【閲覧数上位記事:その他コンテンツ等々】 

口に入れるだけで花粉症の症状が緩和した実体験というか実験中
ゆったり運用ポートフォリオの運用を開始しておよそ半年ほど経ちました
NISA用口座の銘柄を確定しました:購入タイミングは後々決めます
意外と盲点?な資産形成術
不動産の需要が本当に凄いのかどうか
米国株ポートフォリオ更新
iPod購入と開封記念動画をアップ
iOS7ピクチャーフレームに代わるスライドショー
YouTube動画チャンネル:aki furuチャンネル
住友不動産販売 不動産の一押し、旬の情報!
AmazonMyアップルストア
休載お構いなしでも面白いAmazonハンターハンターコミック

2014年9月17日水曜日

久しぶりにゆったり運用口座をみてみました

胃腸炎で僕のお腹の調子とは裏腹に、ドル円は一気に107円まで付けてきました。




この上がり方は急過ぎて、必ず調整があるはずだ!!

というありきたりなコメントはしません笑





胃腸炎の絶頂期の最中は、一応iPhoneで株価の確認程度はしていたものの、ほとんどパソコンを触る気にもなれず、よってポートフォリオについてもそろそろ数値化しておこうと思っていたものが更に先送りにされてしまっていました。


そして先ほど、ゆったり運用口座用のポートフォリオも再度視覚化しておきました。




前回と比べると、ヴァンガードのトータルストックマーケットファンドを売却した結果、先進国株式クラスが無くなってしまっています。
キャッシュがポートフォリオの1/4程ある事に対しては別に不満はないのですが、ある程度先進国株式クラスを組み入れないと、それ相応のリターンも目指せません。

もちろん、このポートフォリオの目標は「ゆったりと増やす」なので、相応のリターンというものも個別株ポートフォリオに比べればだいぶ低く見積もっていますが、それでもこの規模のポートフォリオだと増えても見えないくらいのレベルに近くなってしまっています。


ちなみに、投資元本に対してはおおよそ105%という出来具合。
開始した時期を考えるとまぁ許容範囲の利回りなのですが、もう少し追求していく方がいいかもしれません。


環境を見渡しつつ、焦らずに何か手を打つ事ができればと思います。




米国株関連でたま〜にブログを拝見させていただく堀古英司氏が書籍を出されたそうです。「リスクを取らないリスク」という心にとめておきたい言葉に違いないですが、そもそもリスクとは・・・というバフェットが仰っている事を前提とした上でと加えておきたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

各ポートフォリオ

現在保有株一覧【2016.4.10現在】
[日本株]
:阪急阪神ホールディングス
:イオン
:マネックスG
:日本農薬


【米国株】
:シティグループ
:Apple
:ベライゾン
:BP
:ロイヤルダッチシェルB

【ETF】
:iShares 先進国(除く米国)REIT ETF
:ishares jpm USD Emerging
:iShares 米国優先株式ETF
:NOMURA原油インデックス

【投資信託】
:MHAM物価連動国債ファンド




各銘柄等の組入れ理由は「furu1984 HP」へ