【閲覧数上位記事:その他コンテンツ等々】 

口に入れるだけで花粉症の症状が緩和した実体験というか実験中
ゆったり運用ポートフォリオの運用を開始しておよそ半年ほど経ちました
NISA用口座の銘柄を確定しました:購入タイミングは後々決めます
意外と盲点?な資産形成術
不動産の需要が本当に凄いのかどうか
米国株ポートフォリオ更新
iPod購入と開封記念動画をアップ
iOS7ピクチャーフレームに代わるスライドショー
YouTube動画チャンネル:aki furuチャンネル
住友不動産販売 不動産の一押し、旬の情報!
AmazonMyアップルストア
休載お構いなしでも面白いAmazonハンターハンターコミック

2012年4月26日木曜日

欲望は善?金のために働くとは

あんまりというか全くといっていいほど意識されていないのですが、国民国憲法によって日本国民の3大義務というのがあります。

:納税
:勤労
:教育

で、何故かこれを取り出して早期リタイヤなんて国民の義務を果たして無い!!とかいう人もいるわけですが、では金を稼いで早期リタイヤは本当に悪いことなのでしょうか。

まず日本の税金には累進課税で、稼げば稼ぐほど絶対額が大きくなってしまうわけで、モチベーション維持にはすごく難しそうな環境です。(僕は低年収故ですけど。。)
稼いでる友人なんかは、僕の年収分くらいが年間の納税額くらいになっていまして、「食わしてやってる」くらいの冗談でからかわれます。。w

そして生涯の納税額がどこまでいけば国民としての義務を果たしたかという金額は決められていないのですが、量だけみれば早期リタイヤしても生涯納税額からしておそらく低年収の人よりもしっかりと納税してるので、別に問題は無いかと思われます。
低年収でもワークライフバランスだとかいって、拘束時間が短くて年収が低い、納税額が低いといった人なんかは、長時間働き倒して稼いでるような高額所得者に対して「稼いでるんだからもっと税率上げろ」なんていう資格はありません。


そして雇用についてですが、大方、高額納税者のような人の方が、実は雇用を作り出してる側になっている可能性が 高いのではないかと思うのですがどうでしょうか?!
もっと売り上げを、もっと利益を出すためにもっと人材が必要だとかいうことで、結果的に雇用に貢献している可能性もありますし、99%うんたらとかいうオキュパイ問題にもありましたが、実は”1%の人”が雇用を生み出したり、税金で99%の人を助けていたりするんじゃないでしょうか。


というわけで、できるだけ総税収が多くなるように日本国民の教育水準を高め、経済を発展させて雇用を生む。そんなサイクルが基本になってそうですが、そのサイクルを潰しかねない原因はそもそも何なのでしょうか。
真の原因は、日本人がしっかり稼がなくなった。稼ぐほど価値がなくなってしまった。という方が主な原因であるような気がします。

ウォール・ストリートのワンシーン。
毎日フルパワー稼働できず、苛立ちを覚えている諸兄は、“自分がやりたいことがハッキリ定まっていないこと”が原因にあると思う。言いかえれば、“何のために働くか?”という動機があいまいゆえに、煮え切らない日々を送るハメになってはいないか?その動機はゲッコー同様、カネだっていいじゃないか。人生設計ナシ、無目的にただ雑事をこなして毎日少しずつ死ぬぐらいなら、“自分を誇れる男になれ”と野心家の若造に説教していたゲッコーのように働いてみようぜ! (「欲望は善だ!」 『ウォール街』の剛腕に学ぶ より抜粋

というわけで、低年収に甘んじてないで、しっかりと日本国民の義務を全うするためにもっと納税できるよう、人材価値を上げていきたいと思います。。。

2012年4月25日水曜日

逆流性食道炎が緩和

逆流性食道炎と慢性胃炎(どちらも軽症のよう?!)になってからプロトンポンプ阻害薬を飲み始めてもう2ヶ月くらいになります。
その間ずっとプロトンポンプ阻害薬であるパリエットを欠かさず飲んでいたものの、本日医者に再度薬をもらいにいった所、少し減薬してみようという結論になりました。

パリエットからタケプロンという薬へ。
何ミリとかあるようですが、一応効能的にはパリエットの半分なんだとかでして、一応半減させてみてやっぱり駄目だったら2錠飲んでくれとのことです。
こんな感じで、今後も投薬治療は続きます。


ただ、薬がもう3.4日程前から残り少なくなっていた時に、胃薬のガストロームは朝晩から晩のみ。消化剤も毎食から晩のみで、節約していましたが、あんまり悪化しなかったですし、本日はパリエットが無くなったものの、胸焼けの症状は出てきませんでした。
そういえば先週、パリエットを飲み忘れた時は、その昼前には少し違和感を覚えたのですが。やっと逆流性食道炎が緩和してきたのでしょうか。


おそらく逆流性食道炎もしくは慢性胃炎の原因だと勝手に自己判断(医者も逆流性食道炎の明確な原因は分かりにくいんだとか)している数々の原因に対してアプローチをかけてるのに効果が出てきたのでしょうか。



:猫背⇒「猫背は治る」(⇒ねこ背は治る! ──知るだけで体が改善する「4つの意識」)を読んで、できそうな部分で実践。
 これにより胃の押し上げが減少して負荷が減る?

