【閲覧数上位記事:その他コンテンツ等々】 

口に入れるだけで花粉症の症状が緩和した実体験というか実験中
ゆったり運用ポートフォリオの運用を開始しておよそ半年ほど経ちました
NISA用口座の銘柄を確定しました:購入タイミングは後々決めます
意外と盲点?な資産形成術
不動産の需要が本当に凄いのかどうか
米国株ポートフォリオ更新
iPod購入と開封記念動画をアップ
iOS7ピクチャーフレームに代わるスライドショー
YouTube動画チャンネル:aki furuチャンネル
住友不動産販売 不動産の一押し、旬の情報!
AmazonMyアップルストア
休載お構いなしでも面白いAmazonハンターハンターコミック

2012年6月16日土曜日

アサヒビール工場見学に行ってきました

先日、アサヒビール工場に見学に行ってきました。
今本や雑誌でも特集が組まれたりするくらい流行りの工場見学というやつです。

アサヒビール吹田工場

JR吹田駅前にあります。
大阪から快速と新快速は止まらないので、普通で行かねばなりません。
とはいえ2駅なので時間にしておよそ5分程度。

アサヒビール工場吹田の前

駅前とはいえ、それは立地だけであって、見学入り口までは駅から少しだけ歩きます。
工場周りを半周くらいでしょうか。それでも歩いて5分程度です。

工場見学冊子


受付で簡単な手続きを済ませて、予約した時間まで待ちます。
別に見学は何度でもいいらしく、今までに何回か来た事もある人もいました。(ビール試飲目的でしょうか?w)
基本的に予約は事前予約となりますが、奇跡的に当日予約で間に合いました。この時間だけたまたま空いてたそうです。


見学コース内は写真や動画撮影は禁止でしたので、残念ながら写真で残すことはできませんでした。
工場内にはほとんど人の姿は無く、ほぼ機械がやってる様子。
1分間に350ml缶が24缶入りのケースで、62ケースと12缶が製造されるそう。凄まじい早さ!!
そして誰かが案内役に聞いておられましたが、ビール瓶についてはキリン以外のサッポロ、サントリー(やったかな?)は共通の瓶を使用してるそうです。これによりコスト削減になるのでしょうか?!それとも別途レンタルするコストがかかってたりするのでしょうか??! 細かい所は分かりませんが、メーカー別の製造コストは気になる所。にしてもこれだけ機械化が進むと、大きなコストというとやはり販管費ということになるのではないかと考えたりしながら、見学はあっという間に終わります。

そして待ちに待った試飲会。

スーパードライ試飲

スーパードライと、イギリスビールのバスペールビールという2種類がアルコール類では試飲できます。一人3杯まで。時間はおよそ20分。
ドライバーや未成年の方にはアサヒのジュース。もちろん三ツ矢サイダーもあります。





出来立てはかなり美味しい!!
泡がビールの酸化を防ぐということを初めて実感しました。晩ご飯時に量販店のレストランで飲んだビールはちょっと苦かった・・・

こちらがバスペールエール(⇒バスペールエール



ビールは生きてます。
それくらい管理にも注意を!!これからの夏は特にスッキリアイテムとして重宝されます。いずれはグラスにも凝ってみたいですし、ビール通でも目指せたらいいですが、まだまだ自分には繊細な味覚が無いかもしれません。

最後に、ちょっとアサヒグループの株を買おうかと思ったりしましたが、ビール/飲料会社各々の優位性もイメージできなかったので、冷静にしておきましたw

次はキリン、もしくはサッポロやサントリーにも行ってみたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

各ポートフォリオ

現在保有株一覧【2016.4.10現在】
[日本株]
:イオン
:マネックスG
:日本農薬


【米国株】
:BP
:ロイヤルダッチシェルB

【ETF】
:iShares 先進国(除く米国)REIT ETF
:ishares jpm USD Emerging
:iShares 米国優先株式ETF
:NOMURA原油インデックス

【投資信託】
:MHAM物価連動国債ファンド