人気の投稿

2012年3月29日木曜日

ソフマップのiPhone買取で満額買取成功!!

ソフマップの携帯買取サービスを利用して、iPhone4Sになってから放置して部屋の片隅で安らかに眠っていたiPhone4をついに手放すことにしました。
ソフマップ・ドットコム 買取りサイト

一応、別れる前の記念撮影。

iPhone4とiPhone4S揃って。


くどいけど、もう一枚。。

基本的な事前作業は常識の範囲でやることなので、特にめんどくさいことはありません。


1.充電と初期化
充電できてないと動作確認もできてませんし、気のせいもあるかもしれませんが印象も良くないかもしれません。
プライバシー問題もあるので、もちろん初期化。いちいちiTunesに繋がなくても、iPhoneの設定アイコンから一般設定、そして”リセット”を選択すればOK。

2.暗証番号の初期化。
当たり前です。向こうでもやってくれそうな気もしますが。

3.ICアプリの削除
初期化すれば消えるのでは?と思うのですが、使ってないのでよく分かりません。

4.外部設定の解除
これもプライバシーを考えるなら当たり前のことでしょう。

5.アクセサリー等の取り外し
完全に生まれたままの状態で届けてくださいとのこと。



一番のミソは、できるだけキレイな状態で持っていくことでしょうか。
メガネ拭きで拭けば取れるような指紋なんかでも放っておかずに自分でキレイにしてから送り出すと印象も違ってくるかもしれません。
今回は奇跡の満額査定でしたが、保護フィルムを剥がすと残ってしまうシールの残りなんかも、しっかりと拭きとりました。(拭くときもキズが付かないように)

以前、3GSを買取に出した時は本体にキズがあったとのことで5000円もマイナス査定されましたので、キズがあると大幅減額の要因になるようです。当たり前でしょうか。
3GSは背面が丸みを帯びているので、そのせいかキズが付きやすかったのかもしれません。

ハードカバーとソフトカバーのどちらがキズが付きにくいのかは分かりませんが、感覚的にはソフトカバーの方がカバーそのものとの摩擦によるキズが無いだろうということで、ずっとソフトカバーにしています。

売れるものは本であれ携帯であれ、キレイに使う。
むしろモノは大切に扱う。
それが報われた結果かもしれません。

一応、譲渡証明伝票を記念撮影。
※一応、気になる所は消させていただきました。

基本査定額はあらかじめソフマップ・ドットコム 買取りサイトのページで検索できますが、さすがに満額はありえないだろうと思って、1万円くらいにでもなればいいやという感じでしたが、まさかの満額査定でした。

この4Sもキレイに使おう。
お金を頂いた時、改めてそう思いました。


注意点:Bloggerでバリューコマースの確認用タグを貼る時


BloggerブログにバリューコマースのURL確認用認証タグを貼る時に少し戸惑ったので一応メモ。


Bloggerブログにて、バリューコマースに登録してから、確認用タグを一度ブログに貼ってバリューコマース側からの確認を受ける必要があるのですが、Bloggerで少し戸惑ったので。

方法としては記事にタグを貼るというシンプルなものなのですが...


記事内オプションで「構成モード」で”入力されたHTMLを解釈 改行”を選択していると、自動的に変換されてしまって、認識されずにどこかへ消えてしまいます。

実はおもっきり簡単な解決法でして...

記事の投稿設定から構成モード、”入力されたHTMLを解釈 改行”から”HTMLコードを表示”と、デフォルト状態にしておけばOK。

すさまじく簡単な解決法でございました。。。




2012年3月28日水曜日

これが今の日本とも言えるのでは?!

