【閲覧数上位記事:その他コンテンツ等々】 

口に入れるだけで花粉症の症状が緩和した実体験というか実験中
ゆったり運用ポートフォリオの運用を開始しておよそ半年ほど経ちました
NISA用口座の銘柄を確定しました:購入タイミングは後々決めます
意外と盲点?な資産形成術
不動産の需要が本当に凄いのかどうか
米国株ポートフォリオ更新
iPod購入と開封記念動画をアップ
iOS7ピクチャーフレームに代わるスライドショー
YouTube動画チャンネル:aki furuチャンネル
住友不動産販売 不動産の一押し、旬の情報!
AmazonMyアップルストア
休載お構いなしでも面白いAmazonハンターハンターコミック

2012年3月22日木曜日

猫背は治る!で一瞬で治る…しかし

ずーっと前に逆流性食道炎かなという診断から調べていくうちに(実際は逆流性食道炎というよりは胃炎)自分の猫背をどうにかすることも大事なことだということが分かり、実際にシュッと背を伸ばして歩く姿に羨ましさもあり、レビューでもなかなかの評価もあったので面白半分で読んでみました。




結論からいってしまうと...


これを読んで実際に内容から一つ一つの動作をこなしてみると、一瞬で治ります。

ただ、一瞬で元に戻ってもしまいます。。。



猫背になってしまう仕組み等が解説なされていまして、それに対するごく普通の自然的な立ち方、重心のかけ方等についてはすごく感心しました。
そして猫背を治すという話から少しズレてるかな?とも思ってしまうのですが、人間が日頃の一つ一つの動作について適当に流してしまってることによって、本来の潜在的な、使われることのない可動範囲的なものを忘れてしまってるかのようです。そこをいかにして認識させるか、そういった潜在的な人間にある能力に対して思い込みの要素を教えてくれる、ちょっと面白い本でした。


ただ、やっぱり猫背は治せず、ちょっと他の物事に集中したりすると戻ってしまうのが現状です。


しかし、その治療法というか、本来の正しい重心のかけ方をした歩き方に慣れればいいのかもしれません。しかもそれは本当にごく簡単な事であり、意識してやり続ければ、いずれ癖づき、本当の意味で猫背が治ったということになるかもしれません。


0 件のコメント:

コメントを投稿

各ポートフォリオ

現在保有株一覧【2016.4.10現在】
[日本株]
:阪急阪神ホールディングス
:イオン
:伊藤忠商事
:マネックスG
:オリックス
:日本農薬


【米国株】
:コカコーラ
:シティグループ
:Apple
:ベライゾン
:BP
:ロイヤルダッチシェルB

【ETF】
:iShares 先進国(除く米国)REIT ETF
:JPM新興国債券ETF
:VT バンガードトータルワールドストックETF
:ishares jpm USD Emerging
:iShares 米国優先株式ETF
:VWO(バンガード FTSE エマージングマーケッツETF)
:BND(バンガード 米国トータル債券市場ETF)
:NOMURA原油インデックス

【投資信託】
:MHAM物価連動国債ファンド




各銘柄等の組入れ理由は「furu1984 HP」へ