【閲覧数上位記事:その他コンテンツ等々】 

口に入れるだけで花粉症の症状が緩和した実体験というか実験中
ゆったり運用ポートフォリオの運用を開始しておよそ半年ほど経ちました
NISA用口座の銘柄を確定しました:購入タイミングは後々決めます
意外と盲点?な資産形成術
不動産の需要が本当に凄いのかどうか
米国株ポートフォリオ更新
iPod購入と開封記念動画をアップ
iOS7ピクチャーフレームに代わるスライドショー
YouTube動画チャンネル:aki furuチャンネル
住友不動産販売 不動産の一押し、旬の情報!
AmazonMyアップルストア
休載お構いなしでも面白いAmazonハンターハンターコミック

2015年1月6日火曜日

緊急予備資金口座は適度に使う口座を!!

元旦決めた、小型株を主体にポートフォリオを組んで運用していく下準備に、予定通り緊急予備資金を入れていたシティバンクのATMへ出向き、引き出そうとしました。



ところが...







「この口座は現在利用できません」







はぁ??????



シティバンクが三井住友信託へ売られる過程からなのか、いや、決して預金を止めてやることは無いはず。

ということで、カスタマーへ連絡しました。



それがまたセキュリティの賜物といえばいいのか、電話用パスワードを打ち込んでくださいと音声ガイダンスが仰います。

そんなもん分かる訳ないやんと思いつつも、口座開設時の冊子を探してるうちにオペレーターへと繋がり、思い当たる番号を入力してくださいという案内から、適当に入力してみたら2度目で成功。


そして、事の真相を伺ってみると....




「お客様の口座は2年間お取引がないため、休眠口座とさせていただいております」









だそうです。


復活の処理については、一旦休眠口座からの解除をオペレーターが行った後、当日中にATMで入出金のいずれかをするか、オンライン上でeセービング普通預金口座から普通預金口座へ移し変えを行っても取引と見なしてくれるとのこと。


もちろん当日中に引き出しに行き、とりあえず解決致しました。
(外貨預金口座は現在まだ凍結中・・・笑)




これ、緊急予備資金として使ってましたが、いざという時、緊急時に口座が凍結されていたらシャレにならんかもしれないなと実感させられました。

というわけで、いくら手を付けないようにするために遠い口座であったり、普段触らないような口座を設定して入れておいても、2.3年で休眠口座とされてしまっては意味がないので、日頃から多少動かす口座で定期にしておくか、もしくは住信SBIネット銀行でできるように目的別口座を作成しておいた方がいいなと実感させられました。


ちなみに、証券口座でも休眠口座扱いはあるようです。



少しハッとさせられた出来事でした。。。


0 件のコメント:

コメントを投稿

各ポートフォリオ

現在保有株一覧【2016.4.10現在】
[日本株]
:阪急阪神ホールディングス
:イオン
:伊藤忠商事
:マネックスG
:オリックス
:日本農薬


【米国株】
:コカコーラ
:シティグループ
:Apple
:ベライゾン
:BP
:ロイヤルダッチシェルB

【ETF】
:iShares 先進国(除く米国)REIT ETF
:JPM新興国債券ETF
:VT バンガードトータルワールドストックETF
:ishares jpm USD Emerging
:iShares 米国優先株式ETF
:VWO(バンガード FTSE エマージングマーケッツETF)
:BND(バンガード 米国トータル債券市場ETF)
:NOMURA原油インデックス

【投資信託】
:MHAM物価連動国債ファンド




各銘柄等の組入れ理由は「furu1984 HP」へ