【閲覧数上位記事:その他コンテンツ等々】 

口に入れるだけで花粉症の症状が緩和した実体験というか実験中
ゆったり運用ポートフォリオの運用を開始しておよそ半年ほど経ちました
NISA用口座の銘柄を確定しました:購入タイミングは後々決めます
意外と盲点?な資産形成術
不動産の需要が本当に凄いのかどうか
米国株ポートフォリオ更新
iPod購入と開封記念動画をアップ
iOS7ピクチャーフレームに代わるスライドショー
YouTube動画チャンネル:aki furuチャンネル
住友不動産販売 不動産の一押し、旬の情報!
AmazonMyアップルストア
休載お構いなしでも面白いAmazonハンターハンターコミック

2016年1月17日日曜日

iPhone6sからiPhone6s PLUSへ機種変更

iPhone6sからiPhone6sPlusへ機種変更しました。



ん??



6sから6s Plusです。



出たばかりの6sから、出たばかりの6s Plusです。









 実際には、携帯人生を歩み始めたJ-PHONE時代から15年くらい一途に続けてきたソフトバンクから、この度初めて他社auに変更しました。

変えた理由としては、この15年くらい他社に一切見向きもせず、乗り換えキャンペーンも無視し続けてきましたが、よくよく考えてみると別に長期で使い続けてもメリットが全くに近いくらい無い訳です。

 今更になって乗り換え割などの月額の違いを勘案すると、毎回機種変更する度に乗り換えた方が全然よかったやん、という結果でした。
タイミングとしては機種変更時がベストということで、今回行った6sに機種変更してからまだ2.3か月でまた機種変更というのは6sの機種代金が勿体無かったわけですが、2年間の月額料金の差額くらいでトントン、残債完済後に売却すればその分は得になるという感じで決断しました。
(人生初のMNPで機種変更というのは、若干ですが余計に時間がかかったのも勿体なかったですが)




 そして思ったよりもiPhone6s Plusは大き過ぎるのではと感じることが使用するごとに慣れていき、さすがに片手での文字打ちは苦労しますが、今の生活スタイルだと然程影響もなく、むしろ快適になりました。

仕事ではLINEとメールは使いますが頻度は少ないですし、電車内では両手で打てばいいです。電話は別に片手で持つのが難しいわけではないので全く影響なし。
昨夏に買い換えたソニーのブルーレイHDDレコーダーだとお出掛け転送機能により、iPhoneでアプリさえ入れればiPhoneで番組を持ち出せるので、スペインリーグや数少ない視聴番組であるガイアの夜明け、カンブリア宮殿を通勤時間に見て効率的に時間を使えます。
それも6sより大きな画面の6s Plusで。




ソニーBDレコーダーBDZ-EW1200
ソニーBDレコーダーBDZ-EW1200
価格:47,400円(税込、送料込)




というわけで、「6sでただでさえデカいのにPlusなんて大きすぎるわ」なんて声を聞きますが、どんだけ携帯を絶対に片手で規制された機会あんねんとか、ポケットに入れても曲がらんわとか思いました♪




0 件のコメント:

コメントを投稿

各ポートフォリオ

現在保有株一覧【2016.4.10現在】
[日本株]
:イオン
:マネックスG
:日本農薬


【米国株】
:BP
:ロイヤルダッチシェルB

【ETF】
:iShares 先進国(除く米国)REIT ETF
:ishares jpm USD Emerging
:iShares 米国優先株式ETF
:NOMURA原油インデックス

【投資信託】
:MHAM物価連動国債ファンド