【閲覧数上位記事:その他コンテンツ等々】 

口に入れるだけで花粉症の症状が緩和した実体験というか実験中
ゆったり運用ポートフォリオの運用を開始しておよそ半年ほど経ちました
NISA用口座の銘柄を確定しました:購入タイミングは後々決めます
意外と盲点?な資産形成術
不動産の需要が本当に凄いのかどうか
米国株ポートフォリオ更新
iPod購入と開封記念動画をアップ
iOS7ピクチャーフレームに代わるスライドショー
YouTube動画チャンネル:aki furuチャンネル
住友不動産販売 不動産の一押し、旬の情報!
AmazonMyアップルストア
休載お構いなしでも面白いAmazonハンターハンターコミック

2012年3月25日日曜日

サバイバル時代の海外旅行術:読書感想

読み終える本以上に、買って溜まっていく量の方が多く、しかもそれに歯止めがかからないくらいに、何故か自分を無意識のうちに追い込んでたりします。

7割くらい堅苦しいテーマの本なんですが、今回は少しだけ楽しそうな本。
サバイバル時代の海外旅行術



世間には沢尻さんの旦那さんというくらいのイメージが強いように思いますが、メディアクリエイター?的にグローバルに活躍してるらしい人。今流行りつつあるノマドスタイルという感じで活躍されてるのでしょうか。
あんまりよくわかりませんが、世界中を回って、経験から総合的に発信されるブログは、写真に加えて面白いのです。

で、今回の【サバイバル時代の海外旅行術】ですが、新書クラスならこんなもんだろうっていう感じも残念ながらありましたが、最近になって海外旅行を始めた自分にとっては勉強になるものもありました。海外における携帯利用術が一番よかったかも。まぁSIMフリー携帯というものを使ったことがありませんし、海外の通信形態すら知りませんので、いっつも日本の恐いiPhoneの電源は切っておいて、WiFiオンリーのiPadに活躍してもらうという窮屈な通信手段。今後も海外旅行が増えるようなら、是非SIMフリー携帯についての知識を入れていかねばならないのかもしれません。

全体的に終始、日本の旅行ガイドブックをdisっておられるのですがw 確かにそれについてどうすればいいかという経験則からの紹介があるものの、個人的に欲してた情報とはあまり一致してなかっただけに、総合的にはあまり・・・というわけで、まぁ新書クラスに毛が生えたくらいかなという感じです。

それでも、一般的と言われる、日本のガイドブックでスケジュールを決めてしまう旅行スタイルっていうのは、それも一つのリスクであって、一読する価値はあるのかなと思います。


0 件のコメント:

コメントを投稿

各ポートフォリオ

現在保有株一覧【2016.4.10現在】
[日本株]
:阪急阪神ホールディングス
:イオン
:伊藤忠商事
:マネックスG
:オリックス
:日本農薬


【米国株】
:コカコーラ
:シティグループ
:Apple
:ベライゾン
:BP
:ロイヤルダッチシェルB

【ETF】
:iShares 先進国(除く米国)REIT ETF
:JPM新興国債券ETF
:VT バンガードトータルワールドストックETF
:ishares jpm USD Emerging
:iShares 米国優先株式ETF
:VWO(バンガード FTSE エマージングマーケッツETF)
:BND(バンガード 米国トータル債券市場ETF)
:NOMURA原油インデックス

【投資信託】
:MHAM物価連動国債ファンド




各銘柄等の組入れ理由は「furu1984 HP」へ