【閲覧数上位記事:その他コンテンツ等々】 

口に入れるだけで花粉症の症状が緩和した実体験というか実験中
ゆったり運用ポートフォリオの運用を開始しておよそ半年ほど経ちました
NISA用口座の銘柄を確定しました:購入タイミングは後々決めます
意外と盲点?な資産形成術
不動産の需要が本当に凄いのかどうか
米国株ポートフォリオ更新
iPod購入と開封記念動画をアップ
iOS7ピクチャーフレームに代わるスライドショー
YouTube動画チャンネル:aki furuチャンネル
住友不動産販売 不動産の一押し、旬の情報!
AmazonMyアップルストア
休載お構いなしでも面白いAmazonハンターハンターコミック

2015年5月30日土曜日

マグニチュードと震度の違いは?

本日20:24頃、小笠原諸島付近を震源としたマグニチュードの大きな地震が起こりました。






自宅マンションがタワーマンションなので、地震が起こると目眩が起きたかのごとく、グルングルンと回転する感覚に襲われます。
しかし東日本大震災の経験上、すぐにこれは地震ではないかと気付き、ニュースの前にTwitterを確認。やはり皆さん「ゆれた」のメッセージがたくさん。


それからニュースを追ってみるとマグニチュードが8.5、震度は5強とのこと。

解説者さんは深くの規模の大きな地震であったと仰ってました。




さて、そこで思ったのがマグニチュードがこれだけ大きいのに震度が5強ってなんで?
(震度が5強で冷静でいてしまうのは感覚的には麻痺してるのかもしれません。。)

そもそも震度とマグニチュードの違いってなんやっけ???





改めて調べてみると、マグニチュードは地震の規模震度は実際にどれだけの揺れを感じているかなんだそう。


防災地震Web


というわけで、今回のマグニチュードが8.5という分類では巨大地震に分類されるものの、震度が低いというのは、遠く深くを震源とすることになるのだそう。


なるほど・・・もう忘れません。








とはいえ感覚的に、地中深くの「芯」に近い所が動いたからこそ、余震含めてこれからのプレートのズレは大きなものが起こってくるのでは?と素人ながら感じましたが、どうなんでしょうか。



そして不謹慎ながら、マーケットは今回反応したりするのかどうか、被害の想定と同じくらい気になってしまいました笑



2015年5月28日木曜日

クリエイトレストランツHDより配当&株主優待をいただきました

個別株ポートフォリオに組み入れている外食グループのクリエイトレストランツHDより、配当と株主優待が届きました。


クリエイトレストランツの株主総会招集通知




クリエイトレストランツHDは日本食から沖縄料理、そして洋食にデザートまで、様々なジャンルのお店を傘下に入れ、さらにまだまだグループ入りを増加していく今の外食関連企業の中では早いペースで成長を遂げている企業の一つではないでしょうか。




クリエイトレストランツの事業報告書




今冬に新規組み入れしたので、クリエイトレストランツHDからの初の株主優待です。


クリエイトレストランツからの株主優待券



そして今朝の朝刊にはクリエイトレストランツHDが、オリックス傘下のKRフードサービスを買収。これにより、「かごの屋」がグループに入りました。



外食中堅のクリエイト・レストランツ・ホールディングスは、和食チェーン「かごの屋」を展開するKRフードサービス(大阪市)を約150億円で買収する。クリエイトは商業施設内のレストランや繁華街の居酒屋が主力で、これまで手薄だった郊外型のロードサイド業態を強化する。〜〜〜(日経新聞)




現在グループ内にある「しゃぶ菜」とは、しゃぶしゃぶこそ同じですが、定食という部分で微妙に違いもあります。買収効果としては食材の調達等に効果が出るのでしょうか?



