【閲覧数上位記事:その他コンテンツ等々】 

口に入れるだけで花粉症の症状が緩和した実体験というか実験中
ゆったり運用ポートフォリオの運用を開始しておよそ半年ほど経ちました
NISA用口座の銘柄を確定しました:購入タイミングは後々決めます
意外と盲点?な資産形成術
不動産の需要が本当に凄いのかどうか
米国株ポートフォリオ更新
iPod購入と開封記念動画をアップ
iOS7ピクチャーフレームに代わるスライドショー
YouTube動画チャンネル:aki furuチャンネル
住友不動産販売 不動産の一押し、旬の情報!
AmazonMyアップルストア
休載お構いなしでも面白いAmazonハンターハンターコミック

2016年5月24日火曜日

老後の必要資金で少し想定外だったこと

自宅のポストに介護付き有料老人ホームのチラシが入っていたのですが、エレベーターで上に上がる時間でさらっと見てみると、思ったよりも費用ってかかることを知りました。







およそ2,000万円の一時金。


0が一個多くない?!


と思い、3.4回数え直してみるも答えは変わらず。


民間の老人ホームの費用って結構バカにならないくらいかかってくるとは認識していましたが、施設によるとはいえ、一時金でここまでかかってくるとは恥ずかしながら想定外でした。

この金額に加えて、毎月食費や管理費がかかってくるわけでして...














今後の年金制度を加味した老後資産の形成において、こういった資金の準備についても備えておいたほうがいいかと再認識させられました。

特に私みたいな独身においては余計に重要なのかもしれません。。

いや、相手探さないといけませんね。。。笑




2016年5月21日土曜日

コスモザカード オーパスを半ば無理矢理作ってしまった件

タイトル通り、コスモザカードを半ばというか大半無理矢理作らされてしまいました笑





WAON機能搭載です→イオンカード持ってるので必要無いです笑


ガソスタの店長さんと地元が同じで話が少し盛り上がったところでガソリンを入れようと手持ちのイオンカードを取り出したら...


「あー、それでもいいんですけどね、コスモザカード持ってないですか??作りましょう!!すぐできますよ!!」


ってな感じで勧誘されまして、断りを入れても「リッター14円くらい安くなるか、そんな節約なかなかないですよ」とまくしたてられ...



まぁ無料だしいいかという感じで作りました。。。






ちなみに、リッター14円くらい安くなるのは、初回特典で1リットル10円キャッシュバックに加えてガソスタ会員価格を合わせてのものです。
そしてその初回特典の1リットル10円キャッシュバックはコスモザカード作成時より3ヶ月が期限。上限は50リットルまで。










ちなみに、私・・・原付バイクです。

3ヶ月で50リットル・・・どうしよう笑

2016年5月19日木曜日

ハンターハンター復活 コミックも!!

ハンターハンターが4月より週刊ジャンプで復活し、何やらどうもよく分からない話になりつつありまして...






現在クロロVSヒソカという超好カードのバトルが繰り広げられています。

スキル・・・複雑すぎて全くついていけません。。。笑




そしてコミックも6月に33巻が発売予定とのこと!!
ハンターハンターコミック復活再開!!
個人的にはさっさとゾルディック家の強さがどんなもんか知りたいです。








Amazonでマスク注文 安定の過剰包装

花粉症の季節が終了し、マスクともお別れと思っていたらゴールデンウィーク終盤より風邪をひいてしまい、せっかく使い切ったマスクを調達せざるをえなくなりました。



まぁ仕事帰りにドラッグストアで買えばいいかと思っていたものの、一応Amazonでチェックしてみたら値段も安く、しかもプライム会員だと無料で当日配送可能とのこと。






マスク一個で送料無料...


利益出るんかいな。。。



前職でマスクの利益率は少し知っていたので、問題ないとは思うけどという感じですが、人件費と包装費合わせてどうなんでしょうか。



そして11:58、「2分以内注文確定で当日配送」に焦らされ、ダッシュで注文。

夜の20時に無事到着!!






出た!!アマゾン安定の過剰包装。
(iPadはProでもminiでもなく標準サイズのAirです)






割れ物じゃないのですから、袋に入れて送ってくれてもいいと思うのですが...



統一することによるコスト削減というやつなんですかね?