:内臓脂肪か内臓脂肪か分からないけど運動不足解消⇒WiiFit(⇒Wiiフィット プラス)でたまに運動
 これによって少しくらいは運動不足とストレスの軽減。

:腹圧の低下?!
 新しく原因だと思ってきたのがこれ。
 腹圧っていうのはあまりよく分かってませんが、これにより胃へ圧迫されている圧力で、考えられるのが、普段の生活で無意識でずっとお腹をへっこませたような状態を保っていることを発見しまして、これをたまに、大きく深呼吸してお腹を自然体に、楽な状態にするようにしてみてます。メタボがお腹を気にせず出すような、そんなイメージです。


その他、色んな原因があるということを調べていくうちに少しずつ知るのですが、本当にこれだという原因は分かりませんので、取り組んだ対策を意識してオリジナルの解決法を出してみたいと思います。


2012年4月24日火曜日

洋書のようなiPhoneケース

iPhone4時代から使っていたiPhoneの超シンプルなソフトケースですが、なんか少しコネクタ挿入口付近の所とイヤホンジャック付近辺りの部分が裂けてきてしまったので、この際新しいのに変えることにしました。

とはいってもハードケースだけはキズが付く原因と思いこみがあって避けたいので、今回はレザー系のもので探すことに。
色々と探した結果、なかなかのクオリティで、かつちょっとオシャレな匂いのする、一見すると洋書というか辞書のような外見のレザーケース、「古い洋書のようなiPhone4/iPhone4sケース」にしました。
古い洋書のようなiPhone 4/4S ケース Bookケース for iPhone 4/4S ブラック 黒




箱に入った状態で撮影。
思ったより外見にこだわった箱に入っててビックリ。これ、中国製。でもちょっとこだわってます。



箱をあけるとiPhone実機サイズの紙製の空箱が入った状態。
ちゃんと音量ボタンとかの穴もあり。
Amazonレビューにありましたけど、Dockコネクタの穴が合わないとかありましたが、全然そんなことは無し。普通にしっかり使えます。

カメラの穴についてもバッチリと問題無く撮影可能状態。

実はこれ、bookbookうんたらとかいうiPhoneケース「【正規品】 Twelve South BookBook for iPhone4 TWS-PH-1」のパクリだとかいう話もあるそうですが、倍近い金払わなくても、こっちの方で十分じゃないの?!という出来具合。

カード挿入もできますが、これにはEdyあたりを入れておくのがいいのでしょうか。

別に大きくもなく、iPhoneよりも一回り大きい程度で、問題無くポケットサイズ。

ばったモンでも十分のクオリティ。

iPhone5まではこれでいく!!と決意できました。





2012年4月23日月曜日

僕がアップルで学んだこと:読書感想

元アップル中の人である松井 博@matsuhiro氏の「僕がアップルで学んだこと」を読み終えました。

サブタイトルのような「環境を整えれば人が変わる 組織が変わる」という内容で終始終えます。
ジョブズが追い出されてから復帰し、そこからアップルの躍進までの部分で、どういった環境を作ってアップルを最強企業に作り出してきたかという内容です。
もちろん、アップルのコンセプトであれ製品開発であれ、有名ですが秘密主義であるので(まぁたいていの企業もそうでしょうけど)、そういった話はありません。あくまでアップルが最強企業に育つまでの環境面での変化をどうしてきたか。そういった内容が主題になっています。


「スティーブ・ジョブズがアップルに戻ってきて行った仕事。それは、働く"環境"を徹底的に変えたことです」(本文より)一時はその存続が危ぶまれたアップルという会社が、回復に向けて
どのような環境を構築し、人材を集め、優れた製品やサービスを生み出すに至ったのか。
本書は、その一部始終を経験した元・米国本社シニアマネージャーが語る指南書です。
スティーブ・ジョブズの着眼点と彼が用いた手法、
そしてそこから著者が学んだノウハウには、
これからの社会を生きていくうえでのヒントが数多く含まれています。
 






破壊と創造についてのイメージから実際に移す部分、そして究極的にシンプルを追及する姿勢、そしてオフィスのレイアウトから整理整頓、さらには社内政治まで。
よく最近になってビジネス書がたくさん話題になっていたりするのですが、実際のところ行動に移したり、年功序列の悪しき習慣もあるせいか変えたいと思っても勝手に変えることができない。なによりそれを実行したからといって視覚的な効果があまり見えていなかったせいもあるのかもしれませんが、この本を読むことによって、あの最強のアップルはしっかりと実践している!!という、お手本にもなるんじゃないでしょうか。



どうでもいい仕事を上司のためにやる社内政治なんかより、しっかりとチームの業績に向かって突き進み、結果(ボーナス)をもらうために業務効率優先で仕事がしたい。ダラダラ残業して時間を無駄にしたくない。

きっと学生から社会人になって一度はそう思いますし、むしろ今でもそう思いますが、それを感じ取っていただくためにも中間管理職以上の方々にも興味深い内容の本なのかなと思います。



一時はその存続が危ぶまれたアップルという会社が、回復に向けてどのような環境を構築し、人材を集め、優れた製品やサービスを生み出すに至ったのか。本書は、その一部始終を経験した著者が語る指南書。スティーブ・ジョブズが用いた手法とそこから著者が学んだノウハウには、これからの社会を生きていくうえでのヒントが数多く含まれている。


アップルの仕事環境面以外というと、インサイド・アップルやジョブズ公認の評伝「スティーブ・ジョブズ I」の方になるのでしょうか。
現時点が頂点になるだろうと言われたりもするアップルですが、この先もワクワクするような製品を心待ちにしております。

2012年4月22日日曜日

リーガ35節:レアルVSバルサ

W杯じゃあるまいし、わざわざ夜中にまで起きるのはちょっと今日の生活リズムに支障をきたすので、いつものごとく録画して、朝一で何もWebメディア・SNSなんかも見ず、まっさきにテレビに直行することにしました。いつものリーガ各節なら録り溜めして時間のある時に見るのですが、やはりレアルVSバルサは特別でしょう。



