【閲覧数上位記事:その他コンテンツ等々】 

口に入れるだけで花粉症の症状が緩和した実体験というか実験中
ゆったり運用ポートフォリオの運用を開始しておよそ半年ほど経ちました
NISA用口座の銘柄を確定しました:購入タイミングは後々決めます
意外と盲点?な資産形成術
不動産の需要が本当に凄いのかどうか
米国株ポートフォリオ更新
iPod購入と開封記念動画をアップ
iOS7ピクチャーフレームに代わるスライドショー
YouTube動画チャンネル:aki furuチャンネル
住友不動産販売 不動産の一押し、旬の情報!
AmazonMyアップルストア
休載お構いなしでも面白いAmazonハンターハンターコミック

2013年9月14日土曜日

やっぱりエジルは置いておくべきだった?!

最近フットサルに加えてサッカーもやりつつあり、少年サッカーでのアシスタントコーチから、実際のフットサル・サッカーまで、生活に少しずつサッカーの時間が多くなりつつある今日この頃で、充実した生活を送っています。


テーマを忘れず、エジルのこと。
先週のハワイ旅行出発時に関空でアーセナルのベンゲル監督が「ラスト24時間で驚きがある」というような事を言ったと聞いて旅立ったわけですが、ハワイで残念なニュースを聞く事になりました。


エジルの移籍。


カカのミラン移籍については仕方のない所もあるのかもしれません。
ですが、先シーズンまで多大な貢献を残してくれたエジルを放出するというのはどういうことなのか。自分の好きなアロンソが怪我で出ていない中、ゲームを作るという役割上、どうしても今のレアルにとってはエジルに代わる選手はいなかったはずです。


WOWOW


確かに、今シーズンからすぐに使われているイスコは、しっかりしたプレーを随所に見せ、重心を低く持って姿勢の良いドリブルや決定的なパスやドリブル等を披露でき、小笠原満男選手好きの自分が最近は一番夢中になっていますが、正確性といいますか、少し雑なところも見えてしまいます。その点、高い位置で堅実にプレーできる選手がエジルだけであり、決定的なパスやゲームを把握した組み立て能力も備えているわけで、今のアロンソ不在時には特に重要になってくるプレイヤーだと思っていました。

3節までのレアルの試合を見ても特にそう感じてしまいます。
イスコが育ってくれば確かに最高峰のプレーを見せてくれることは間違いないかもしれません。そして両端にクリロナとベイルがいるような布陣になると特に…


という感じなのですが、今更そんなことを言っても仕方ありません。

というわけで、先ほどYouTubeでエジルのすばらしさを再確認してイメトレに繋げていました。




両端にベイル、クリロナを配置すれば、今あるトップ下の位置のイスコというのは然程展開力という面ではなく、もう少し前のめりでいけるという感じなのでしょうか?!
モドリッチの運動量を併せ持った技術、アロンソの組み立てで、昨シーズンと大きく変わったサッカーが見られるかもしれないとも思います。
ただ、セカンドトップとしてエジルを置いても、かなりやれる選手だと思いますけど。

まぁ今更…でしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿

各ポートフォリオ

現在保有株一覧【2016.4.10現在】
[日本株]
:イオン
:マネックスG
:日本農薬


【米国株】
:BP
:ロイヤルダッチシェルB

【ETF】
:iShares 先進国(除く米国)REIT ETF
:ishares jpm USD Emerging
:iShares 米国優先株式ETF
:NOMURA原油インデックス

【投資信託】
:MHAM物価連動国債ファンド