とはいえ、便利な世の中になったな〜と実感させられます♪






2016年5月18日水曜日

JCBギフトカードが贈られてきました

JCBから封筒が届きました。






・・・よくある無料の保険特典か?




かと思い、開けてみると...










どうやら何かのキャンペーンに当たったらしい。

何も覚えてないのですが、気になるのは気になります。







2千円分らしいです。

ギフトカードにしては中途半端な金額なのですが...



貰えるものは嬉しい。



しかし、何のキャンペーン?!






よくよく調べてみると、クレジットカードの新規作成による全員が貰える特典でした。。。笑






トイレでゴルフが上手くなる?

先週末に招待いただいたゴルフコンペで、初のベスト3に入賞し、コーヒーギフトなんかも貰っちゃいました。スコアは二日酔いもあり110台というスコアでしたが、、、ハンデに救われた運もよかったプレー日でした♪


会場の高槻カントリークラブも芝は綺麗でしたし、コースも面白くコスパはよかったと思います。









それにしても、自分のパットの下手さについては驚かされます。。
久々というのもあるのですが、今回何度も茶化されたのがワンオンで5パット・・・笑

残念賞?でゴルフレッスンしてくれる、ゴルフのコツの記載されたトイレットペーパーを、ベスト3賞に合わせていただきました。。笑





ドライバーは打ち上げが多く、パットは奇跡の1オン5パットにはドンピシャの景品、これをトイレで読んで次回に備えてこいというわけです。。






確かに、結構基本的なところから・・・






なるほど、肘を脇腹につけて肩を動かすイメージね・・・







これ、芯までこんな感じでレッスンしてくれるのでしょうか。
めくってみると最後まで何かしら印字されてるようです。



まぁこれでゴルフが上手くなればいっか♪


というわけで、せっかくいただいたので、真摯に使わせていただきたいと思います。
こういう景品、面白いですね。。。



2016年5月17日火曜日

民泊需要での不動産投資

今のところグレーゾーンらしい状態で行なわれている、一般物件を民泊として貸し出す不動産投資が、結構メジャーになりつつあるように感じてきました。
そんな中で先日新聞に載ってた、一定条件で民泊解禁のニュース。







欧州諸外国では年間の民泊としての制限日数等の条件もあるみたいで、それに合わせる形でどのような形で今後解禁されていくのかどうか。



それによって、築10年を超える物件を中心とした、不動産投資利回りとしての評価額が変化するのかどうか気になりました。
仮に年間日数が決められていても、そこから想定賃料と合わせて逆算した評価額についてはどうなのか、逆に言えばこれからの交通手段の向上やインフラ整備により首都圏中心部の民泊主体とした不動産投資としては魅力が下がってしまうのではないか。


そういったところはきになるところです。
民泊はあくまでオマケで、主体は一般賃貸物件としてというのが王道なのかもしれません。
Airbnbを中心とした民泊サービス、民泊を用いた不動産投資について、今後少し頭に入れておこうと思います。








それにしても不動産投資関連の書籍で、もう民泊関連の書籍が出始めました。
ここのところ不動産投資をはじめ、マネー関連、投資関連の本のコーナーは相変わらず目立ってきてますね。。




2016年5月13日金曜日

毎月分配型投資信託のパフォーマンスと分配金利回り

先日より始めた「イオンゴールドカードへの招待を目指しています」から毎月分配型投資信託がどう推移していくかですが、今回は毎月分配型投資信託のパフォーマンスと分配金利回りってどうなのかというところを少し見てみました。


某マネー誌を始め、ネット証券や金融機関でもよく売られているらしい毎月分配型投資信託の分配金利回りが割りと誇張されて表現されているようにも見える点。


せっかくなので、今回実験で購入した「フィデリティUSリートファンドB(為替ヘッジ無し)」を見てみたいと思います。



ネットで見つけた少し前の資料です


まずは分配金ですが、基準価格が5千円程度でありながら毎月100円の分配金が出ています。





単純に計算すると...


(100×12)÷5,000=24%



24%?!