クリエイトレストランツHDグループでは、ランチに沖縄料理の「島ぬ風」や中華バイキング香港蒸龍(※龍の字が変換で出ませんでした。正確には草冠がつきます。)はよく利用することがあるので、便利に優待を使わせていただきたいと思います♪





2015年5月21日木曜日

個別株ポートフォリオで利益確定を行いました

割と早いペースでマーケットが上に向いてきているように感じます。





GW辺りに書いた力作の【「Sell in May」 より気を付けておくべきこれからのひと時】の方が本当に注意しておきたいくらいです笑

本当にカラスが活発的に鳴きまくっています。
上空を飛び交い、隙あらば頭を蹴ってきます。

今はリスク回避のルート変更を行っているので無事ですが、どうなることやら...




今回利益確定を行ったのは、みずほFG【8411】全てと伊藤忠商事【8001】一部。
おそらくですが、株数は変更かるかもしれませんが、また買い直すことはあると思います。
今回の売却により取られた譲渡益税は諦めるしかありませんが、気を取り直してより効率的なポートフォリオを目指して運用していきたいと思います。





小さな仲間達ファンドで利益確定を続けました

シャープの大きな減資発表から批判殺到で急遽幅を抑えるということになったらしいのですが、今後収支の改善が見込めないならば、ただの延命措置にしかならないような気がします。
それよりも各部門解体して、それぞれを各方面で未来が見える優秀な企業に売ってしまった方が、そこで働く従業員にとってはいいように思えてしまいます。




さて、先日に続いて、小さな仲間達ファンドで一部銘柄の利益確定しました。



フジ住宅【8860】です





スイングトレードになってしまってる事に加えて、小さな資金で動かしている当ポートフォリオでして、勿論利益額も少ないです。
昔、初めて投資という(当時はトレード)ものに触れ始め、これくらいの規模で、一喜一憂していたことを改めて懐かしく感じました。
マーケットの環境のおかげで当時よりもスムーズに利益が出ていまして、年間でみるとすでに20%近くまで取れているので、勘違いしてしまいそうですが、これからの方針転換を含めて、気を引き締めて再始動させていきたいと思います。









同時に、個別株ポートフォリオに関しましても、少し肌感覚ですがキャッシュ比率を高めておきたいと考えましたので、同日行いました。

後々売却詳細について書きとめておきます。



2015年5月19日火曜日

小さな仲間達ファンドで一部利益確定

大阪市の特別区設置に関する受民投票が終わりました。
結果はおそらく否決されるのではないかという感覚に、予想通り否決。私は賛成票を期日前に投じました。
結果が出て、老人VS若者という、数値上仕方のない所で想定内であったという周囲の風潮が強いように思いましたが、結局のところ大阪市の方向性という意味で全世代にとって利点があるという部分が周知できれば結果は違っていたと思いますし、その点で僕自身、逃げ切り世代にとっては現状で恐らく10年くらいなんとでもなるという、逃げ切り方針でいった方が残りの生活が読めるという判断は正しいと思います。
B/Sが少しずつでも改善しつつある流れの中で、同時に収支を改善していく。そして国全体にも同じ課題である改善少子高齢化というものを中心に対処していかなければなりません。
そういった観点からも収支を改善しようとすると、今後現状維持では支出は今後増えていくように想像できるので、早めに収入の増加を見込み、支出を減らす身軽さを備えていかなければならないと思います。

改めて思うところは国民性なのか平和ボケなのか、国全体として同じような考えが一般的なのではと思いました。




財政健全化はしなければならない。ただ、高齢者をはじめ弱者と言われる方々の犠牲を伴うのはダメ。もっと全体として取り組める良い方法があるはずなので、そんなに急がないで、ゆっくりと考えよう





確かに、綺麗で優しさがあり温もりを感じそうな、良い言葉かもしれません。

ただ、もう何年も前から危ないと言われながら現状に至る、欧州のとある国によく似てるのではと感じました。ほんと、似てませんか??










さて、やっと主題ですが、「小さな仲間達ファンド」で一部利益確定を実施しました。


企業名はモレスコ【5018】です。



















大阪に足を付ける企業という方針を組み込んでましたが、今後は関西全域でスクリーニングしていきたいと思います♪

2015年5月13日水曜日

クリエイトレストランツHDから株主総会招集通知

個別株ポートフォリオに組み入れているクリエイトレストランツHDから株主総会招集通知が届きました。





クリエイトレストランツHDより株主総会招集通知





とはいいましても株主総会に行きたくなるほど保有してるわけでもないので、今回は優待到着予定日の今月下旬の方が楽しみです。





ここで気付いたのですが、この招集通知書の一番下...



