【閲覧数上位記事:その他コンテンツ等々】 

口に入れるだけで花粉症の症状が緩和した実体験というか実験中
ゆったり運用ポートフォリオの運用を開始しておよそ半年ほど経ちました
NISA用口座の銘柄を確定しました:購入タイミングは後々決めます
意外と盲点?な資産形成術
不動産の需要が本当に凄いのかどうか
米国株ポートフォリオ更新
iPod購入と開封記念動画をアップ
iOS7ピクチャーフレームに代わるスライドショー
YouTube動画チャンネル:aki furuチャンネル
住友不動産販売 不動産の一押し、旬の情報!
AmazonMyアップルストア
休載お構いなしでも面白いAmazonハンターハンターコミック

2012年4月4日水曜日

ひとまず英語をしゃべれるようになるには

英語をしゃべろうと思っても、個人的にまず一番の壁となると何よりリスニングであります。Webサイト等での英語表記などは、頑張れば割とめんどくさい英文でも訳すことができますし、例え分からない単語が出てきてもGoogleの翻訳で単語だけ調べれば何とかなります。(英文全部を翻訳してしまうと変な日本語になります。。)


というわけで、英語がしゃべれる人に聞いたりするのですが...



知り合いで毎年短期留学を重ね、僕くらいの歳で最後に1年くらい長めにいた人は、「行くのが一番早い」だそうw  もちろん今行くのは無理なわけで、そんな中でどうにかならないかと思ってるので合致しないのですが、結局「単語ってあらかじめ必要?」と伺うと、単語を並べることすらできなかったらそもそも会話できないというので、単語力については、あらかじめ常識レベルまでは必要そう。


そして上記の、その子供になるのですが、小学校(幼稚園だったか)受験したその子(生まれてずっと日本育ち)に先日久しぶりに話をする機会があったのですが、彼は文法からハイレベルらしいリスニングまで、割としっかりした英語教育を受けてるとかで、実際に親に連れられて親戚のいる米国に行った時には、現地でできた知り合いと一緒に会話しながら楽しんでたそうです。
肝心の、学校教育で何故そこまでしゃべれるのかという事ですが、おそらくハイレベルらしい英語教育のおかげもあるのでしょう。
聞くと文法はしっかりとやっておいた方がいいとのこと。多少副詞などは適当でも通じるかもしれないものの、あまり対話相手の印象が良くないと習ったからとのことです。


最後にちょっと知り合った謎なオジさん。こちらは完全に知り合いでもなかった他人なのですが、どこぞのイケメンプロゴルファーも勧めたという速読術 スピード トレーニングのようなスピードラーニングがいいとのこと。これで英会話くらいならできるようになったとかで、文法なんか知らなくても大丈夫!!っておっしゃってました。


というわけで、どれが正解なのかは分からないのですが、そういう環境に身を置く(=海外に住む/留学する)というのは仕事もあって無理ですので、全てのポイントとなっていそうなところを混ぜ合わせて今後とも取り組んでいきたいと思います。


:できるだけ外人さんとメディアを通してでも話してみる(たぶん機会はごく少ないと思う)
:文法と単語を再度勉強(高校までの文法の取得と、大学受験クラスまでの英単語力の習得)
:意味不明でも聞き流すPodcastなどでのニュースやミーティング内容の英語。


ネイティブの英単語力は3万くらいで、平均して2〜3万。ネイティブの最低レベルでも1万くらいはあるんだとか。
というわけで、当面の初期目標は英単語1万語と基本的文法の再取得。そして今後も続ける英語聞き流し。

花は咲くのか分かりませんが、続けていきたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

各ポートフォリオ

現在保有株一覧【2016.4.10現在】
[日本株]
:阪急阪神ホールディングス
:イオン
:伊藤忠商事
:マネックスG
:オリックス
:日本農薬


【米国株】
:コカコーラ
:シティグループ
:Apple
:ベライゾン
:BP
:ロイヤルダッチシェルB

【ETF】
:iShares 先進国(除く米国)REIT ETF
:JPM新興国債券ETF
:VT バンガードトータルワールドストックETF
:ishares jpm USD Emerging
:iShares 米国優先株式ETF
:VWO(バンガード FTSE エマージングマーケッツETF)
:BND(バンガード 米国トータル債券市場ETF)
:NOMURA原油インデックス

【投資信託】
:MHAM物価連動国債ファンド




各銘柄等の組入れ理由は「furu1984 HP」へ