米国REITの分配利回りって、iSharesのETFを見てみても4%くらいだった記憶。

こんなにパフォーマンスが良いわけありませんし、実物不動産での利回りでもここまでいっていないと思います。



そこで目論見書を見てみると、しっかりと分配金の仕組みが書かれています。






こんな感じで、実際の運用利益が乗っかっても、分配金の方が多いとすると、それは純資産から削られていく仕組みなので、すなわちそれは基準価格に影響するってこと。




なんや、自分の金が返ってくるだけかいな。




なんかそれだと批判ばっかりになってしまうので、強制的に少しポジティブに考えてみたいと思います。



投資した自分のお金が戻ってくるとしても、返ってくるなら別にいいやん。
ちゃんとリートの利回り貰えるんやし。



というふうに捉えることができるかもしれません。
たとえ自分のお金がただ単に行き来しているだけで、REITの利回りは享受できる!!




そうとも思えるかもしれません。
ただ、冷静になって考えてみると投資信託には”信託報酬”というのが毎日純資産にぶっかかってきます。






およそ年1.5%が費用として抜かれていきます。


ぶち込んだ投資資金がそのまま特別分配金(元本の払戻金)で返ってきたとしても、ちゃんと信託報酬は求められてしまう。とも言えそうです。



というわけで、投資効率が悪いというのを改めて目論見書を見てみて確認できました。






さて、文句を言ってても仕方ないですし、少額かつ他の投資機会に比べて損するのを分かっていて半ば買わざるをえない形で買った投資信託ですので、その辺りは逆に楽しませてもらう形で実感させてもらっています。
パフォーマンスは視覚的にはこんな感じのようです。





ここ数年の経済情勢回復において、一応パフォーマンスとしてはマイナスにはならず、投資信託としての投資利益は出せてきた商品の様子。






とはいえこのリターン表を見るに、正確には算出していないので細かい差までは分かりませんが、手持ちのiShares米国不動産リートETFの方が断然パフォーマンスは良く出ています。参考がてらiSharesのサイトより。




それにしてもこれを見ると2008年の金融危機で一気に振り出しに戻されてます。
呑気に投資信託で実験して楽しく遊んでみるのもいいですが、ポートフォリオの管理についてはしっかり行っていきたいと思います。





2016年5月12日木曜日

イオンゴールドカードへ 〜毎月分配型投信の購入完了〜

昨日書いた「イオンゴールドカードへの招待を目指しています」の通り始めた毎月分配型投資信託がどう推移していくかですが、購入した投資信託が本日約定致しました。










ノーロードではないので、初回購入時にしっかりと買付手数料が引かれての開始となり、パフォーマンスとしてはおよそ98%からの不利なスタートになりました。







今後、何かしらできれば運用報告書ベースで各対象のベンチマーク(といってもアジア高利回りREITファンドはベンチマークが見当たらない。。)、せめて総合的にS&P先進国REIT指数との比較でもしていければと思います。




2016年5月11日水曜日

イオンゴールドカードへの招待を目指してみます

前に住んでいたマンションの近くにミニストップがあり、そこでの買い物におけるメリットを享受しようと半ば半分ノリのような勢いで作ったイオンカードですが、ここにきて別の意味でメリットが出てきています。







ゼロ金利政策において証券口座紐付けのハイブリッド預金やネット銀行含む金融機関各社が下げた円預金金利と比較して、今のところ金利を下げることなくイオンカードセレクトカード保有であれば0.1%上乗せしてくれるところ。





定期預金金利を上回る水準です。


そこに加えて、利用額などでインビテーションが届いた後、イオンゴールドカードに切り替えると年会費無料で株主優待と同じイオンラウンジと、たまに届くDMが食料品まで割引のバージョンになると噂を聞きました。



というわけで、イオンゴールドカードへのインビテーションを得られないものか。



条件ですが...