もちろんレアルファン故に、レアルが何とか苦し紛れに勝つ・・・ということを予想(願望)。




バルサの圧倒的な支配かと思ってたのですが、序盤から少しバルサのスタイルにズレがあったのを感じていました。とはいえ特にレアルが飛ばして始まってるというわけでなく、うまく連動した守備ができていたように見えましたし、おそらくスタミナ的なものについては大丈夫かなーとか思いながら進みます。
ただ、やはりバルサの細かい部分に関しては世界最高レベルというか、最高なんだということを実感させられる所が多々見られ、その都度怖い思いを。

結果的に2−1で勝利。

リーガ・エスパニョーラ第35節が21日に行われ、バルセロナとレアル・マドリードが対戦した。
 2位のバルセロナが、首位のレアル・マドリードをホームに迎えた“クラシコ”は、序盤からバルセロナがボールを支配。試合を優位に進める。
 しかし、先制したのは劣勢だったレアル・マドリード。11分にアンヘル・ディ・マリアのCKからペペがヘディングシュートを放つ。一度はGKビクトル・バルデスが弾くが、こぼれ球をサミ・ケディラが押し込んだ。
 先手を許したバルセロナは、26分にリオネル・メッシのスルーパスからシャビ・エルナンデスがGKとの1対1を迎えるが、シュートを決めきれず決定機を逃してしまう。
 レアル・マドリードが1点リードして迎えた後半も、バルセロナが押し込む展開が続くが、70分にバルセロナの波状攻撃から最後は途中出場のアレクシス・サンチェスが蹴り込み、同点ゴールを奪取。試合を振り出しに戻す。
 ところが、同点直後の73分にメスト・エジルのスルーパスから抜けだしたクリスティアーノ・ロナウドが得点。レアル・マドリードが勝ち越しに成功した。
 再びリードを奪ったレアル・マドリードは、結局バルセロナの攻撃をアレクシス・サンチェスの1点に抑え、敵地で2-1と勝利。直接対決を制したことで勝ち点を88まで伸ばし、バルセロナとの勝ち点差を7に広げた。(サッカーキング)

あの絶対的なバルサの支配率に対してどう挑むべきかというのをバルサ関連の書籍で読みあさってたりするのですが(別に自分が戦うわけではないけど)、結局のところサッカー バルセロナ戦術アナライズ  最強チームのセオリーを読み解くにもあった通り、ボール支配率には支配率でというように、そもそも支配してこそのサッカーを潰すということになってしまうわけで、今回のクラシコでは支配率の数字こそバルサであったものの、区切りを凄く短い時間に追い込むことができていたように思いました。
ただ、たまに間延びしてしまうと、おもっきりバルサに使われますし、同様にコンパクト過ぎてもバルサにいいようにされてしまう。ある程度レアルが、もしくはバルサと戦う側のチームがギリギリでやれるくらいのピッチの使い方をすれば、少しはバルサ対策として見えてくるんじゃないかなというように感じます。

あんまり微妙?だと解説に言われてたバルサのテージョですが、左サイドに張っていたのはあれはあれで割と効いてたんじゃないかと思うんですけどね。どういう選手なのか知らないので中に入っていく動きが必要だとかは言えませんが、ペドロやビジャとはまた違った使い方の一つなんじゃないかなーとか思ったり。


とはいえレアルが勝ってよかった。今期はほぼ優勝確実ですかね。

あー・・・久しぶりにサッカーしたい。。。

2012年4月20日金曜日

HTMLにおいて画像の挿入とリンクの構造

まだまだ浅い知識ですが、HTMLの入門編として半分近くまでたどり着こうとしています。
今回はHTMLにおける画像の挿入とそれに関するタグ、そしてリンクタグの構造です。表面的なことだけですので、一瞬で終わってしまいます。

前回までもよければどうぞ↓
アフォでも分かるHTML&超絶入門
HTMLのファイル構造とベタな要素タグ


まずは画像の取り扱いについて。
画像を扱うにあたって使用するタグを書くときに、画像を指定する文字列を書かなければならないのですが、それについては相対パスもしくは絶対パスで指定することになります。
ここでは相対パス・絶対パスについてのアウトプットはしませんので、必要なら適当にググります。。
基本的にホームページビルダー等を使用している場合はあまりパス自体は意識しないというのが大きな理由です。決してめんどくさいわけではありません。

では、画像を扱うときのタグについて...


<img src="画像の指定コード" alt="画像の代変テキスト" height="画像の高さ" width="画像の幅">


となります。
たったこれだけなのですが、個人的に少し思ったことを。
タグの中に画像の代変テキスト、画像の概要を示すことができるのがalt属性になるのですが、これってひょっとしてSEOにも利用されるのかな?・・・とか思って調べてみたら、大方SEOに有効なんだそう。
ということは、ビルダーなんかで画像をあっさりと付けて終わりというのではなく、そこからalt属性を編集、もしくは記入したほうがいいということになります。
今のGoogleの検索エンジンの能力として、画像そのものに表記されてある文字なんかも識別できるとかいうのも聞いたことがあるのですが、やはりその辺はキッチリとしておいた方が、SEOそのものを意識する場合にはいいのかもしれません。
とはいえ全然勉強不足ですので、今後とも追及していきたいと思います。




そしてリンクタグについて。

<a href="値">内容</a>

で終わりです。アフィリエイトリンクなんかも、長々としていますが、実際に見てみるとこういう構造でまとめられてます。
値には、自作ページならファイル、ネット上のページならURLをぶち込む感じでしょう。メールアドレスにすると、どうやらメールアプリが起動してくれるように動作してくれるようです。

画像をクリックすると遷移するように、画像にリンクを設定する場合には、リンクタグの「内容」の部分に画像タグを記述することになります。
これに関しては、普通の文字列のリンクは「内容」の部分に記入するのと同じ理屈でしょうか。





※この本を読みながらアウトプットを今後も続けていきます。
ただのアウトプットですので、本のように詳しい説明は当ブログには記述しておりません。僕みたいなHTML初心者にでも分かる詳しい説明が必要な方にはおススメの本かと思われます。


