【閲覧数上位記事:その他コンテンツ等々】 

口に入れるだけで花粉症の症状が緩和した実体験というか実験中
ゆったり運用ポートフォリオの運用を開始しておよそ半年ほど経ちました
NISA用口座の銘柄を確定しました:購入タイミングは後々決めます
意外と盲点?な資産形成術
不動産の需要が本当に凄いのかどうか
米国株ポートフォリオ更新
iPod購入と開封記念動画をアップ
iOS7ピクチャーフレームに代わるスライドショー
YouTube動画チャンネル:aki furuチャンネル
住友不動産販売 不動産の一押し、旬の情報!
AmazonMyアップルストア
休載お構いなしでも面白いAmazonハンターハンターコミック

2012年3月28日水曜日

シャープと台湾企業の資本提携

今後、日経平均に代表されるような日本の大企業であっても(というかむしろそっちの方が)このような事が進んでくるように感じます。

シャープが27日発表した台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業グループとの資本業務提携は、液晶事業の低迷にあえぐシャープが台湾メーカーに事実上救済を仰いだものと言える。かつて「液晶の先駆者」のブランドを確立したシャープだが、韓国・台湾勢の急速な台頭で極度の業績不振に陥った。日本の大手電機メーカーが海外からの出資を受け入れるのは極めて異例で、電機業界の苦境を浮き彫りにした形だ。~~~
シャープが台湾メーカーからの出資受け入れを決めたことは、かつて世界市場を席巻した国内電機メーカーの弱体化を象徴している。技術力はあっても、コスト競争力や市場のニーズをつかむ力で韓国や台湾、中国勢に水をあけられつつあり、日本の電機業界は正念場を迎えている。(毎日)


確かに素晴らしい技術力もあるのかもしれませんし、大企業こそのシェア的有利で今までは生きてこれたかもしれません。ただ、現状の大半の大企業には、かつてのような成長意欲なるものが豊かさの向上とは逆に、減衰してしまってきてるのではないか。色んな団体やグループに属したりと甘い蜜をすすっていたり...




別に藤野さんの「日経平均を捨てて、この日本株を買いなさい」を読んだわけではないのですが、立ち読みでチラっと覗いて読んだ内容と、ちきりんさんのブログでの藤野さんの対談内容を見ていても、共感する部分は相当に大きいものでした。日本株インデックスファンドについては全く同感です。








日本企業全体というわけではなく、若く成長意欲のある企業も必ずあると思われます。今は出る杭は打たれる社会であって、うまくそれを乗り切り、真にグローバルな視野を持って、グローバルに広げられるサービスとシステムを合わせ持つような、そういった所を今後とも見つけて投資していきたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

各ポートフォリオ

現在保有株一覧【2016.4.10現在】
[日本株]
:イオン
:マネックスG
:日本農薬


【米国株】
:BP
:ロイヤルダッチシェルB

【ETF】
:iShares 先進国(除く米国)REIT ETF
:ishares jpm USD Emerging
:iShares 米国優先株式ETF
:NOMURA原油インデックス

【投資信託】
:MHAM物価連動国債ファンド