人気の投稿

2013年12月19日木曜日

NISA口座をSBI証券で開設することに決めた理由

昨日より急ピッチでNISA口座の開設について、どの証券会社を利用するのか比較検討してきました。




結果、ネット証券のキング・・・SBI証券で決定しました。




理由についてですが、主に売買手数料関係と、かつ入出金の利便性、キャンペーン等から総合的に判断しました。







NISA口座をネット証券でどこにするか比較してみた





:国内株式&海外ETFの手数料が実質ベースですが無料である事。


国内株式については売買手数料、海外ETFについては買付手数料が無料になります。
たかだか100万円の運用ですが、手数料負けしないためにも重要です。

NISA口座内ではインデックス運用ベースで考えているため、そして銘柄もある程度絞れてきているため、海外ETFの買付手数料は必須になります。





さて、気になる所だったのですが、NISA口座への入金はどうなるのか・・・

SBI証券のQ&Aを見てみました。




NISA口座への入金について



取引は証券総合口座から、そして証券総合口座に入金することでNISA口座での買付に利用できるとのこと。


売買時、注文方法等の選択項目に口座別に選択するような感じになるのでしょうか。
いずれにせよ、気になってた所は解決できたのでOKです。




あとはSBI証券のメリットの一つである住信SBIネット銀行との資金移動が便利な事。配当金を株式数比例配分方式に設定しないといけないので、その点で個人的には利便性から要望と合っておりました。




というわけで、早速SBI証券でのNISA口座開設手続きを済ませていきます。


0 件のコメント:

コメントを投稿

各ポートフォリオ

現在保有株一覧【2016.4.10現在】
[日本株]
:イオン
:マネックスG
:日本農薬


【米国株】
:BP
:ロイヤルダッチシェルB

【ETF】
:iShares 先進国(除く米国)REIT ETF
:ishares jpm USD Emerging
:iShares 米国優先株式ETF
:NOMURA原油インデックス

【投資信託】
:MHAM物価連動国債ファンド


2017年8月中旬のポートフォリオ