【閲覧数上位記事:その他コンテンツ等々】 

口に入れるだけで花粉症の症状が緩和した実体験というか実験中
ゆったり運用ポートフォリオの運用を開始しておよそ半年ほど経ちました
NISA用口座の銘柄を確定しました:購入タイミングは後々決めます
意外と盲点?な資産形成術
不動産の需要が本当に凄いのかどうか
米国株ポートフォリオ更新
iPod購入と開封記念動画をアップ
iOS7ピクチャーフレームに代わるスライドショー
YouTube動画チャンネル:aki furuチャンネル
住友不動産販売 不動産の一押し、旬の情報!
AmazonMyアップルストア
休載お構いなしでも面白いAmazonハンターハンターコミック

2013年11月7日木曜日

銘柄に思い入れを持つ事

何か書く事ないかな〜という感じでブログを色々と見ていて、「サラリーマンが株式投資でセミリタイアを目指してみました。」さんの記事に、ついつい塩漬けさせてしまいたくなる心境について書かれていたので、それについてでも。


塩漬けを避ける一つの方法






銘柄選択時に、自身が応援したくなる会社ということは自分にとってポートフォリオに組み込む条件の第一であるわけで、そもそも応援したくない会社なんかは上っ面のペラペラ程度にしか企業情報を見ません。

逆に投資に踏み切るということは、たいていの場合、企業に対して通常より大きな興味や好感があるわけですけど、上記のブログでは、その愛着のような者が「塩漬け」への道を助長してしまう可能性が大きいと述べられています。


では投資に踏み切る前提が崩されてしまった場合はどうなるのかということですが、基本的には厳しい基準をそもそも設けているわけで、逆に会社の存続にまで関わるような裏切り行為でもなければ、自分の場合は保有し続けます。
むしろ売る基準についても明確な設定をといいますか、多少の業績のブレ・・・下方修正が例えあったとしても、永続的な収益が見込めるものですので売り材料にはなりません。
以前は下降トレンド等を読みながら売買判断をしたりしていたものですが、結果的に下降トレンドの中の小さな反発を取りにいくことになってしまったりと、「買いの判断」が「トレンドからの反発」という目的になってしまっていることがありました。



生活していく上で欠かす事のできないモノやサービスを供給し、何をしている会社なのか理解し、且つ単純に出来るだけ高い利益率で収益を出すことが想定でき、業界そのものを想像します。その結果、銘柄に思い入れがどんどん強くなっていきます。


これを今後もより深く追求し、知識や経験をより多く吸収してレベルアップさせていく必要があります。まだまだポートフォリオの収益性が上がる事を信じて、常に何事も勉強だと思って触れていく。

投資を始めた頃から、生活スタイルの変化もありどんどん長期間に移項していっていることが理由だと思いますが、今のところといいますか、これを今後も大事にしていきたいと思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

各ポートフォリオ

現在保有株一覧【2016.4.10現在】
[日本株]
:阪急阪神ホールディングス
:イオン
:マネックスG
:日本農薬


【米国株】
:シティグループ
:Apple
:ベライゾン
:BP
:ロイヤルダッチシェルB

【ETF】
:iShares 先進国(除く米国)REIT ETF
:ishares jpm USD Emerging
:iShares 米国優先株式ETF
:NOMURA原油インデックス

【投資信託】
:MHAM物価連動国債ファンド




各銘柄等の組入れ理由は「furu1984 HP」へ