東電の立場を最大に活かした王様ぶりに、Twitterをはじめ「痛いニュース」でも取り上げられてました。

"リストラしないしボーナスは出す"の東電、「値上げ拒否なら電気止める。嫌なら他で買え」…5月には数十万の企業が停電に?
東京電力は27日に企業向けの料金値上げについて会見し、「新しい料金に賛同いただけないと契約が成り立たず、電気をお届けすることがむずかしくなる」と、言葉は丁寧ながら、脅しをかけた。料金値上げは契約更新までは拒否できるが、値上げ通知に明記せず、「連絡がなければ了解」と見なして4月1日からの実施をもくろんでいた。東電はこの「だましうち」を認めたが、「契約切れから50日経ったら電気を止める。4月1日からだと最短で5月22日になります」と開き直った。
東電によると、これまでに値上げに同意したのは、約23万7000件の契約者のうち約3万件(13%)にとどまっている。電気停止の脅しはこの低い数字に対するけん制というわけだ。
猪瀬直樹・東京都副知事は「われわれがいないと困るでしょと、独占にあぐらをかいた意識が残っている。だから『止めるぞ』と言える。自らリストラはしないで、こちらが指摘すると『ああそうですか』と動く」と話す。
東京・大田区の工場主。届いた通知に「了承いただけない場合は、3月30日までにご連絡を」とあったが、電話が殺到したのだろう、今週ようやくつながって、「納得いかない」と言ったら「他から買っていただきたい」と告げられたそうだ。http://www.j-cast.com/tv/2012/03/28126860.html?p=all
司会の小倉智昭「今回はあんたたちのせいでしょといいたい。普通、消費者には選択の自由があるが、電力に関してはそれがない。『嫌なら他で』と言ったって代わりがないんだから」高木美保(タレント)「なんでこんな不快で横暴な物言いをするんだろう、大企業なのに。競争入札にするとかコストダウンはできるはずで、何兆円という数字もある。それをやってからお願い、それも頭を下げていうものでしょ」
5月22日には4万6700件で電気が止まる可能性がある。翌2日だと15万事業所に及ぶ。 小倉「そんなことやったら日本経済がストップする」デーブ・スペクター(プロヂューサー)「お終いですね」(抜粋)
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1329378916/



おおよそ、これが今の日本を表してるのではないでしょうか。
結局のところ私利私欲のため。そして現在、実質的に日本の社会を動かしている層の有害ぶりの象徴のように思います。
前エントリーでも述べたように、結果的にそれが日本経済の衰退ぶりに繋がってるということでしょうか。

給料はくれ、ボーナスもいる。赤字?知らんなそんなもん。値上げダメならもう知らん。



それでも上場は国が巧みに操作して維持させるわけで、さらに調子乗って支援まで税金でぶち込まれる。
電力会社の株を買ってれば安定というのは、本当の意味でこういうことだったのでしょうか(笑)


確かに使命に全力で取り組み、本当に仕事に従事されてる方もいると思われます。そんな人が報われる社会というのはいつになったら実現するのでしょうか。
今の”あの層”が無くなってから?その下の世代が無くなってから?!







シャープと台湾企業の資本提携

今後、日経平均に代表されるような日本の大企業であっても(というかむしろそっちの方が)このような事が進んでくるように感じます。

シャープが27日発表した台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業グループとの資本業務提携は、液晶事業の低迷にあえぐシャープが台湾メーカーに事実上救済を仰いだものと言える。かつて「液晶の先駆者」のブランドを確立したシャープだが、韓国・台湾勢の急速な台頭で極度の業績不振に陥った。日本の大手電機メーカーが海外からの出資を受け入れるのは極めて異例で、電機業界の苦境を浮き彫りにした形だ。~~~
シャープが台湾メーカーからの出資受け入れを決めたことは、かつて世界市場を席巻した国内電機メーカーの弱体化を象徴している。技術力はあっても、コスト競争力や市場のニーズをつかむ力で韓国や台湾、中国勢に水をあけられつつあり、日本の電機業界は正念場を迎えている。(毎日)


確かに素晴らしい技術力もあるのかもしれませんし、大企業こそのシェア的有利で今までは生きてこれたかもしれません。ただ、現状の大半の大企業には、かつてのような成長意欲なるものが豊かさの向上とは逆に、減衰してしまってきてるのではないか。色んな団体やグループに属したりと甘い蜜をすすっていたり...




