【閲覧数上位記事:その他コンテンツ等々】 

口に入れるだけで花粉症の症状が緩和した実体験というか実験中
ゆったり運用ポートフォリオの運用を開始しておよそ半年ほど経ちました
NISA用口座の銘柄を確定しました:購入タイミングは後々決めます
意外と盲点?な資産形成術
不動産の需要が本当に凄いのかどうか
米国株ポートフォリオ更新
iPod購入と開封記念動画をアップ
iOS7ピクチャーフレームに代わるスライドショー
YouTube動画チャンネル:aki furuチャンネル
住友不動産販売 不動産の一押し、旬の情報!
AmazonMyアップルストア
休載お構いなしでも面白いAmazonハンターハンターコミック

2016年4月21日木曜日

昨日に続きポートフォリオの一部銘柄を利益確定

昨日に続いて、ポートフォリオ組み入れている銘柄の利益確定を行いました。

正直、一番面白味があるのではという企業でしたが、若干今後が読めなくなってきたところを天秤にかけた結果、売却に至りました。







売却したのはデジタルガレージ(⇒デジタルガレージ事業紹介ページ)です。


一部フィンテック銘柄とか、ツイッター投資銘柄とか、東証一部への期待銘柄だとか色々と言われているようですが、一旦日本株のポートフォリオ整理を考えると整理し易い企業と判断致しました。








昨日に続き利益確定した結果、キャッシュ比率が10%少しまで上がってます。米国株の利益確定は考えているものの、優先順位的には可能性として低いので、実質的には円資産でみると20%くらいのキャッシュがある計算になります(だから何やねんではあります笑)。



また引き続き、ポートフォリオの動きがあれば記録していきたいと思います。






余談ですが、昨日書いたイオンカードをゴールドへのインビテーション取得実験について、投資信託残高の設定にトライしてみる予定ですが、購入したい投資信託が無かったため、せっかくなので投資信託での邪道投資と言われる通称「たこ足ファンド」がどう推移していくかの実験でもかねてみようと思います。

2016年4月20日水曜日

ポートフォリオ内の一部銘柄を利益確定しました

最近書店に行くと不動産関連の特集記事や書籍コーナーが盛り上がりを見せてきたりと、マイナス金利導入も拍車をかけてのことなのか分かりませんが、よく目にするようになりました。








そんな中で、おおよそ来年を目途に徐々にですが保有株の利益確定を進めております。


:今後の常識的な推移から収益性の低下を感じるもの
:ある程度のリターンを確保したもの


上記二点を当面念頭に置いおります。





そして本日、ポートフォリオ内である程度の期間保有していたETFを一部売却しました。









売却したのは【1345】上場インデックスファンドJリート。
特定口座とNISA口座で保有していましたが、今回は特定口座内の部分をすべて売却しました。




日興HPより



バブル到来中ということであればクライマックスの盛り上がりもあるのかもしれませんが、そこまで欲は出さずに、ある程度の利益確定も進めていきたいと考えております。
ここから先はそういった部分を狙いに行くのか、本当にグロース重視で買いに行くくらいではないかと思います。
そう考えていることもあり、当面はキャッシュをある程度確保しながらのリターンを見込める部分には少しだけポジションを取っていくというような動きをしていきます。






少し話は逸れますが、イオンカードのゴールドへのインビテーションを貰う条件に投資信託口座残高があるそうでして、最小限1万円程度の保有をしてインビテーションが届くかどうか試してみるつもりでいております笑
ゴールドカード自体はJCBカードで保有しているので求めているわけではないのですが、イオンから時々届く「サンキューパスポート」が一般カードだと食料品割引適用外なところ、ゴールドカードになると食料品も割引になるようです。
事実かどうか分かりませんが、、、挑戦してみます‼









2016年4月16日土曜日

プライム会員なら通常商品送料無料終了でも送料無料 しかし...

Amazonが4月上旬に発表した2,000円未満商品の送料無料終了で大きなニュースになっていましたが、プライム会員は変わらず無料。
とはいえいずれ、他国につられるようにプライム会員年会費が上がっていくことは予想してしまいます。。




ひとまず、今はまだまだ格安のプライム会員で送料無料の恩恵を被れるわけで、今回はドリンクボトル(500円未満)一つを注文。
サッカーの時、わざわざアクエリアスと水を合わせて消化中のペットボトルを用意するのがめんどくさいので、導入してみました。








プライム会員、当日お急ぎ便も無料です。

朝8時半頃に注文

夕方6時半頃に到着

大阪のシベリアと呼ばれる僻地に転居していても、当日届くとはさすがです。。







ドリンクボトルたった一つに、この大きな箱。。


さすがです笑






Amazon定番の過剰包装。。。笑




と簡単に言ってしまいますが、これはオペレーション等にかかる作業の均一化においての、逆にローコスト運営の一環なのでしょうか?