では次回は・・・あまりにも今回のように少しだと効率悪そうですので、少しまとまってから書きたいと思います。

2012年4月19日木曜日

バフェットが前立腺ガン

兼業ながらも個人投資家として勉強を積み重ね続け、今でもごくたまに投資関連の書籍で興味をひくものがあれば読んだりするのですが(もう表題で読むに値しないものかどうかを予測できたりしてきましたがw)、そんな中でも結局、自分の投資スタイルとして確立してしまった経緯に一番影響があり、ミスを犯す度に反省して原因を知らせて(思い出させて?)くれるのがバフェット本の「バフェットからの手紙」であり、そのバフェットが前立腺ガンだとかいうニュースを目にして、少し妙な気分になってしまいました。


4月17日(ブルームバーグ):米投資・保険会社バークシャー・ハサウェイの会長兼最高経営責任者(CEO)で資産家のウォーレン・バフェット氏は、前立腺がんの第1ステージとの診断を受けたことを明らかにした。「命を脅かすものではない」としている。
バークシャーが17日、バフェット氏(81)が投資家に宛てた書簡を公開した。それによると、同氏は7月から2カ月間、放射線治療を受ける。治療期間中の出張は制限されるが、それ以外に日常の生活習慣を変えることはないという。
同氏は書簡で「とても良い気分で、いつもの良好な健康状態にあるようだ。私のエネルギーレベルは100%」とした上で、「健康状態に変化があれば株主に即座に知らせる。もちろん最終的にはそうすることになるが、その日はずっと先のことだと信じている」と述べた。【ブルームバーグ記事:原題:Buffett Has Stage 1 Prostate Cancer, Not Life Threatening(1)(抜粋)】 



相変わらずしっかりした対応の中に、ちょっと茶目っ毛のあることを混ぜていうスタイルは健在のようですが、どうも少し、そろそろ本当に引退かという雰囲気を感じてしまいます。
別に病気があったからというわけではないのですが、ほんの少しの違和感、ちょっとズレてるかな?!というようなニュアンスのもので、あくまで感覚的に感じる不明慮なものであります。







バフェット&ゲイツ後輩と語る 英日バイリンガル版―学生からの21の質問【DVD付き(英語字幕)】


バークシャーが株式取得を発表をする頃には、すでに売り抜けていたという話も多々聞きますし、その真意は分かりませんが、今回の後任CEOが準備し出したと発表する頃にはすでにもうほとんど交代が決まっていた…という話であってほしくない気持ちであります。

それほどウォーレン・バフェットに対して感謝心があり、尚且つ彼のファンでもあるということなのかもしれません。

2012年4月17日火曜日

”てんかん”と自動車免許

京都祇園の自動車暴走事件において、「てんかん」患者に対しての自動車免許を認めるか認めないかという話にまで発展しているようですので少し思ったことを。


まず、基本的に自動車免許というと、自動車という戦車まではいかないまでも人を殺傷する可能性のある物を所有、操作するわけであり、そのためにそれを扱う資格として自動車免許というものがあると個人的には思います。

では、先天的であるかないかに関わらず、ある病気、ここでは”てんかん”を持った人に対しての自動車免許を認めるか認めないかという問題であるとすると、相当低確率であれ人を殺傷してしまう可能性があると、ましてや病気のプロである医師が「控えなさい」となる場合には、確実にそのリスクは排除するべきでしょうか?!

:人を殺傷するリスクがある
:段階的に判断でき、今回のケースでは医師からの忠告あり


おそらくこれに対して、人間的な差別問題が出てくるからこそ問題となっているのでしょうが、では差別を無くしてしまう引き換えに、殺傷リスクを周りの人間が受け入れなければならないのかどうかというところになります。

そもそも多様な人間が共存するということは、お互いの長所・短所を持ちあって相互依存することが社会を成り立たせていくであろうとは思います。ただ、コントロールしきれない部分に関して、ましてや避けようと思えば避けれるリスクを、あえて受け入れるというのが、本当に良い意味での社会生活になるのでしょうか。

ただ、すでに言われているように、自動車免許が取得できないという話以前に、「てんかん」患者であると事前に分かってしまうというだけで、勤労の部分において企業側から雇われないということがあるというわけで、公的な部分でフォローする制度がしっかりとするべき所なのではないかという結論に個人的にはなってしまいます。障害者向けの求人が無いからといった意見や、そもそも運転免許が就職に必要なのかといったこと、そして高齢者の免許取得についての議論にまでネット上で見かけたりしますが、基本的には、病気に対する社会的なシステムの未熟さというものになってしまいます。ただ、それであっさりと片づけていいものでは決してありませんし、今後の生活保護受給者に労働可否・可能についての議論もあるとは思いますので、しっかりと見つめ直さねばならないかと思います。


今回の事件については「てんかんを持っていたから許される」ということでは決してありませんし、そもそも運電免許を保持して運転を行った責任からすると、健常者と全く平等に判断しなければならないと思います。







2012年4月16日月曜日

HTMLのファイル構造とベタな要素タグ

さて、前回から始まり、第二回HTML&CSS入門の自己流アウトプットです。
⇒前回は:アフォでもわかるHTML&CSS超絶入門

前回は要素と属性という、基本的なHTMLのタグ記述でした。
今回はまずはHTMLのファイル構造について。





基本的にはこんな感じでHTMLファイルが成り立つのだそうです。
このmiでの画像には<html>の前に文書型宣言が抜けているのですが、わざとです。めんどくさいのでw
この文書型宣言で使う文書型定義によっては使える要素やタグが違ってくるみたいでして・・・とはいえ基本的に自分が使ってるビルダーだと勝手に記述してあるので今の所どうでもいい気がしてるので放置です。必要になれば勉強することにします。

