【閲覧数上位記事:その他コンテンツ等々】 

口に入れるだけで花粉症の症状が緩和した実体験というか実験中
ゆったり運用ポートフォリオの運用を開始しておよそ半年ほど経ちました
NISA用口座の銘柄を確定しました:購入タイミングは後々決めます
意外と盲点?な資産形成術
不動産の需要が本当に凄いのかどうか
米国株ポートフォリオ更新
iPod購入と開封記念動画をアップ
iOS7ピクチャーフレームに代わるスライドショー
YouTube動画チャンネル:aki furuチャンネル
住友不動産販売 不動産の一押し、旬の情報!
AmazonMyアップルストア
休載お構いなしでも面白いAmazonハンターハンターコミック

2013年4月21日日曜日

なんだか”ゆかし”が色々言われてるのでちょっと計算してみた

”ゆかし”について名前と「1億円以上の純金融資産保有者だけが入れる」というのは1.2年程前から本かなにかで読んでしっていたものの、個人的にはよく分からなかったし、1億円もお金が無いのでスルーしたのですが、最近になって広告でよく目にするようになってきましたし、ちょっと自分でも見てみました。



おとこまえ〜!


ふざけたこと言ってないでもう少し見てみます。

お、シュミレーションができるらしい。



さっそくやってみます。




毎月5万円で1億円というのは、シュミレーションでいけば実現できるようです。

しかしこれ、リターン10%くらい出し続けないとアカンのちゃうの?!
って思ったので、積立複利を計算できるサイトで計算させてもらいました。


というわけで、今から...


毎月5万円を10%のリターンを30年間出し続けたら、1億円が準備出来るようです。

さて、この”5”と”10”と”30”の中で、一番しっくりこないのが、”10”です。
10%のリターンを30年間、ミスることなく出し続けるなんていうことが可能なのでしょうか?!

ちなみに自分はこの3年ほどは10〜15%くらいのリターンを出す事ができていますが、完全にが良かっただけです。


おっと、”ゆかし”のシュミレーション結果の画面下に注意書きがありました。

本シミュレーションは、長期投資による複利効果を実感していただくための無料サービスです。本シミュレーションの結果は理論的な結果であり、会員様の将来を一切保証するわけではありません。本シミュレーションは、あくまで過去10%以上の実績(過去10年間平均)がある海外ファンドや海外ファンドのポートフォリオの実例を参考にして、期待リターン10%(※)を前提においたものであり、将来の利益を保証するものではありません。リスクを抑えた優良な海外ファンドを組み合わせ、お客様のご要望にあわせたポートフォリオを、お客様と都度相談しながらリバランスをし、長期的な積立を実践する支援を行うのが"いつかはゆかし"です。将来のライフプランに応じたご相談は積立開始後、都度、担当者が会員様にご要望をお伺いします。
※諸コスト、税金等は控除しません。コストに対する考え方はQ&Aをご覧ください。


なんでも10%以上の実績を過去10年平均で出しているファンドでの例を参考にしているのだそう。

30年も10%を出せるファンドってどれくらいあんのかな?!
という純粋な心でSBI証券のファンドサーチ機能で探してみたけど、5年でしか出せませんでしたし、一気に参照ファンド数が激減しておりました。

いや、しかし”ゆかし”は限られた者のためのサービスらしいので、きっと実現できるのかもしれません。



私は自分の資産運用口座に振り分けたらもうお金が残らないのでやりませんし、あってもやりませんけどね。

あれ?!
1億円持ってる人だけが入れる”ゆかし”と、この積立”ゆかし”とは別物なのでしょうか?!
よく分かりません。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿

各ポートフォリオ

現在保有株一覧【2016.4.10現在】
[日本株]
:阪急阪神ホールディングス
:イオン
:伊藤忠商事
:マネックスG
:オリックス
:日本農薬


【米国株】
:コカコーラ
:シティグループ
:Apple
:ベライゾン
:BP
:ロイヤルダッチシェルB

【ETF】
:iShares 先進国(除く米国)REIT ETF
:JPM新興国債券ETF
:VT バンガードトータルワールドストックETF
:ishares jpm USD Emerging
:iShares 米国優先株式ETF
:VWO(バンガード FTSE エマージングマーケッツETF)
:BND(バンガード 米国トータル債券市場ETF)
:NOMURA原油インデックス

【投資信託】
:MHAM物価連動国債ファンド




各銘柄等の組入れ理由は「furu1984 HP」へ