当日ご出席の株主のみなさまへのお土産は、予定しておりません



との表記。

今までの株主総会の質疑応答等で質問があったのでしょうか?笑



確かにポートフォリオ内に組み入れているカプコンでも昨年の株主総会時の質疑応答であったような・・・



たしかにお土産があるのは嬉しいですが、そこにコストをかけるくらいなら株主還元という形で、違う形で還元して欲しいと思いますけどね♪




このグループの中華バイキング、好きなんでまだ今の水準では保有継続としていきたいと思います。





2015年5月5日火曜日

利回りだけに目がいってしまいがちな時のこと

利回りといっても広い意味があります。


近いところでは投資利回り、配当利回り、優待利回り...




そんな中で、久しぶりにGWということでゆっくりと過ごす時があったことから、直近で何か新しい行動を取れないかということで行き着いたものの一つが優先株式ETFへの追加購入でした。

優先株式ETFはゆったり運用ポートフォリオ内に、すでにiSharesのETFであるPFFを利用して組み入れているのですが、ここにきて再考するとなると自分の悪い癖が出始めたのではないかと我に返りました。



最近桐谷さんの優待投資が昼の番組や書籍で人気になり、一般的になってきたこともあるので株式投資が周りにとっては取っつきやすくなっているのかもしれませんが、株式投資で一番自分が長期的に考えるものが売買差益の部分であり、その過程で利回りが差益にできるだけ影響を与えずに付加的要素となるようにという考え方を持っております。
(※利回りが差益にできるだけ影響を与えないというのは、配当や分配金を出すことにより本来生み出されるはずの利益を失なわないように)



分配金や配当金がしっかりと見込めていても、差益の部分で相殺される部分が大きとそもそも投資利回りは小さくなってしまいます。



優待投資も同じく、優待利回りという形である程度数値化したものが、結局のとこと差益で相殺されたり、機会損失という形で間接的にパフォーマンスを下げる結果になってしまってもダメです。


というわけで、この先数年を見て優先株式が妥当なのか、正解は分かりませんが、あくまでアクティブ投資をメインで行っている以上は、現状の水準では単なる利回りの追求となるとなかなか効果的な投資先として追加で買うほどのものではないのではないかという結論に至りました。



優先株式PFF ETFのチャート



少しでも大きいパフォーマンスを追い求め、結果一見楽そうな道を選択しそうになって、気付いてよかったと思います。


必ずしもというわけではないですが、市場に大きなノイズが発生した時にこそ、ポートフォリオの再構築という形で、ある割合で組み入れておくことが自分にとっては良さそうです。


Nダウチャート



結局のところ投資利回りは結果論として測られるとは思いますが、今後何十年も送っていくなかで、失敗を重ねることもあるわけですから、まずは軸となる部分からできるだけ反れてしまうことのないようにも努力していきたいと思います。





2015年5月4日月曜日

「Sell in May」より気を付けるべきこれからのひと時

最近マーケットが調整しかかっているところから、少し「Sell in May」という投資の格言みたいなものを聞くことが多くなりました。
そもそも「Sell in May」とは何なのか...








”5月に株を売り抜けろ。そして9月までマーケットから離れていろ”



というような類のもの。
ヘッジファンドの決算や、夏季休暇を元に囁かれているもののようです。



確かにチャート的に見ても、調整し易い感じになっているとは思います。
ただし、個人的にはもっと危惧すべき問題がこの時期に潜んでいます。



GWにリフレッシュして、緩んだ気分を一気に悲壮感に変えてくれる、もはや災害とも言えると感じること.....







そうです。







こいつです。。

忘れもしない昨年のGWあけ、通勤時に軽快に自転車を漕いでいたら、突然の衝撃が頭に走りました。


頭を蹴り、バカにしてるかのような鳴き声と共に追い越して飛び去っていきました。

そんな事が短期間に2.3回...