<head>要素ですが、こちらはこのHTMLファイルに関する情報を記述するところ。ページのタイトルであったり、よくSEO本なんかでいわれるメタタグの挿入箇所であったりします。
<body>要素ですが、これはもう想像通り”本文”となるもので、ブラウザで表示した時に視覚的に見える部分になります。


次に、よく使う?とされる要素の類。



よく言われる、重要な順番に1〜始まっていくように記述・・・とあるのですが、これって本当にどうやって使うのかがあまり分かっておりません。
ビルダーなんかで表ベースでやっていくと、どこにこんなもん記述するねんっていう・・・。

そしてリスト要素。
番号無しリスト<ul>と番号ありリスト<ol>。
リスト表示の項目要素はまた別で、<li>を何個も利用して記述していきます。
これもよく分からないのですが、番号無しリストの場合、ブラウザ表示すると

”・なんたらかんたら”

となるみたいですが、これってただ単に”・”で記述していくと何か違ってくるのでしょうか。確かに”・”を使って改行に<br>タグを使っていくと、あまり美しいコードにはならないような気がしますが・・・。
<address>要素なんかもそうでして、ただ斜めになるだけなら<em>でいいんじゃないの?とか思うのですが、もし<em>タグを使ってしまうと、強調ワードとなってしまい、HTMLのファイルとしての効率が悪くなってしまうとかいう理由なのでしょうか。どうでもいい内容を強調してるとなると、確かに検索エンジンには悪く捉えられてしまう可能性もありそうな気もします。

そうやって考えてみると、段落要素の<p>と改行の<br>といったように、キチンと使い分けしていく方が、HTMLを効率よく生み出せるのかもしれません。

というわけで、ゼロからわかる HTML&CSS超入門の章末付録には基本的なHTML要素の一覧がありましたが、一応把握しておかねばならなくなりそうな気がします。



※この本を読みながらアウトプットを今後も続けていきます。
ただのアウトプットですので、本のように詳しい説明は当ブログには記述しておりません。僕みたいな初心者にでも分かる詳しい説明が必要な方にはおススメの本かと思われます。

では次回は画像ファイルの取り扱いとリンク構造になるようです。
勉強が続きます・・・。

2012年4月15日日曜日

大阪市城北公園の桜

つい先日は、大阪市城東区…ではなく旭区にある城北公園にチャリンコをせっせと漕いで桜を見にいってきました。
途中の毛馬桜ノ宮公園でもよかったのですが、その先にあるラーメン屋をWebで美味しそうなラーメン屋を探してたら見つけたので行こうとしたものの、どこにあるのか分からずに東北へ向かって走り続けて、引き返すのもアレなので城北公園に路線変更しました。

総合計10キロ近いチャリの旅…。


大きな地図で見る

ただ、一昨日の夏に淀川終点の此花区まで歩いた時よりもずっと距離でいえば少ないんですね。此花区まで往復すると18キロくらいでしたでしょうか。しかもあれは徒歩。今回のようにチャリンコではなかったので、逆に今回が少し物足りなかったくらい。

で、肝心の桜の様子。





雰囲気はこんな感じでして、ちゃんと花見コーナー的なところもあります。バーベキュー等の火気厳禁の様子。





ところで花見の文化ってどういう経緯で起こったのでしょうか。


花見は奈良時代の貴族の行事が起源だと言われている。奈良時代には中国から伝来したばかりの梅が鑑賞されていたが、平安時代に桜と変わってきた。その存在感の移り変わりは歌にも現れており『万葉集』において桜を詠んだ歌は40首、梅を詠んだ歌は100首程度だが、平安時代の『古今和歌集』ではその数が逆転する。また「花」といえば桜を意味するようになるのもこの頃からである。
『日本後紀』によると、嵯峨天皇が812年(弘仁3年)に神泉苑にて「花宴の説」を催した[1]。これが記録に残る最初の桜の花見だとの説がある。831年(天長8年)から場所は宮中に移り、天皇主催の定例行事として取り入れられていった。その様子は『源氏物語』「花宴」に描かれる。(Wiki)






なんだそう。

普段は全く花や植物に関心がない人でも、桜の咲く季節になるとあっさりと感心を集めてしまう桜。
花見があることによって、また一つのビジネスになる人もいるのかもしれませんし、それが故に文化として成り立ってる感じもあるのかもしれませんが、純粋に花を楽しむことができるのは、まさしく平和の象徴なのかなとも思わされます。

自分もわざわざ桜を撮りに電車や車に乗る動機付けになろうとは、全く不思議な感じがします。



2012年4月13日金曜日

MacでiPhotoとiTunesのバックアップ

先日の謎のMac超絶不機嫌病(知りたい方は僕のTwitterのTLでどうぞ)から、思い出の写真とレンタルしまくった音楽CDがぶっ飛んでしまうかもとヒヤヒヤして、バックアップの大切さを身にしみて感じましたので、ただいま外付けHDDにバックアップ中です。

バックアップは簡単でシンプル。
Mac特有というか、別にWindowsでも同じでしょう。一応自分はMacで写真や動画、iTunesを管理しております。


バックアップは外付けHDDに。
(実は1年サイクルくらいで、念のためにMacminiにもホームシェアリングを利用してバックアップしております。)

まずはiTunes。
FinderからMusicフォルダ内にあるiTunesフォルダをそのまま外付けHDDへコピーするだけ。むっちゃ簡単ですが、移設に時間が超絶的にかかります。