別に藤野さんの「日経平均を捨てて、この日本株を買いなさい」を読んだわけではないのですが、立ち読みでチラっと覗いて読んだ内容と、ちきりんさんのブログでの藤野さんの対談内容を見ていても、共感する部分は相当に大きいものでした。日本株インデックスファンドについては全く同感です。








日本企業全体というわけではなく、若く成長意欲のある企業も必ずあると思われます。今は出る杭は打たれる社会であって、うまくそれを乗り切り、真にグローバルな視野を持って、グローバルに広げられるサービスとシステムを合わせ持つような、そういった所を今後とも見つけて投資していきたいと思います。

2012年3月27日火曜日

慢性胃炎って何なの?!

前回の内視鏡検査での視覚的判断からは胃炎。そして今回、前のエントリーのように風邪で薬の飲み合わせなんかも気になったので、風邪と胃炎について医者に行ってきました。


風邪の方は、医者の方には「ロキソニンが1錠では効きにくい」という問診に少し引っかかったのか、インフルエンザキットで検査してもらったものの、反応は出なかったのでムコダイン・バナンというお決まりの風邪処方でした。

そして胃炎の方。

”慢性胃炎”だそうです。
というわけで、今後は今使ってるプロトンポンプ阻害薬?や胃薬の使用量を調節していきながら治癒していくとの方針。
軽い方だそうで、まぁ治るでしょっていう感じでした。


気になって一応、Yahooヘルスケアで調べてみたら...


治療期間の目安:治療期間が中~長期(数ヶ月~数年)に及ぶことが多い概説 組織学的には胃粘膜の慢性炎症と胃腺の萎縮(いしゅく)を主要所見とするものをいいます。その萎縮性変化が以前は加齢による退行現象と考えられてきましたが、あのピロリ菌が関与していることがわかってきました。 他の原因としては、胃ガン、胃ポリープなどの胃の腫瘍(しゅよう)や胃潰瘍(かいよう)、十二指腸潰瘍あるいは胃切除術などがあげられます(これらによる胃内容物の長期停滞や腸液の逆流が原因と考えられます)。特有の症状のないことが特徴の病気です。ですから、検診の際に指摘されてびっくり、ということが多いようです。症状としては、上腹部の不快感・もたれ感、食後の胃痛、胸やけ、吐きけ、嘔吐(おうと)などがあります。少し食べ過ぎたり飲み過ぎたりすると、すぐに上腹部が重苦しくなりますが、規則正しい生活に戻すと自覚症状はほとんど消えてしまうことが多いです。それらの症状に伴って食欲不振や全身倦怠感がでてくることもあります。症状の強いものになると、粘膜からの出血を起こす場合もあります。



そして...

胃を休めてあげることと、胃潰瘍の治療にそった薬物療法の2つが中心となります。胃を休めるには...


[1]食事時間は規則正しくする 
[2]飲み過ぎ、食べ過ぎを避ける 
[3]刺激物や嗜好品を控える 
[4]良質のタンパク質やビタミンをとる




なんだそうです。。


ピロリ菌もなかったそうですので、まぁこれらで治癒していくしかなさそうです。
ストレスも胃にとってはよろしくないようですし、しばらく健康体を目指していくしかなさそう。

日頃の運動不足についても、この風邪が治ってきたら再びWiiフィットで運動不足解消に励んでいこうと思います。








いち早く風邪を治す方法

風邪をひき始めておよそ4日。
何故か今回の風邪は順番が違うような気がするのですが、喉が痛くなって少し熱が身体がだるくなり・・・1.2日たったら自然と治っていくと思ったものの、昨夜(3日目)にして急激な寒気と、ロキソニン飲んでも解熱できなくて、再度ロキソニンをぶち込んでやっと熱は収まりました。
一応、解熱に成功してから大量の汗をワザと出したので、今朝起きてからはだいぶマシなような気がします。たぶんまだロキソニンの力が働いてるとは思いますが。。





毎度風邪のときに、どうすればいち早く治せるか、経験則に加えてオリジナルを試そうとしてるのですが、ハッキリとこれだというものには未だに出会えていません。

基本的には風邪と戦うという性質上...


