人気の投稿

2015年12月15日火曜日

マンション売却の流れ

この度、自宅マンションを売却するにあたり、初めて不動産仲介業者様にお願いして仲介していただきました。



全てが初めての経験でしたので、なかなか分からないことだらけでしたが、担当者様にも恵まれ、スムーズに進めることができました。



今回の売却にあたり、不動産仲介業者様に結びつくまでの仲介業者選び、そして仲介の流れ、最後に受け渡しから引っ越しの流れと、なかなか想像以上の苦労というか手間でした。


まずは仲介業者選び。
ひとまずネットで中古一括査定を申し込むと、一気にたくさんの仲介業者からたくさんの電話がかかってきます。その中から3つくらいに絞り込み、納得のいく仲介業者さんを選びました。







そこからは専任媒介契約を締結。
一般仲介契約とどちらにするかは人それぞれですが、ゴルフで知り合った不動産屋さんに聞くと専任でやった方が、ただでさえ書類が多いので一般だと力を入れる余裕がないと聞き、今回担当していただいた仲介業者さんと専任媒介契約を締結いたしました。


そこから、価格設定に入ります。
価格設定は自由ですが、坪単価と希望する売却価格とのバランスがなかなか一致したので、一旦はその価格で出してみることに決定。

そこから1.2組ほど内覧希望の方がおられ、そのうち1組と合意に至り、売却に進みました。



申し込み契約を終えた後は、本格的な価格交渉です。
端数のような値引きで1.2度交渉がありましたが、無事売却を決定することができ、そのまま引渡しの日程等を調整するに進みました。


媒介契約は3ヶ月で、その間に決まるのかどうか疑問でしたが、思ったよりすんなりというのが正直な感想です。
まぁそこは希望売却価格と、実際に買主さまの希望が一致するか、それは巡り合わせというのが相当大きいように感じます。




売却決定から引渡しまでおおよそ1ヶ月半となり、そこから新居探しとなります。
これが個人的には一番苦労したところでした。本当に、スケジュール面含め、かなりバタバタしたのですが、ここが意外なくらいの労力を浪費したことを、今でも驚くあまりです。


その流れはまた後ほど、徐々に書いていきたいと思います。

何せ今は通勤時間が長く、早寝早起きでもう既に寝る時間数分前ですので。。。笑




0 件のコメント:

コメントを投稿

各ポートフォリオ

現在保有株一覧【2016.4.10現在】
[日本株]
:イオン
:マネックスG
:日本農薬


【米国株】
:BP
:ロイヤルダッチシェルB

【ETF】
:iShares 先進国(除く米国)REIT ETF
:ishares jpm USD Emerging
:iShares 米国優先株式ETF
:NOMURA原油インデックス

【投資信託】
:MHAM物価連動国債ファンド


2017年8月中旬のポートフォリオ