【閲覧数上位記事:その他コンテンツ等々】 

口に入れるだけで花粉症の症状が緩和した実体験というか実験中
ゆったり運用ポートフォリオの運用を開始しておよそ半年ほど経ちました
NISA用口座の銘柄を確定しました:購入タイミングは後々決めます
意外と盲点?な資産形成術
不動産の需要が本当に凄いのかどうか
米国株ポートフォリオ更新
iPod購入と開封記念動画をアップ
iOS7ピクチャーフレームに代わるスライドショー
YouTube動画チャンネル:aki furuチャンネル
住友不動産販売 不動産の一押し、旬の情報!
AmazonMyアップルストア
休載お構いなしでも面白いAmazonハンターハンターコミック

2013年1月28日月曜日

株価はそろそろ調整?!

最近また書店での株をはじめ投資関連コーナーの部分が少し盛り上がってきてるようにも感じますし、なにより自分の友人であったり後輩であったりが株について考え始めた人も出てきて、株ってどうなの?!ということを聞いてきたりします。

というわけで、このような雰囲気が出てくるようになると、結構天井だとか言われるように、この年末から1月にかけてのロケットのような上昇相場については調整が入るのではないかと思う今日この頃です。
タイムラグとしては、こういった初心者等が入ってきて少し良い思いをしてつけ上がった時からの調整が起こるという感じでしょうか。この相場、おそらく適当に買ってても勝てる状況ですので、決してここで実力だと勘違いしない方がいいでしょう。まぁ当たり前だと思いますが。


退場していった、もしくは中断していた投資家やトレーダーが戻ってくるという流れは、割とホームページ等を見ていても感じる事ができるかもしれません。
一番分かりやすいのがネット証券でしょうか。おそらく問い合わせが一気に増えたため、とかなのかも。





まずはこちらがネット証券最大手クラス、SBI証券
トップページの一番見やすいメイン位置にありました。


次にこちらもネット証券最大手クラスの楽天証券。
トップページ開けて真ん中・・・とはいきませんが、少し下の方に分かりやすく表示されています。


一方、最近好調でかなり使いやすくなってきたマネックス証券ですが、サラッと見た感じは見つかりませんでした。


ただこれだけで判断するのはナンセンスだとは思いますが、未だに書店でベストセラーとして君臨するファイナンシャル教育本として有名な金持ち父さん貧乏父さんを執筆するロバート・キヨサキ氏がいうように、バブルに乗っかって一気に死んでしまうレミングの法則に近いようにも感じれるかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿

各ポートフォリオ

現在保有株一覧【2016.4.10現在】
[日本株]
:イオン
:マネックスG
:日本農薬


【米国株】
:BP
:ロイヤルダッチシェルB

【ETF】
:iShares 先進国(除く米国)REIT ETF
:ishares jpm USD Emerging
:iShares 米国優先株式ETF
:NOMURA原油インデックス

【投資信託】
:MHAM物価連動国債ファンド