【閲覧数上位記事:その他コンテンツ等々】 

口に入れるだけで花粉症の症状が緩和した実体験というか実験中
ゆったり運用ポートフォリオの運用を開始しておよそ半年ほど経ちました
NISA用口座の銘柄を確定しました:購入タイミングは後々決めます
意外と盲点?な資産形成術
不動産の需要が本当に凄いのかどうか
米国株ポートフォリオ更新
iPod購入と開封記念動画をアップ
iOS7ピクチャーフレームに代わるスライドショー
YouTube動画チャンネル:aki furuチャンネル
住友不動産販売 不動産の一押し、旬の情報!
AmazonMyアップルストア
休載お構いなしでも面白いAmazonハンターハンターコミック

2012年4月16日月曜日

HTMLのファイル構造とベタな要素タグ

さて、前回から始まり、第二回HTML&CSS入門の自己流アウトプットです。
⇒前回は:アフォでもわかるHTML&CSS超絶入門

前回は要素と属性という、基本的なHTMLのタグ記述でした。
今回はまずはHTMLのファイル構造について。





基本的にはこんな感じでHTMLファイルが成り立つのだそうです。
このmiでの画像には<html>の前に文書型宣言が抜けているのですが、わざとです。めんどくさいのでw
この文書型宣言で使う文書型定義によっては使える要素やタグが違ってくるみたいでして・・・とはいえ基本的に自分が使ってるビルダーだと勝手に記述してあるので今の所どうでもいい気がしてるので放置です。必要になれば勉強することにします。

<head>要素ですが、こちらはこのHTMLファイルに関する情報を記述するところ。ページのタイトルであったり、よくSEO本なんかでいわれるメタタグの挿入箇所であったりします。
<body>要素ですが、これはもう想像通り”本文”となるもので、ブラウザで表示した時に視覚的に見える部分になります。


次に、よく使う?とされる要素の類。



よく言われる、重要な順番に1〜始まっていくように記述・・・とあるのですが、これって本当にどうやって使うのかがあまり分かっておりません。
ビルダーなんかで表ベースでやっていくと、どこにこんなもん記述するねんっていう・・・。

そしてリスト要素。
番号無しリスト<ul>と番号ありリスト<ol>。
リスト表示の項目要素はまた別で、<li>を何個も利用して記述していきます。
これもよく分からないのですが、番号無しリストの場合、ブラウザ表示すると

”・なんたらかんたら”

となるみたいですが、これってただ単に”・”で記述していくと何か違ってくるのでしょうか。確かに”・”を使って改行に<br>タグを使っていくと、あまり美しいコードにはならないような気がしますが・・・。
<address>要素なんかもそうでして、ただ斜めになるだけなら<em>でいいんじゃないの?とか思うのですが、もし<em>タグを使ってしまうと、強調ワードとなってしまい、HTMLのファイルとしての効率が悪くなってしまうとかいう理由なのでしょうか。どうでもいい内容を強調してるとなると、確かに検索エンジンには悪く捉えられてしまう可能性もありそうな気もします。

そうやって考えてみると、段落要素の<p>と改行の<br>といったように、キチンと使い分けしていく方が、HTMLを効率よく生み出せるのかもしれません。

というわけで、ゼロからわかる HTML&CSS超入門の章末付録には基本的なHTML要素の一覧がありましたが、一応把握しておかねばならなくなりそうな気がします。



※この本を読みながらアウトプットを今後も続けていきます。
ただのアウトプットですので、本のように詳しい説明は当ブログには記述しておりません。僕みたいな初心者にでも分かる詳しい説明が必要な方にはおススメの本かと思われます。

では次回は画像ファイルの取り扱いとリンク構造になるようです。
勉強が続きます・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿

各ポートフォリオ

現在保有株一覧【2016.4.10現在】
[日本株]
:阪急阪神ホールディングス
:イオン
:伊藤忠商事
:マネックスG
:オリックス
:日本農薬


【米国株】
:コカコーラ
:シティグループ
:Apple
:ベライゾン
:BP
:ロイヤルダッチシェルB

【ETF】
:iShares 先進国(除く米国)REIT ETF
:JPM新興国債券ETF
:VT バンガードトータルワールドストックETF
:ishares jpm USD Emerging
:iShares 米国優先株式ETF
:VWO(バンガード FTSE エマージングマーケッツETF)
:BND(バンガード 米国トータル債券市場ETF)
:NOMURA原油インデックス

【投資信託】
:MHAM物価連動国債ファンド




各銘柄等の組入れ理由は「furu1984 HP」へ