【閲覧数上位記事:その他コンテンツ等々】 

口に入れるだけで花粉症の症状が緩和した実体験というか実験中
ゆったり運用ポートフォリオの運用を開始しておよそ半年ほど経ちました
NISA用口座の銘柄を確定しました:購入タイミングは後々決めます
意外と盲点?な資産形成術
不動産の需要が本当に凄いのかどうか
米国株ポートフォリオ更新
iPod購入と開封記念動画をアップ
iOS7ピクチャーフレームに代わるスライドショー
YouTube動画チャンネル:aki furuチャンネル
住友不動産販売 不動産の一押し、旬の情報!
AmazonMyアップルストア
休載お構いなしでも面白いAmazonハンターハンターコミック

2015年8月3日月曜日

デルタスカイマイルJCBテイクオフカードに切り替え

主力として使っているポイント高還元率の部類に入るクレジットカードである楽天カードから、この度デルタスカイマイルJCBテイクオフカードに切り替えることにしました。



理由としましては、そこまで以前よりも楽天に依存することがなくなってきたこと(それでも何となく自然とダイヤモンドランクを維持してました)、つまり買い物でいえば、例えば電化製品などはネット通販に対して価格見直しが進んでいるヨドバシカメラで十分同等に買い物ができますし、そもそも還元された楽天ポイントをどう有効活用するかを考えると使い勝手としてそこまで優れていないなと感じた結果になります。



それでも”還元率”としてはまだまだ楽天カードは最上位クラスだとは思います。






ただ、個人的にはもはや楽天を使うメリットとしては、iPadのKoboアプリで電子書籍を利用するとき、購入に対しての割引クーポンが貰えるところくらいに思えてきました。


楽天ポイントを還元してもらったとしても、実際に利用することはそこまでありませんし、強引にダイヤモンド会員を維持しようとする意識が働いてしまい(笑)、結局そこまで欲しくないけど買ってみようと割引クーポンを併用駆使して電子書籍を買ってしまいます。
もしくは最近便利なEdyへの移行もできますが、結局Edyへ変えてもコンビニくらいでしか使いませんし、そもそもコンビニでそこまで買い物をすることもありません。。





そう思っていた最中、来月にグアム旅行が決まりまして、ふとマイルのことが頭をよぎりました。





そういえば・・・デルタのマイルは無期限で貯めれる。





というわけで、日本を代表する航空会社のANAとJALのクレジットカードとも一応比較した後、マイルベースでは0.5%還元3年というマイル有効期限のあるANAとJALは候補として脱落し、1%還元であるデルタのスカイマイルを貯めようという結果になりました。







申し込みはオンラインベースで完了。振替口座も金融機関のオンライン口座を持っていれば、追加の提出書類は必要無しで手続きできました。

火曜日に申し込んで土曜日に到着というなかなかスピーディーな対応!


到着はセキュリティパッケージで来ます。


デルタスカイマイルカードはセキュリティパッケージで届く



たいそうなセキュリティパッケージの厚紙に封筒が包まれていました。



デルタスカイマイルカードが到着



開封すると、カードに関する説明書類。


デルタスカイマイルJCBカードの利用ガイド



そして自動付帯されている海外旅行保険
(このカードは利用付帯ではなく自動付帯らしい。少し嬉しいです。ただ、治療費用50万円ってのは少なすぎると思います。)



デルタスカイマイルのクレジットカードに自動付帯する海外旅行保険


あとはMyJCB登録に関する入会キャンペーンの案内。


デルタスカイマイルJCBテイクオフカードについてたMyJCBのキャンペーン



届いた後は、案内のとおりにMyJCBを登録して、キャンペーンにて還元してもらうための手続き開始。




別便で、申し込み時に合わせて依頼したクイックペイカードが同時期くらいに届きました。






こんな感じで、これから楽しくマイルを貯めるマイラーになってみたいと思います♪

0 件のコメント:

コメントを投稿

各ポートフォリオ

現在保有株一覧【2016.4.10現在】
[日本株]
:イオン
:マネックスG
:日本農薬


【米国株】
:BP
:ロイヤルダッチシェルB

【ETF】
:iShares 先進国(除く米国)REIT ETF
:ishares jpm USD Emerging
:iShares 米国優先株式ETF
:NOMURA原油インデックス

【投資信託】
:MHAM物価連動国債ファンド