36GB程度ですが、5分以上かかっております。そして今も続々と輸送中・・・


次にiPhoto。
こちらも外付けHDDに、Finderからピクチャフォルダを選択して、iPhotoLibraryファイルをコピーすればいいらしい。


ちなみに、DVDなんかのディスクにバックアップする場合はiPhotoを起動してから「共有」から「ディスクを作成」でいけるとのこと。

バックアップは超簡単なんですが、潜在的にデータは数年くらい持つだろうと思ってしまってるので、実行するまで腰が重くて結局やらずじまい・・・なことになってしまいがちですが、大切な思い出が消えたら・・・と思うとやっぱり真面目にバックアップを取らないと、後々後悔することになるかと思われます。
picasaも使っていろいろとデータは保存してるのですが、やっぱり安全余裕度というのは株でも何でも同じですよ。
という感じでしょうか。


アフォでもわかるHTML&CSS超絶入門

「ゼロからわかるHTML&CSS超入門」という超が付くくらい親切なHTMLの入門本を読み始めまして、道中にインプットしても記憶力がヨロシくないのでアウトプットして深く入れるように努力してみようと思います。
ゼロからわかる HTML&CSS超入門
※このアプトプットしていくブログ記事ではラベル分けで、この記事タイトル通りに「HTML&CSS超絶入門」としていきます。基本的にアウトプットで入力していきます。あまりにもクダケタ表現で逆に分かりにくいと感じたら、書籍の方がウン万倍分かりやすいと思いますので是非。

一応、大学でも情報系(ソフト系?)を卒業しておるのですが、ほっとんどコピペで乗り切ったようなものですので、全くといっていいほど知識はありませんw ちなみにHTMLなんかは履修外ですので余計です。

あと、基本的に記事内には直接タグ類を書かないようにしていきます。全てエディタを部分キャプチャしていきます。
記事エディタがタグを自動的に読み込む設定にしておりますので、それを回避する方法が今の所分かりませんので。。。



さて、本題はここから。
まずはHTMLの記述に関して。

HTMLは特定の文字列に役割を与えていく要素が必要。
その要素とやらがタグになるわけで、<要素名>という感じで文字列に役割を与えていきます。
ちなみに、タグの全ては開始タグと終了タグの両方を絶対に記述しなければなりません。
<開始タグ>という感じで始まり、</終了タグ>という感じで終わります。”/”を付ければ終了タグです。




次に、要素に対して属性という、要素に追加できる機能を持たせる事ができます。それが属性であり、属性には属性値を設定させて記述していきます。

表に関してはtable要素、そしてそのtable要素に対してwidthという属性値を付けたりします。

そして属性は、要素に対して1個しかできないというわけではなく、2個でも複数個でも設定可能なようです。
書き方は簡単。要素タグ内に半角スペースをあけて記述していくだけ。




こんな感じでしょうか。
23行目には属性は一つ、25行目には属性を二つ記述してみました。



今回はこれで終了です。
次は「HTMLファイルの構造」です。

感想的にはHTMLファイルの構造を知った所で、ビルダーを使って作っていくうちに、HTMLコードを見てみると、グッチャグチャでよく分からないのですが、基本的には構造は同じような感じです。おそらくグッチャグチャな感じがするのはCSSとやらが絡んでるからなのでしょうか。今の所は知識が全くないので分かりませんが。

とはいえコードが分からなくでもホームページが作れるようになったのはビルダー等のおかげ。初めて作ったのは確か大学時代でしたでしょうか。自分が使ってるソフトもかつてのバージョンから倍近いくらいのバージョンアップを繰り返して今やFacebookページやらの作成にも対応しているらしい。
時代は進歩してってるなぁと実感する今日この頃です。


では次回の「HTMLファイルの構造」まで、再度読み返してきます。



2012年4月12日木曜日

個人事業主に税務調査

少しばかり知っている人が個人事業主として事業を営んでるのですが、どうやら税務調査が入るとのこと。「脱税かっ!!」とかツッこんで笑っていたのですが、まぁ調査対象となるということは、それなりに税務署側からすれば”エサ”として認められるくらいの規模になったということなのかもしれません。(その辺の、国税局やらの話については決算書の9割は嘘である (幻冬舎新書)で楽しく知ることができますw)
で、知人ですが実際には税理士さんにも見てもらっていて、おそらく悪い事はしていないとは思います。


そしてこの話がちょっと頭の片隅に残っていて、税務調査ってどうなのかというところ。
税務調査に入られると、(税理士さん曰く?)税務調査の職員も暇ではないので最低(絶対に?)50万以上は持っていく方向に進められるんだとか。
3年分用意しろとかで、申告間違いなにかで年をさかのぼって申告モレみたいなものが見つかった場合は、無知ゆえにという点を問わず追徴課税が問答無用で課されるし、おおよそそんな感じで取りにくるんじゃないかと想像しておられました。
というわけで当の本人はもうお金を取られる気満々でいるわけですがw


個人事業主のところに税務調査が入ってきやすい目安として、一般的に売上が1000万前後になると税務調査が来やすいという噂があります。これは、一般的に、売り上げが1000万円を超えると、消費税の課税事業者になるからです。売り上げが1000万円を超えているのに、消費税の課税事業者の届をしていないのではないか、正しく申告していなのではないか、といったことを注意するため、税務署のほうから通知書が来ることから、そのような噂があるのかもしれません。また、売り上げが1000万円を超えているのに、こういった申告や納税がされていなかったと税務調査で指摘されたケースもあるからかもしれませんね。(税務調査が個人にきたら


あと、やっぱり個人事業化した時の醍醐味とも思えそうな”経費”。
これに「家事按分」とかいう事業経費と個人で使用する部分との配分の比率がミソなんじゃないのかなーと思います。その配分は個人の裁量で、例えば6割とかそんな曖昧なものだと、カモられる元になりそうな気がプンプンしますので、だったらはじめからやめとく方が・・・といってしまうと個人事業化するメリットも薄れてしまうんですかね?!
税控除がメインなような気もしますけど、この経費への落とし込みの方がオイシいのでしょうか?!

