【閲覧数上位記事:その他コンテンツ等々】 

口に入れるだけで花粉症の症状が緩和した実体験というか実験中
ゆったり運用ポートフォリオの運用を開始しておよそ半年ほど経ちました
NISA用口座の銘柄を確定しました:購入タイミングは後々決めます
意外と盲点?な資産形成術
不動産の需要が本当に凄いのかどうか
米国株ポートフォリオ更新
iPod購入と開封記念動画をアップ
iOS7ピクチャーフレームに代わるスライドショー
YouTube動画チャンネル:aki furuチャンネル
住友不動産販売 不動産の一押し、旬の情報!
AmazonMyアップルストア
休載お構いなしでも面白いAmazonハンターハンターコミック

2012年6月26日火曜日

定期預金金利アップキャンペーンを冷静に考える

「定期預金金利アップでお得?ちょっと待って!!」

なんでこんなことを言い出したかというと、親がなんかアルファベットバンク○○とかいう所の預金金利アップキャンペーンのチラシを持って相談に来ました。
話に聞くと養老保険の満期からのお金をどうしようか迷ってるらしく、金利アップキャンペーンの金利については、「どうせ普通預金で寝かしてても意味無いし・・・それなら少しでも高い金利で、数千円でも付けばご飯くらい食べれる。何よりオマケが魅力」とかいう感じらしい。。


でもたかだか金額は百万円程度とのこと。


1年間で0.3%にして単純におよそ3000円。
普通預金で仮に0.02%で預けてても200円。
確かに飯くらいは食べれます。


でも・・・

1年間でたった2800円(インフレその他は無視します)を得るために、本当に1年間束縛される意味があるのかどうか。
後々のためにみればもっと効果的な投資ができるのではないか。別に投資といってもお金の絡む投資だけでなく、知識面でも環境面でもできるわけ。

何よりこの時期に定期預金とはどうも個人的には少しリスクであるようにも思えます。

まぁ当面無いかもしれませんけど、仮に金利が上がったらどうするのか。日本国債大量売りが始まってしまったりとか。




細かいことはまた時間があれば書いてみようと思いますが、やっても1年まで。それ以上は本当にやめといた方がいいんじゃないの?!ということをお伝えして終わりました。

今の時代、「ネット証券×ネットバンク」の組み合わせで定期預金に近い金利の普通預金もどきな方法も取れることですし、今のキャッシュをどこに使うかって、将来的にすごく大きな結果の差に繋がるような気がしてなりません。

上の図のマネーブリッジは楽天の楽天銀行と楽天証券の連携口座のようなものです。どちらもネットバンク、ネット証券では最大手クラスですし、楽天グループユーザーなら尚更効果的な使い方ができます。

というのを勧めたんですが、なんかめんどくさいと言われるだけでしたが...笑
確かに株やんない人が証券口座だけ持ってるってのは、MMFとかで持つ方法もあるにせよ、メンドクサイという気持ちがあるんでしょうか。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿

各ポートフォリオ

現在保有株一覧【2016.4.10現在】
[日本株]
:イオン
:マネックスG
:日本農薬


【米国株】
:BP
:ロイヤルダッチシェルB

【ETF】
:iShares 先進国(除く米国)REIT ETF
:ishares jpm USD Emerging
:iShares 米国優先株式ETF
:NOMURA原油インデックス

【投資信託】
:MHAM物価連動国債ファンド