【閲覧数上位記事:その他コンテンツ等々】 

口に入れるだけで花粉症の症状が緩和した実体験というか実験中
ゆったり運用ポートフォリオの運用を開始しておよそ半年ほど経ちました
NISA用口座の銘柄を確定しました:購入タイミングは後々決めます
意外と盲点?な資産形成術
不動産の需要が本当に凄いのかどうか
米国株ポートフォリオ更新
iPod購入と開封記念動画をアップ
iOS7ピクチャーフレームに代わるスライドショー
YouTube動画チャンネル:aki furuチャンネル
住友不動産販売 不動産の一押し、旬の情報!
AmazonMyアップルストア
休載お構いなしでも面白いAmazonハンターハンターコミック

2015年6月29日月曜日

楽天銀行で外貨預金してみました

表題の通り、楽天銀行で外貨預金をしてみました。



外貨預金といってもかなり少額中の少額でして、少し都合上で一時的に銀行口座が必要となりましたので、イーバンク銀行時代から残していた端数を普通預金口座から整理するため、引き出し手数料を払わなくする方法として外貨預金を選択しました。
※証券口座へ入金すれば手数料はかかりませんが、経由するのが面倒くさいのと、面白みに欠けるということで。



イーバンク銀行が楽天傘下に入り、楽天銀行になることで、アクティブに利用しないユーザーにとってはかなり改悪となる改定が行われ、そこからはずっと、ネットバンクの口座は住信SBIネット銀行を利用してしまっていました。

楽天グループとなることで、楽天ユーザーかつ給与振込の指定口座にする等であればメリットは大幅に出てくるのだとは思いますが、自分にとっては利用形態上ではデメリットの方が多い口座となっています。




で、本題ですが、久しぶりに外貨預金というものをしてみました。

外貨建てMMFではなく外貨預金です。
外貨送金の予定も無く、外貨預金であるメリットは皆無なのですが、どうも人民元というものに目が行き、口座の端数を外貨預金にするという愚行を選択しました。

結局買った外貨は人民元ではなく、豪ドルなのですが...笑




それにしても最近は外貨預金ですら、そしてネットバンクですら重要事項確認が細かくなってきてると実感しました。

資産、運用方針等で、少しチェック項目を間違えると、「適してないのでダメ」と跳ね返されてしまいます。





上記項目で外貨預金が「中程度のリターン」に属するのか全く疑問ですが、たった一つのチェックのズレも許されません。。


そして一時的にとはいえ、口座資産が外貨のみになった結果、またまた親切な表示が出てきました。





外貨預金くらいでここまでされるのかと、改めて有難い規制管理に感謝した今日この頃でした。




楽天銀行、なかなかの楽天ヘビーユーザーなので、給与振込口座に設定できさえすればカナリ使える口座になりそうですが、ネットバンクという一括りで、確か指定口座として対応してない(以前確認した時)のは大変残念で仕方ありません。。。。。




0 件のコメント:

コメントを投稿

各ポートフォリオ

現在保有株一覧【2016.4.10現在】
[日本株]
:阪急阪神ホールディングス
:イオン
:伊藤忠商事
:マネックスG
:オリックス
:日本農薬


【米国株】
:コカコーラ
:シティグループ
:Apple
:ベライゾン
:BP
:ロイヤルダッチシェルB

【ETF】
:iShares 先進国(除く米国)REIT ETF
:JPM新興国債券ETF
:VT バンガードトータルワールドストックETF
:ishares jpm USD Emerging
:iShares 米国優先株式ETF
:VWO(バンガード FTSE エマージングマーケッツETF)
:BND(バンガード 米国トータル債券市場ETF)
:NOMURA原油インデックス

【投資信託】
:MHAM物価連動国債ファンド




各銘柄等の組入れ理由は「furu1984 HP」へ