事業も営んでいませんし、会社も持ってないのでその辺は全くといっていいほど分かりませんが(ちょっとFPの勉強した時に覚えた程度)、今後何かフリーでやれたらと頭の片隅にあるわけですから、そういった知識も付けていかねばなりませんな・・・。。







2012年4月11日水曜日

ソニーが下方修正:もう成長企業じゃない?

ソニーが先日の人員整理に加えて下方修正を発表。
ロイターの記事には終盤に財務体質に関しての内容があったものの、財務体質なんかよりよっぽど将来的にミソになるのは。今後の事業展開なんじゃないのかなと思う。
かつてのウォークマンはアップルに取られ、そしてテレビは韓国勢にぼろ糞にやられ…いつの間にやら金融業で食ってるようにも言われてしまったのが現状なわけで、この先どうすんの?的な現状。

唯一対抗できそうなゲーム事業は稼げてない様子なのですが、これってやり方次第で何とかなるんじゃないかと思ったりもします。とはいえあくまでシロウト感覚なので、現場とは違うのかもしれませんが。
今まであんまりネットでのコンテンツ自体にはあまり儲からなかった例もありそうで、映画配給なんかをやってしまうとUSENみたいに金だけ吐き捨てる結果になるのかもしれません。ですがゲームとなると、実際には普通に金を出すわけで、これを何とかできればとPSNがあるのだとは思いますが…。
ただ、普通に新作をネットで販売していくとなると、リアル店舗との価格付けなんかが大きな課題となりそう。発売から日が過ぎていくにつれて下がっていくのですが、これをネットでのダウンロード販売を実施していくとなると…基準が難しい気がします。

とはいえ今のところAppleのAppleTVでもゲームには参入していないですし、せっかくのプレステのネットワークという資産があるわけで、個人的にはゲームコンテンツの土台として稼ぐ場所を提供するというようにすれば面白くなるとは思うんですけどね。いちいちAmazonで買って待たないでもいいし、品切れリスクも無いし。
ゲームの販売料金の数%だけもらって、あとは開発者なりのゲームも交えていければ盛り上がるんじゃないでしょうか。





っていうシロウトめな感覚でモノを言ってみましたw










2012年4月10日火曜日

カツマー本がワースト1位

プレジデントの広告が日経新聞に載ってたのですが、そんな中で年収800万によるワースト本が勝間さんのビジネス本だとのことw




デキビジとか見てたら結構面白く納得できることもあるんですが・・・ということは僕自身が年収800万に満たないレベルなのかもw
まぁ自分も”勝間本”は、表紙がケッタイなのと、一時のブームとやらに乗るのはあんまり好きでも無いから一切読んでもいないんですけど。。

「金は銀行に預けるな」とか、その辺は間違ってないようにも思えるんですけどね。


ノマドライフ:読書感想

ノマドライフ」を読み終えました。

読んでいて思ったのですが、この本にノマドライフのもっと小さな部分、具体的にどうやって食っていくか、お金の面でどう仕事を得るかどうかというのを期待して買う人もいそうで、それによって期待感が裏切られてマイナス評価になってしまうケースもあるんじゃないかという所。
(実は自分も少し期待していましたw)


内容紹介(Amazon)
内容紹介
これからは会社員こそ、1つの組織や場所にしばられないノマドワークライフスタイルで生きていくべき--本書ではそのための基本的心構えから、具体的な仕事・金銭・思考の実践トレーニング術までを公開。本田さんの、ハワイと東京、さらに世界中を移動しながら思考を磨き上げていくライフスタイルを貫く「法則」がわかります。「ノマドワークライフはお金がなくても有名じゃなくても、誰にでもできる。ただし、そのためのトレーニングが必要」と本田さんは言います。より「しばられない」人生に向けて、皆さんはこのトレーニング、どこから始めますか? AERAビジネスセミナーで常に満席の人気セミナーに大幅加筆してお届けします。


ノマドライフを実践するにあたって、やはり個人のスキルというのが大きな壁になるのではないかと感じました。
経営者仲間と一緒に経営したり、計19店舗のレストラン・カフェを展開する企業の役員、企業の役員、数社の取締役と兼務しているほどの著者のスキルを持つ人はなかなかそういないかもしれません。


ただ、人それぞれでスキルの種類は違いますし、それを糧に何かできれば、それをフリーエージェントとしてできる方法があるのではないか。そこを考えて、かつ実行に移すことができれば、あとは本書が述べるような、ノマドライフの基本的な心構え、そして思考を持っていきさえすれば、ノマドライフを送ることは可能ではないかというように感じます。

まぁ居住地まで捨ててしまえというのは少し強引過ぎるような気もしますが、それについてはそもそも家を買うことが人生にとってプラスかマイナスなのかという議論にもなってしまいそうですし、個人の価値観によるものなので、一つのノマドスタイルとしてそこは分類できるものではないのかなと思います。



そして、別にノマドライフについて興味がなくとも、普段の仕事術、生活術として活かせる内容でもあるように感じましたので、なかなか個人的にはタイトル通りの面白さというよりは、一つのノウハウ書として総合的な面白さを持った本であったように感じました。

【送料無料】ノマドライフ
ノマドライフ
価格:1,470円(税込、送料別)



2012年4月7日土曜日

iPadスタンドのXstandを購入

iPadスタンドで、デバイスジャパンとかいうメーカーのXstandというiPad、ノートPCスタンドにも使えるスタンドを購入しました。
Apple 新しいiPad3/iPad2/iPad対応スタンド(Xstand) ホワイト

設置完成記念に一枚。




角度も3,4段編成くらいで変段できます。
写真は2段階目くらい。座った角度からして新聞読んだりするビューワアプリに徹するならこの角度が一番に感じます。文字打ち込みも外部キーボード使うならこの角度でしょう。閲覧にはもってこいの角度。


