日本農薬


【米国株】
:シティグループ
:Apple
:ベライゾン
:BP
:ロイヤルダッチシェルB

【ETF】
:iShares 先進国(除く米国)REIT ETF
:ishares jpm USD Emerging
:iShares 米国優先株式ETF
:NOMURA原油インデックス

【投資信託】
:MHAM物価連動国債ファンド




各銘柄等の組入れ理由は「furu1984 HP」へ