【閲覧数上位記事:その他コンテンツ等々】 

口に入れるだけで花粉症の症状が緩和した実体験というか実験中
ゆったり運用ポートフォリオの運用を開始しておよそ半年ほど経ちました
NISA用口座の銘柄を確定しました:購入タイミングは後々決めます
意外と盲点?な資産形成術
不動産の需要が本当に凄いのかどうか
米国株ポートフォリオ更新
iPod購入と開封記念動画をアップ
iOS7ピクチャーフレームに代わるスライドショー
YouTube動画チャンネル:aki furuチャンネル
住友不動産販売 不動産の一押し、旬の情報!
AmazonMyアップルストア
休載お構いなしでも面白いAmazonハンターハンターコミック

2013年11月10日日曜日

ファンド基準価格と株価

親戚との会話にも「ニーサ(NISA)」というキーワードが出ていて、最近の調整局面もなんのその、アベノミクスなんのそのという感じで、なんだかんだで運用しようという空気が感じられます。

やっぱりある程度の年齢の方には、それなりの金融資産があるのでしょう。





検索したら出てきた生命保険文化センターのページ


国側もある程度の貯蓄層からの資金を経済復活の一つの手段として見ているのかもしれません。
それはどうでもいいとして、大切な資金を何気なくNISAという手段を使って投資しようという流れが出来つつあるわけですが、あまりにも無知なまま挑み過ぎなんじゃないの?!
という気がしてなりません。

「NISA=非課税」という認識くらいしかないケースが多いですし、何となく経済成長に乗っかるアクティブ型の投資信託等を買いたいんだという話、100万円でも分配金で生活の足しにするとかいう話、大切な100万円だと思うのですが、いざ投資というと「リスクを取らないとリターンは得られない」という事だけが先走り過ぎて、どうも軽く見られがちな気がします。(負けてもいいというならNISAではなく通常の証券口座でやった方がいいと思います。理由は過去記事などで・・・)


そんな中で、基本的ですけど投資信託等の基準価格ってどういうものなのか、よくある誤解について日経サイトのコラムにありました。


基準価格と株価の違い
ファンド基準価格は株価と別物(日経)


同じようなファンドを比較する時の一つの材料として重要なことだったので紹介させていただきました。







ChromeがMacをMavericksにアップデートしてから、Chromeがクラッシュしたりと使い心地が格段に下がってしまいました。。この記事も途中で止まっちゃったので、Safariで途中から記述しています。
普段はほとんどSafariを使いませんが、少し速度は遅いものの、案外使いやすいかな〜とも思います。その辺り、Safariの使い方をもっと知れば楽になるかもしれません。




0 件のコメント:

コメントを投稿

各ポートフォリオ

現在保有株一覧【2016.4.10現在】
[日本株]
:阪急阪神ホールディングス
:イオン
:マネックスG
:日本農薬


【米国株】
:シティグループ
:Apple
:ベライゾン
:BP
:ロイヤルダッチシェルB

【ETF】
:iShares 先進国(除く米国)REIT ETF
:ishares jpm USD Emerging
:iShares 米国優先株式ETF
:NOMURA原油インデックス

【投資信託】
:MHAM物価連動国債ファンド




各銘柄等の組入れ理由は「furu1984 HP」へ