【閲覧数上位記事:その他コンテンツ等々】 

口に入れるだけで花粉症の症状が緩和した実体験というか実験中
ゆったり運用ポートフォリオの運用を開始しておよそ半年ほど経ちました
NISA用口座の銘柄を確定しました:購入タイミングは後々決めます
意外と盲点?な資産形成術
不動産の需要が本当に凄いのかどうか
米国株ポートフォリオ更新
iPod購入と開封記念動画をアップ
iOS7ピクチャーフレームに代わるスライドショー
YouTube動画チャンネル:aki furuチャンネル
住友不動産販売 不動産の一押し、旬の情報!
AmazonMyアップルストア
休載お構いなしでも面白いAmazonハンターハンターコミック

2012年3月7日水曜日

香港旅行:総括

はじめてのアジア圏に香港を選択したのは正解だったように思います。

香港旅行1日目
香港旅行2日目
香港旅行3日目

以下、YouTubeに載せた動画です。







感想としては、すごく不思議な国。
空港から出てバスで市街地まで向かうなかで、真っ先に感じたのが外車の多さ。
ベンツをはじめ、BMWやアウディ等の高級車をたくさん目にします。とりあえずその時は、ただ単に「多いな~」程度だったのですが、市街地に着き、色々と散策する中で不思議な感じがどんどん増えてきました。

まず建物は基本的に凄く高い。
マンションであっても、日本の流行りのタワマンというレベルを超えてまして、50階クラスくらいのものが当たり前のようにそびえ立ちます。
そして新旧混じってるからなのか、高級感という感じはあまり感じません。
香港ではどんどん移住者が増えてきてるのだとかで、その人口増加を受け止めるには一軒家では土地の面積的に厳しくなるからなのでしょうか。高い建物が多いというのは、2~3カ月すると風景が変わると言われる理由なのかもしれません。
そしてその建物の特性を活かして香港島を中心にシンフォニー・オブ・ライツというエブリデーイベントを作り出しているのですが、これでこれだけの見学者を呼び込めるのなら、大阪の、スカイビルからの市内ビルでイルミネーションすれば…とか思ったりもしました。

基本的に最近の旅行者は中国人らしいので(空港からの送迎に付いてた人の話)香港の人がどれなのか分からないのですが、全体的に高級感、上品さというのがほとんど感じられず、これは自分に付いてしまった固定概念のせいであるのか、それとも地域特有のスタイルなのか、全く判断できません。ベンツに乗ったオッちゃんも一見普通の人に見えたり。

香港のビジネスというのもイマイチよく分かりません。
中環には金融センターとして世界クラスの金融機関が存在したりするものの、金融だけで香港そのものが成り立つともいえず、ちょっと車で行ったところにある大きな運輸・物流センターからそういったマーケットでもしかり、不動産が未だに活発的な感を受けましたがそれもしかり。全体の底上げという面では本当によく分かりませんでした。
町中ではホームレスの方を見かけたりしますし、貧富の差もあるのかなという感じです。


ただ、風土として起業家精神を持ち上げる面もあるとのことで、そして法人税等のシステム面もフォローされるようで、そこが一つのポイントなのかなとも思います。
不動産投資であれ、小さなビジネスであれ、フリーエージェント的なスタイルであれ、そういったものが強いと、自然と活気が出てくるものなのでしょうか。
フリーエージェント社会の到来―「雇われない生き方」は何を変えるか


不思議な国ではあるものの、町中のチャーシューのような匂いと、騒がしい音、大阪を超える交通マナー等にはあまり個人的には好きになれなかったのですが、いつかまた訪れてみたいと思います。
iPhoneのSIMフリー版だと売る時に倍以上の値段が付いたりするようですし(笑)




0 件のコメント:

コメントを投稿

各ポートフォリオ

現在保有株一覧【2016.4.10現在】
[日本株]
:阪急阪神ホールディングス
:イオン
:伊藤忠商事
:マネックスG
:オリックス
:日本農薬


【米国株】
:コカコーラ
:シティグループ
:Apple
:ベライゾン
:BP
:ロイヤルダッチシェルB

【ETF】
:iShares 先進国(除く米国)REIT ETF
:JPM新興国債券ETF
:VT バンガードトータルワールドストックETF
:ishares jpm USD Emerging
:iShares 米国優先株式ETF
:VWO(バンガード FTSE エマージングマーケッツETF)
:BND(バンガード 米国トータル債券市場ETF)
:NOMURA原油インデックス

【投資信託】
:MHAM物価連動国債ファンド




各銘柄等の組入れ理由は「furu1984 HP」へ