【閲覧数上位記事:その他コンテンツ等々】 

口に入れるだけで花粉症の症状が緩和した実体験というか実験中
ゆったり運用ポートフォリオの運用を開始しておよそ半年ほど経ちました
NISA用口座の銘柄を確定しました:購入タイミングは後々決めます
意外と盲点?な資産形成術
不動産の需要が本当に凄いのかどうか
米国株ポートフォリオ更新
iPod購入と開封記念動画をアップ
iOS7ピクチャーフレームに代わるスライドショー
YouTube動画チャンネル:aki furuチャンネル
住友不動産販売 不動産の一押し、旬の情報!
AmazonMyアップルストア
休載お構いなしでも面白いAmazonハンターハンターコミック

2015年8月10日月曜日

個人賠償保険と自転車保険

最近日経新聞の特集等で、相続・遺言に次ぐくらいの頻度で自転車事故に対する賠償に備える必要性を訴える記事をよく目にするようになってきました。


確かにニュースではここ数年、若い学生が自転車で高齢者に当たってしまったり、校庭で蹴っていたボールが外に出てそれが原因で事故になってしまったりで、損害賠償を訴えられるケースが報じられているのを聞いてしまいます。
(個人的に損害賠償額がそこまで大きくなる理由が知りたいケースもありますが。。)


そしてこの春、大阪のお隣の兵庫県では、自転車に乗る人には賠償責任保険を義務付ける条例が施行されたようです。






自分自身、昨年夏に自転車を乗り換えて爽快に通勤ライフを楽しんでいる反面、自転車事故に関する損害賠償事例ニュースを聞くと怖くなり、対処しておかねばと考えてきました。
クロスバイクでサドルが勝手に下がってしまう時の対処方法


とはいえ自転車保険の加入は年間辺りまぁまぁの保険料なので、ケチな自分はなんとかできないかと調べることに。


方法はいろいろ...


:自転車保険に加入する
:火災保険・自動車保険に個人賠償特約の付加
:クレジットカード付帯等で格安の個人賠償保険を探す



一番最初の自転車保険の加入は、保険料が高いので却下。


2番目の火災保険・自転車保険に個人賠償特約を付加する方法ですが、自宅マンションの火災保険で長期契約してるので、コスト的におそらく火災保険に付加するのが一番安いですが、マンションの売却もありうるので切り替え等がめんどくさく、他を考慮。
自動車保険に付加する方法ですが、自分は自動車を保有しておりません。個人賠償の補償範囲は「別居の未婚の子」までいけるので実家の自動車保険に付帯してもらう事もできますが、万が一の時にいちいち対応してもらうのが申し訳ないので他を考慮。
(火災と自動車では、示談交渉があったりするので自動車の方がいいです)


ということで、最後にクレジットカード付帯の方向で考えることに。




当初はイオンカードの保有者に付帯できる傷害保険+個人賠償特約(やったかな?)が月額数百円と安かったのですが、運悪く加入から2ヶ月くらいで取り扱い停止、そして新プランで無駄に補償が厚くなり保険料が高くなったので保留せざるをえないことになりました。。



そんな中、最近メインの楽天カードからデルタスカイマイルJCBカードへ切り替えた時にMyJCBへの登録を促され、登録した時に知ったのがJCBのトッピング保険。
デルタスカイマイルJCBテイクオフカードに切り替えました





自転車プランやら旅プランやらゴルフプランやら目的別に5種類くらいあり、日常生活賠償プランは月額130円で1億円まであります。



というわけで即決致しました。


MyJCBにログインして、サラッと申し込み完了できました♪






これで一安心です。

最近理不尽な訴訟も増えてきているように思えますので、そういった面でもこういった補償の大切さが増してくるのかもしれません。


お手持ちの自動車保険や火災保険、一度把握しておいた方がいいですよ〜。





0 件のコメント:

コメントを投稿

各ポートフォリオ

現在保有株一覧【2016.4.10現在】
[日本株]
:阪急阪神ホールディングス
:イオン
:マネックスG
:日本農薬


【米国株】
:シティグループ
:Apple
:ベライゾン
:BP
:ロイヤルダッチシェルB

【ETF】
:iShares 先進国(除く米国)REIT ETF
:ishares jpm USD Emerging
:iShares 米国優先株式ETF
:NOMURA原油インデックス

【投資信託】
:MHAM物価連動国債ファンド




各銘柄等の組入れ理由は「furu1984 HP」へ