そして想像以上だったのが、折りたたんだ時のコンパクトさ。



20cmちょいでしょうか。
そして軽いので持ち運びも楽ですし、iPadスタンド一発目としてもカナリ正解なチョイスに思います。


2012年4月6日金曜日

毛馬桜之宮公園へ桜観戦

毛馬桜之宮公園へ桜を見に行ってきました。

事前情報では5分咲き。
先週から今週にかけて暖かくなるとの見方はハズレ、今週になってもまだまだ冷やっとした天気だけにどんな状況か気になっていたのですが、結果的にはなかなかの桜模様でして、花見客もチラホラといて、少し春っぽさを感じておりました。


ありきたりなシーンを撮影。


まぁ満開ではないです。


場所によってはあんまりな所も。


京橋まで近いので大阪城も見えます。


去年の奈良公園でも撮影した一コマ。




「災害は   忘れたころに   やってくる」

花見で楽しんでも、ちゃんと日頃から意識付けをということでしょうか。


大きな地図で見る

帰りは梅田まで歩いて帰りましたが、おおよそ5キロ弱というくらいで、丁度良い運動になります。
外国人観光客も少し見えたりしましたが、日本の観光ネタに桜が入るというよりは、もう少し自慢できるところを堪能していただきたいようにも感じました。

来週は実家近くのお馴染み「さくら公園」の満開のコンディションを見にいこうと思います。

ついにFacebookが上場へ

おそらく一番(一般的には)興味を持たれていたかもしれないFacebookの上場がナスダックに上場することが決定したそうな。

強烈なソーシャルグラフを保持&形成しつつあると言われるFacebookに今後どれだけ見込みを付けられるかなのですが、今のところYes,Noのどちらかと言われれば、Noになってしまう。


2011年の売上は前年比倍近い37億1,000万ドルで、純利益は10億ドル。売上の85%が広告(FacebookのIPO申請書類で明らかになったリスク・課題とは?








なんだそうですが、本当に広告メディアとしての永久的な価値があるのかどうか。
Facebookそのものが一過性のSNSでしかないとなるとこの時点でもうどうでもよくなるのですが、今後もWeb上のコミュニケーションの場としての地位を確立するとなると、やはり興味深いものになるかもしれません。FacebookユーザーはFacebookから、ログイン時からその他のページに遷移してしまっても、その後も行動追跡され、莫大で価値のあるソーシャルグラフ形成のために一躍かっているらしい(東洋経済 2012年 3/31号)ので、確かにおおよそGoogleに抵抗、もしくは打ち勝つ可能性があるようにも思えます。何よりTwitterよりも目障りな副業ツイートのような直接的なビジネス利用も少ないでしょうし、年齢層もより幅広くカバーされていきそうな気もします。

ただ、あくまでFacebookそのものをベースに組み入れられるというのがどうも想像できないところです。

今後もFacebookが繁栄、もしくは常態化するという保障は?!
という所なのですが、FacebookがあくまでSNSツールであり続ける以上は...という考えに行き着いてしまいます。

仮に広告媒体としてだけでなく、データのみの売買が成り立ってるとすると、少し寿命が増えるようにも思いますが、いかにFacebookというフィールドが継続して利用されるかどうかというのがやっぱりミソなのではないかと思います。



とはいえCEOのマーク・ザッカ―バーグは同い年!!なだけですが、第一印象も好きだし、本で読んで捉えた第一印象も好きなのですごく応援しております。





2012年4月5日木曜日

MacにおけるTwitterクライアント”Janetter”がなかなか良い

TwitterのIDを2つもってしまった事で、管理が一気にめんどくさくなったわけで(まぁさほどヘビーに使ってるわけでもないからいいのですが)、リビングに置いてあるMBPだけはマルチモニタでもないのでクライアントがあると便利になってきます。

というわけで、JanetterというのをMac App storeより初のダウンロード。割と定番どころのアプリらしいけどw


※画像はApp storeより

まだ細かい使い方はよく分かってないのですが、複数アカウントも簡単に設定できますし、今まで出合ってきたEnterキーで入力されてしまう余計なお世話な機能も環境設定からオンオフの切り替えができます。

構成もシンプルで、深く使おうと思えばカスタムできそうな設定もあるわけで、レンジの広い層に受けの良いアプリなんじゃないかと思いました・・・ものの、別にヘビーなユーザーがどこまで求めてるのか、ヘビーではないので分かりませんw

今夏のMBA(新作出なかったら・・・w)に向けて、すぐに使用できるようにMBPでおおよその設定だけ整えておき、ゲットしたら移し替えるくらいにしておかなければ。

残りで大きなものといえばSafariでしょうか。
iPad、iPhoneとクラウド活用して連携するにはSafariで整えておくしかないんでしょうかね〜・・・






各ポートフォリオ

現在保有株一覧【2016.4.10現在】
[日本株]
:阪急阪神ホールディングス
:イオン
:アコーディアG
:伊藤忠商事
:マネックスG
:オリックス
:三菱商事
:日本農薬
:明星工業
:コナカ


【米国株】
:コカコーラ
:P&G
:ペプシ
:モンデリーズ
:シティグループ
:Apple
:ベライゾン

【ETF】
:1345 上場J-REIT
:iShares 先進国(除く米国)REIT ETF
:JPM新興国債券ETF
:VT バンガードトータルワールドストックETF
:ishares jpm USD Emerging
:iShares 米国優先株式ETF
:VWO(バンガード FTSE エマージングマーケッツETF)
:BND(バンガード 米国トータル債券市場ETF)
:NOMURA原油インデックス

【投資信託】
:MHAM物価連動国債ファンド




各銘柄等の組入れ理由は「furu1984 HP」へ