【閲覧数上位記事:その他コンテンツ等々】 

口に入れるだけで花粉症の症状が緩和した実体験というか実験中
ゆったり運用ポートフォリオの運用を開始しておよそ半年ほど経ちました
NISA用口座の銘柄を確定しました:購入タイミングは後々決めます
意外と盲点?な資産形成術
不動産の需要が本当に凄いのかどうか
米国株ポートフォリオ更新
iPod購入と開封記念動画をアップ
iOS7ピクチャーフレームに代わるスライドショー
YouTube動画チャンネル:aki furuチャンネル
住友不動産販売 不動産の一押し、旬の情報!
AmazonMyアップルストア
休載お構いなしでも面白いAmazonハンターハンターコミック

2012年7月16日月曜日

【読書感想】なぜ、私はBMWを3日に1台売ることができたのか

夏開けから外資系生保でコンサルタント営業をすることになり、今は実際に何もできないので知識面で「営業」の難しさを感じようと色々と見回してる所です。

そんなわけで本屋をウロウロしたりする日が結構あるのですが、目にとまって買ってしまった本の中の一つがコレ。

なぜ、私はBMWを3日に1台売ることができたのか


[新卒で丸紅モータースに入社した当時、新人で一人だけ入社から7か月1台も売れずに苦悩の日々を送った。その時の「売れない自分」がいたからこそ、トっプセールスを続けられたと振り返る。青山、高輪、新宿の支店長時代には、業績の落ち込んだ店舗を改革し、各店を売上台数日本一に再生。こうした経験を踏まえ、日本一BMWを売った「伝説のセールスマン」が語る「売れるセールス」になるための秘訣。]

新卒時代に車のディーラーもいいかなと思い、その当時に見つけた【日本一ベンツを売る男(⇒日本一メルセデス・ベンツを売る男)】とよく似た部分があり、重要なところは共通するんだな〜という印象を持ちながら読み終えました。

著者の飯尾さんは、決して話しがうまいわけでもなく、お酒が飲めるわけでもゴルフができるわけでもないらしい「普通の人」みたいですが、その方がどういうスタンスで営業をかけているかを感じることができます。
顧客第一主義を貫きながらも、さりげなく仕掛けを作ったりと邪魔にならない程度に用意できる部分はしておく。

作者のように7ヶ月ゼロとなるとクビになってしまいますが、数字ではなく顧客に尽くしていくことが結果として成功する道であるということは忘れずに心に刻んでおきたいと思います。


0 件のコメント:

コメントを投稿

各ポートフォリオ

現在保有株一覧【2016.4.10現在】
[日本株]
:イオン
:マネックスG
:日本農薬


【米国株】
:BP
:ロイヤルダッチシェルB

【ETF】
:iShares 先進国(除く米国)REIT ETF
:ishares jpm USD Emerging
:iShares 米国優先株式ETF
:NOMURA原油インデックス

【投資信託】
:MHAM物価連動国債ファンド