:年間利用額100万円
:カード累計利用額500万円
:個人年金保険の契約
:住宅ローン利用あり
:定期預金500万円以上
:投資信託残高あり









等のようで、上記の条件が本当だとすると、一番最後の「投資信託残高あり」が一番簡単そうです。
(ただし、残高ありというわけではなく、100万円以上という情報もあります)



そこで、この「投資信託残高あり」を実施してみて、無事にゴールドカードへのインビテーションが届くかどうか試してみることにします。
そしてどうせ投資信託を持つのなら、せっかく少額ですので何か面白そうなことができないものかと考えた結果、俗に言う「タコ足ファンド」(毎月分配型を中心に、原資を分配するファンド)でも買ってみてパフォーマンスがどんなものなのか、少しくらい利益が出るものなのかを見てみようと思いました。


”ファンドのパフォーマンスの変化があっても評価額を1万円以上に維持しておくこと”
”ファンドの新規購入は10,000円以上になっていること”


から、以下の毎月分配型投資信託でもなかなかタコ足具合のはっきりしたファンドを購入手配しました。


:フィデリティ USリートファンド(為替ヘッジ無し)
:アジア高利回りリートファンド


を一万円ずつ購入。

果たして、ゴールドカードへのインビテーションは届くのか、そして毎月分配型タコ足ファンドのパフォーマンスはどんなものなのか、インビテーション条件該当から2か月程度で届く方が多いとのことで、最長2016年末までとして実験してみたいと思います。


評価額や途中経過等については随時記録していきます。



2016年5月5日木曜日

VanguardとiShares ETF 2銘柄を追加購入しました

GWの中盤に差し掛かり、社会人生活歴代トップかと思えるくらい暇なゆったりした日を過ごすことができています。

久しぶりにFXで売買してみたりしたり、ポートフォリオに組み入れ中の銘柄で追加購入を考えたり、たまにはこう言ったゆっくりと考える時間の大切さも有難かったりします。

そんな中で、ポートフォリオに2銘柄を追加購入しました。




iSharesサイトより




:PFF iShares 米国優先株式ETF
:VWO バンガードFTSEエマージングマーケッツETF










手持ちの円資金を少しだけドルにしておこうと思ったところからの決断でした。
債券クラスをメインに考えていたのですが、まだ少し早いのではないかということで、優先株を中心に購入。
新興国株式についてはこのタイミングと水準で買うことに特に理由はなく、ほぼ”たまたま”今日買ったという感じです。。笑

投信での小額から積み立て投資にしようかとも思いましたが、優先株に近いクラスのものを見つけることができなかったこと、定期的にこれからも買っていくことに不安感があったことから、それならばということでETFを選択しました。


あとは表題とはズレますが、投機的な意味合いで日経平均のレバレッジ型を遊びで購入しています。
(FXで久々に売買したりした感覚と同じような感じで、こういう楽しさも忘れたくはないので)









Windows7を動かすBootCampをやめるのは簡単でした

MacBook Proを買ってから時が経過していくごとに動作がモッサリしていく中、BootCampで動かしていたWindows7は問題なくサクサク動いていました。
株取引ツールは基本的にWindowsがベースなので、貴重なWindows機ということもあり、もはやこのMacBook ProはWindows起動マシーンとして生きていたといえるくらいでしたが、この度BootCampをやめてしまい、Mac OSのみで動かしていくことに決めました。

というのも、最近新しくDELLのWindows機を買ったこと、Windows7が無理矢理Windows10にアップグレードされてしまうとかいう噂から、パッケージ版で買ったWindows7がどっかいっちゃうんじゃないかという不安、あとはMacBook ProはひょっとしてBootCampで容量を食われすぎて動きがノロくなってしまっただけなのではないか。

そう思い、一旦BootCampをやめてみることにしました。


BootCampでwindowsのパーティションを削除するのは思ったより簡単で、BootCampアシスタントで簡単にできました。





ほとんどお互い容量不足に近い状態。
というか総容量320GBって少なすぎる。。。




BootCampアシスタントを起動。






普通に削除部分にチェックが付いていたので、そのまま「続ける」で進めます。





そして復元開始!!





勝手に進んでいきます。





同時進行でノートンのアップデート&スキャンを進めていたらエラーが出てしまいましたが、再度BootCampアシスタントを起動して再実行してみたら普通に完了できました。






完了です♪
しばらくこれで様子見します。





各ポートフォリオ

現在保有株一覧【2016.4.10現在】
[日本株]
:イオン
:マネックスG
:日本農薬


【米国株】
:BP
:ロイヤルダッチシェルB

【ETF】
:iShares 先進国(除く米国)REIT ETF
:ishares jpm USD Emerging
:iShares 米国優先株式ETF
:NOMURA原油インデックス

【投資信託】
:MHAM物価連動国債ファンド