それにしてもプライム会員は、この価格なら本当にお得です♪






2016年4月10日日曜日

保有銘柄のページを更新しました

当ページ下部にあるページ(というかプラグインでしょうか?)に記載していた保有銘柄一覧を更新しました。



タリーズが一番Wi-Fiの安定性では良いかも


バフェット関連の書籍が新しく出ていました。



発売からもう1か月くらい経ってるかもしれません。。笑


本題ですが、今まで口座別に分けていたポートフォリオ内をそれぞれ記載していましたが、これからの方向性を踏まえて全て合わせて商品別に記載致しました。
日本株、米国株、ETFに投資信託というジャンル別です。


保有銘柄においては銘柄そのものの利益確定については楽天を売却、利益確定により保有株数が減少したのはクリエイトレストランツHD。
逆に新規組み入れしたのは三井物産とコナカです。


米国株についてはキャッシュ比率を増やすために利益確定を考えましたが、改めてみると
売りたい銘柄が見当たらない・・・笑
せいぜいベライゾンかなと思いましたが、ヤフーの買い入れのニュースが出てきたりと面白そうなので一旦保有継続です。その他は、、、やはり売りたくないです。。。



という感じで、なかなか更新する時間もなく放置していた当ブログの投資関連メモですが、久しぶりの更新をこの記事でまとめてみました。
もう少しこのブログ、アウトプットなどで使い方があるのかなというところで、現在模索中でございます。









2016年4月5日火曜日

パナソニックのシェーバー ES-ST29を買ってみました

今まで断固として電動シェーバーは使わず、カミソリ派だったんですが、どうも肌荒れもあり思いついたように電動シェーバーってどうなの?という感じで、一気に購入までしてしまいました。


購入といっても、高い価格帯の2万円もするようないいシェーバーではなく、入門編とも言えるらしい買いやすい価格帯の電動シェーバーにしてみました。


フィリップスやブラウン等、メーカーも4.5社くらいありそうでしたが、広告塔にあんまり好きではないサッカー選手がいたりした結果(笑)、特にこだわりのなかったパナソニックのシェーバーに決めました。



買ったのはこれ、ラムダッシュというシリーズ?のES-ST29というモデルです。ES-ST39は泡製造までできる機能があるみたいですが、カミソリ時代でも泡なんか石鹸を手で擦ってればできるという考えの人間なので、そんなのに1〜2千円なんてかけてられません。
というわけで、ES-ST29に即決。





なかなかちゃんとした箱に入ってます。





開けるとこんな感じ。

説明書は、ロックの仕方と洗い方を知るために一応確認。





説明書をどけると、袋に包まれた本体と充電器が正体を現します。





おー!!





手にちょうどいい大きさ。
色は黒、青とホワイトがある中で選択したのはホワイトです。









ヒゲの濃い自分に、3枚刄では難しいかなという不安感はありましたが、実際に使ってみると普通に綺麗に剃れました。

そして肝心の剃った感想は...




カミソリみたいにヒリヒリしない!!

カミソリ後の化粧水塗りたくる必要性も無さそうです。



というわけで、今回わかったのは思い込みで動くより、実際に体験してみることの重要性に改めて気付かされました♪




各ポートフォリオ

現在保有株一覧【2016.4.10現在】
[日本株]
:阪急阪神ホールディングス
:イオン
:アコーディアG
:伊藤忠商事
:マネックスG
:オリックス
:三菱商事
:日本農薬
:明星工業
:コナカ


【米国株】
:コカコーラ
:P&G
:ペプシ
:モンデリーズ
:シティグループ
:Apple
:ベライゾン

【ETF】
:1345 上場J-REIT
:iShares 先進国(除く米国)REIT ETF
:JPM新興国債券ETF
:VT バンガードトータルワールドストックETF
:ishares jpm USD Emerging
:iShares 米国優先株式ETF
:VWO(バンガード FTSE エマージングマーケッツETF)
:BND(バンガード 米国トータル債券市場ETF)
:NOMURA原油インデックス

【投資信託】
:MHAM物価連動国債ファンド




各銘柄等の組入れ理由は「furu1984 HP」へ