【閲覧数上位記事:その他コンテンツ等々】 

口に入れるだけで花粉症の症状が緩和した実体験というか実験中
ゆったり運用ポートフォリオの運用を開始しておよそ半年ほど経ちました
NISA用口座の銘柄を確定しました:購入タイミングは後々決めます
意外と盲点?な資産形成術
不動産の需要が本当に凄いのかどうか
米国株ポートフォリオ更新
iPod購入と開封記念動画をアップ
iOS7ピクチャーフレームに代わるスライドショー
YouTube動画チャンネル:aki furuチャンネル
住友不動産販売 不動産の一押し、旬の情報!
AmazonMyアップルストア
休載お構いなしでも面白いAmazonハンターハンターコミック

2012年3月27日火曜日

社章を紛失すると始末書と聞いたけど

社章を紛失すると始末書書かされると聞いたので、そんなことは無いとは思ったものの、気になったので少し調べてみました。一応、納得したものの、そもそも社章の存在意義が分からないので、総合的に判断すると、結論的にはオカシイということで。

とりあえず、社章紛失における一般的な?概念はどのようになってるのでしょうか。









社章は会社の顔です。小さいものなのであまり気にされない方もいらっしゃるようなのですが、万一第三者に悪用されたら・・・ということも考えると、必ず会社の担当部署や上司に報告するべきです。会社によって、紛失時の対応は異なりますが、一般的には「始末書」を書き、新しい社章購入費として実費を支払うケースが多いようです。詳細はご自分の会社の「就業規則」を確認してみましょう。会社に無断で類似品を製作・使用するのは「私印偽造罪」にあたる恐れもあります。 


というのを、どこかの社章屋さんのHPから引っ張ってきました。
おそらく第三者に悪用される可能性という面がミソなのでしょうか。








悪用して拾った人が会社に忍び込み、ずさんな管理である機密情報をゲットし…
とか、そういうリスクに対しての処罰なのかもしれません。


ただ、存在意義の無い社章を全社員に配るということが、そもそも意味不明な気がします。
社章の意味として、一つは会社の顔として社会生活において属する会社の一員であるという自覚がうんぬんかんぬん~ですが、そもそも社員に対してそんな関係を持たせるのもどうかと思います。
社員と会社というのは、一つの労働契約であって、愛社精神なんてもんは大して必要ないと思われます。ましてやこのご時世、会社に尽くすことがどれだけリスキーなものか、人それぞれかもしれませんが、企業の寿命を考えると結構バカにできないものであります。

社章なんてもんはオーナーや、役員クラスまで。というくらいにならないでしょうか。
社章にGPSが組み込まれ、株主からは業績から日々の行動まで視られている半面、業績が伴えばそれ相応のお金がもらえる。そして社員はただの労働契約という事実をもっと明確化する。

これこそ、社章が今よりもう少し貴重で、一種の勲章のようになるようにも思うのですが...



社章にちなんで、以下の興味深い書籍をご紹介します。
ワイシャツと社章とは全くといっていい程関係ありませんが、一つ一つの細かな部分を気にする方、考える方で全く違った人間性が生まれてくることに繋がるのではないかと個人的に感じたので、是非興味ある方は読んでみて下さい♪




0 件のコメント:

コメントを投稿

各ポートフォリオ

現在保有株一覧【2016.4.10現在】
[日本株]
:イオン
:マネックスG
:日本農薬


【米国株】
:BP
:ロイヤルダッチシェルB

【ETF】
:iShares 先進国(除く米国)REIT ETF
:ishares jpm USD Emerging
:iShares 米国優先株式ETF
:NOMURA原油インデックス

【投資信託】
:MHAM物価連動国債ファンド