【閲覧数上位記事:その他コンテンツ等々】 

口に入れるだけで花粉症の症状が緩和した実体験というか実験中
ゆったり運用ポートフォリオの運用を開始しておよそ半年ほど経ちました
NISA用口座の銘柄を確定しました:購入タイミングは後々決めます
意外と盲点?な資産形成術
不動産の需要が本当に凄いのかどうか
米国株ポートフォリオ更新
iPod購入と開封記念動画をアップ
iOS7ピクチャーフレームに代わるスライドショー
YouTube動画チャンネル:aki furuチャンネル
住友不動産販売 不動産の一押し、旬の情報!
AmazonMyアップルストア
休載お構いなしでも面白いAmazonハンターハンターコミック

2016年9月30日金曜日

奨学金繰上げ返済の手続き

ポートフォリオのキャッシュ比率を上げていくこと、少しずつエグジットを進めていくにつれてキャッシュが増えてきていますが、新たな投資先を選定したり、既存の投資先に追加投資するという選択肢を取りづらくなってきているので、おそらく余程のことがない限りそのキャッシュを使うことはあまりないと思っています。

そんな中で、今後の来るべき時に備えて如何にキャッシュを用意するかがテーマとなりますが、財務の健全化と大げさに言ってみるも日常の支出の見直しを図り始めてみました。


:いらないサービスの解約→おおよそ完了
:固定費の見直し→金利分の負担のある大学時代借りてた奨学金の返済をどうにかする



というわけで、奨学金の一括繰上げ返済をすることにしました。

奨学金については金利が1.26%ほどですので、それを上回るリターンを運用で出せば別に構わないのですが、これからキャッシュとして置いておくという、お金を生まないお金があっても意味がないので、1.26%ほどを解消すべく踏み切りました。





奨学金繰上げ返済のやり方は思ったよりも簡単で、日本学生支援機構 奨学金返還相談センターに連絡もしくは、インターネットでスカラネット・パーソナルという奨学金のサイトから申請すれば処理してくれました。

その際、奨学生番号が必要になってくるので、たまに送られてくる「奨学金返還の振替案内」があれば楽。あとはスカラネット・パーソナルに新規登録、ログインして繰上げ返還の手続きを踏めば翌月末の引き落としくらいになるそうです。
(私の場合は10月27日に振替とのこと)





奨学金金利は低いので特に負担感もなく、残りの金利総額にして5万円にも満たないですが、その分をノーリスクで得たと思えばいいかもしれません。

そういえば以前は、優先株ETFでも買って、それを振替にあてようかと考えていた時期もありましたけど。。笑







奨学金はくれぐれも踏み倒さず、ちゃんと返還しましよう。
将来の若者が困ることになりかねません。。



0 件のコメント:

コメントを投稿

各ポートフォリオ

現在保有株一覧【2016.4.10現在】
[日本株]
:阪急阪神ホールディングス
:イオン
:伊藤忠商事
:マネックスG
:オリックス
:日本農薬


【米国株】
:コカコーラ
:シティグループ
:Apple
:ベライゾン
:BP
:ロイヤルダッチシェルB

【ETF】
:iShares 先進国(除く米国)REIT ETF
:JPM新興国債券ETF
:VT バンガードトータルワールドストックETF
:ishares jpm USD Emerging
:iShares 米国優先株式ETF
:VWO(バンガード FTSE エマージングマーケッツETF)
:BND(バンガード 米国トータル債券市場ETF)
:NOMURA原油インデックス

【投資信託】
:MHAM物価連動国債ファンド




各銘柄等の組入れ理由は「furu1984 HP」へ