【閲覧数上位記事:その他コンテンツ等々】 

口に入れるだけで花粉症の症状が緩和した実体験というか実験中
ゆったり運用ポートフォリオの運用を開始しておよそ半年ほど経ちました
NISA用口座の銘柄を確定しました:購入タイミングは後々決めます
意外と盲点?な資産形成術
不動産の需要が本当に凄いのかどうか
米国株ポートフォリオ更新
iPod購入と開封記念動画をアップ
iOS7ピクチャーフレームに代わるスライドショー
YouTube動画チャンネル:aki furuチャンネル
住友不動産販売 不動産の一押し、旬の情報!
AmazonMyアップルストア
休載お構いなしでも面白いAmazonハンターハンターコミック

2015年5月19日火曜日

小さな仲間達ファンドで一部利益確定

大阪市の特別区設置に関する受民投票が終わりました。
結果はおそらく否決されるのではないかという感覚に、予想通り否決。私は賛成票を期日前に投じました。
結果が出て、老人VS若者という、数値上仕方のない所で想定内であったという周囲の風潮が強いように思いましたが、結局のところ大阪市の方向性という意味で全世代にとって利点があるという部分が周知できれば結果は違っていたと思いますし、その点で僕自身、逃げ切り世代にとっては現状で恐らく10年くらいなんとでもなるという、逃げ切り方針でいった方が残りの生活が読めるという判断は正しいと思います。
B/Sが少しずつでも改善しつつある流れの中で、同時に収支を改善していく。そして国全体にも同じ課題である改善少子高齢化というものを中心に対処していかなければなりません。
そういった観点からも収支を改善しようとすると、今後現状維持では支出は今後増えていくように想像できるので、早めに収入の増加を見込み、支出を減らす身軽さを備えていかなければならないと思います。

改めて思うところは国民性なのか平和ボケなのか、国全体として同じような考えが一般的なのではと思いました。




財政健全化はしなければならない。ただ、高齢者をはじめ弱者と言われる方々の犠牲を伴うのはダメ。もっと全体として取り組める良い方法があるはずなので、そんなに急がないで、ゆっくりと考えよう





確かに、綺麗で優しさがあり温もりを感じそうな、良い言葉かもしれません。

ただ、もう何年も前から危ないと言われながら現状に至る、欧州のとある国によく似てるのではと感じました。ほんと、似てませんか??










さて、やっと主題ですが、「小さな仲間達ファンド」で一部利益確定を実施しました。


企業名はモレスコ【5018】です。



















大阪に足を付ける企業という方針を組み込んでましたが、今後は関西全域でスクリーニングしていきたいと思います♪

0 件のコメント:

コメントを投稿

各ポートフォリオ

現在保有株一覧【2016.4.10現在】
[日本株]
:阪急阪神ホールディングス
:イオン
:マネックスG
:日本農薬


【米国株】
:シティグループ
:Apple
:ベライゾン
:BP
:ロイヤルダッチシェルB

【ETF】
:iShares 先進国(除く米国)REIT ETF
:ishares jpm USD Emerging
:iShares 米国優先株式ETF
:NOMURA原油インデックス

【投資信託】
:MHAM物価連動国債ファンド




各銘柄等の組入れ理由は「furu1984 HP」へ