調べてみると、カラスの巣を作る3〜4月頃に公園等の高い木があるところが騒がしくなり、産卵から孵化に入ります。5月にはヒナを育て始める時期にあたるようで、ちょうどその周辺を通る人間に対して、警戒を表す行動に出るようです。



頭を蹴られる、ましてやカラスにとなると、その日の気持ちいい朝の気分が一気に不快になってしまいます。
メンタルを大切にしたい投資家やトレーダーにとっても、必ず避けたい事象の一つにあたると思います。

蹴られた後は、その日に予定していたポートフォリオの新規組み入れに関しての動き、トレードに関わる売買等の準備どころではありません。


頭が汚くなってしまってるんじゃないか、あのナメた態度はなんなんや!!


平常心でいることに対して大きな弊害となります。




平常心で、いつも通りのコンディションでいられるように、調整局面でもしっかりと自分の考えの元で行動できるように、FRBの利上げよりも、「Sell in May」よりも大きな問題として、カラスを警戒しておかなければならない時期となってくると思われます。




2015年5月2日土曜日

無線ルーターの変更に伴い、モデムとの接続ケーブルも変更してみました

前回の記事から、プロバイダの100メガコースから1ギガコースへ変更するに伴いまして、事前に無線ルーターの変更と、気休めに終わるかもしれませんがルーターとモデムを繋ぐLANケーブルも変更してみました。
→前回記事:自宅ネット回線を100Mコースから1ギガコースへ変更を検討


まずはLANケーブルの違いを比較するため、現状の無線ルーターとモデムを繋ぐLANケーブルを変更してみることに。


ひとまず現状の接続スピードを再度テスト。



回線速度計算


ここからルーターとモデムを接続するLANケーブルを変更してみました。
ケーブルはこちらを調達しました。
GreenHouse カテゴリー6e LANケーブル 1m [GH-CBE6EB-1M]






無線ルーターとモデムの接続方法


若干改善しているかもしれませんが、計測の誤差内とも言えるかもしれません。



さて、ここから購入したWiFiルーターを変更してみます。

今回新しく購入したWiFiルーターはこれです。
超高速通信11acに対応した無線LAN親機。GigaスピードのINTERNETポート搭載(WAN側)。




前回のルーター背面の接続を忘れず、間違わずに新しいルーターへ変更するために回線を接続します。
1ギガコースへの変更はGW明けに実施予定。あくまで今回は回線速度プランは変更せず。



今回のルーターはA回線G回線(SSIDの表記上こう呼ばせていただきます)と2種類利用できます。

計測は両方で実施。


まずはG回線。




??????????????


あんま変わらんやないか。。。笑



気を取り直して、A回線で実施してみます。





無事、だいぶ改善したようです。
計測値にしては3倍くらいでしょうか。
回線プランの影響で頭打ちになってしまっているケースがあるようですので、やっぱりギガコースへの変更は効果的かもしれません。

次回、ギガプランへの変更後に計測してみます。

実際に株式等の投資活動における回線速度は現状で全く問題ありませんが、、、動画閲覧等でほんの微細なノイズでも防ぎたいと思うと効果的かもしれません。






≪比較ネット.jp≫インターネットがいちばん安く使えるのはどのプラン?

各ポートフォリオ

現在保有株一覧【2016.4.10現在】
[日本株]
:阪急阪神ホールディングス
:イオン
:伊藤忠商事
:マネックスG
:オリックス
:日本農薬


【米国株】
:コカコーラ
:シティグループ
:Apple
:ベライゾン
:BP
:ロイヤルダッチシェルB

【ETF】
:iShares 先進国(除く米国)REIT ETF
:JPM新興国債券ETF
:VT バンガードトータルワールドストックETF
:ishares jpm USD Emerging
:iShares 米国優先株式ETF
:VWO(バンガード FTSE エマージングマーケッツETF)
:BND(バンガード 米国トータル債券市場ETF)
:NOMURA原油インデックス

【投資信託】
:MHAM物価連動国債ファンド




各銘柄等の組入れ理由は「furu1984 HP」へ