1.水分補給
2.解熱剤は使わない
3.カロリー摂取


みたいなのですが、これを実践したとしてもイマイチ治りが早いのかどうかが分かりません。

ただ、風邪をひき始めて初期段階は水分、緑茶や湯、ポカリやアクエリにお世話になると、何もしなかった幼少期よりは回復が早まったような気がします。抵抗力というのもあるかもしれませんが。


一番気になるのは解熱剤を使わないこと。
これにより、本来身体がウイルスや細菌と戦うために有利なフィールド状態にするために高熱にすると言われてるのですが、解熱剤を使ってしまうとそれが無くなってしまいます。
自分もできるだけそうしたいのですが、いかんせん心が弱いので、すこし熱が出るとヘバってしまいます。。。
というわけで、解熱剤は使っても、物理的に体温を上げれば問題ないのではないかということで、解熱剤を飲んでから、風呂やサウナで体温を上げればいいんじゃないでしょうか。

しかしこれも、物理的に体温を上げてしまうと、身体は動いてるのでカロリーが大幅に消費されてしまうということ。そして水分も無くなってしまいます。
水分は補給すればいいのですが、起きているので身体が動かざるをえないというのが欠点でしょうか。


結果的に、やっぱり水分飲みまくって、解熱剤は使わずに厚着してベッドに飛び込む。
これが一番ベストなのかもしれません。。。


全く解決に至ってないのですが(笑)


風邪をいち早く治す方法・・・昔ながらの、ビフテキ食って(ビタミンB12)、適当に果物を食べる(その他ビタミン)。
スパッと風呂入って厚着してさっさと寝る。

言い伝えがやっぱり正しいということになるんでしょうか。


のんではいけない薬

社章を紛失すると始末書と聞いたけど

社章を紛失すると始末書書かされると聞いたので、そんなことは無いとは思ったものの、気になったので少し調べてみました。一応、納得したものの、そもそも社章の存在意義が分からないので、総合的に判断すると、結論的にはオカシイということで。

とりあえず、社章紛失における一般的な?概念はどのようになってるのでしょうか。









社章は会社の顔です。小さいものなのであまり気にされない方もいらっしゃるようなのですが、万一第三者に悪用されたら・・・ということも考えると、必ず会社の担当部署や上司に報告するべきです。会社によって、紛失時の対応は異なりますが、一般的には「始末書」を書き、新しい社章購入費として実費を支払うケースが多いようです。詳細はご自分の会社の「就業規則」を確認してみましょう。会社に無断で類似品を製作・使用するのは「私印偽造罪」にあたる恐れもあります。 


というのを、どこかの社章屋さんのHPから引っ張ってきました。
おそらく第三者に悪用される可能性という面がミソなのでしょうか。








悪用して拾った人が会社に忍び込み、ずさんな管理である機密情報をゲットし…
とか、そういうリスクに対しての処罰なのかもしれません。


ただ、存在意義の無い社章を全社員に配るということが、そもそも意味不明な気がします。
社章の意味として、一つは会社の顔として社会生活において属する会社の一員であるという自覚がうんぬんかんぬん~ですが、そもそも社員に対してそんな関係を持たせるのもどうかと思います。
社員と会社というのは、一つの労働契約であって、愛社精神なんてもんは大して必要ないと思われます。ましてやこのご時世、会社に尽くすことがどれだけリスキーなものか、人それぞれかもしれませんが、企業の寿命を考えると結構バカにできないものであります。

社章なんてもんはオーナーや、役員クラスまで。というくらいにならないでしょうか。
社章にGPSが組み込まれ、株主からは業績から日々の行動まで視られている半面、業績が伴えばそれ相応のお金がもらえる。そして社員はただの労働契約という事実をもっと明確化する。

これこそ、社章が今よりもう少し貴重で、一種の勲章のようになるようにも思うのですが...



社章にちなんで、以下の興味深い書籍をご紹介します。
ワイシャツと社章とは全くといっていい程関係ありませんが、一つ一つの細かな部分を気にする方、考える方で全く違った人間性が生まれてくることに繋がるのではないかと個人的に感じたので、是非興味ある方は読んでみて下さい♪




2012年3月25日日曜日

サバイバル時代の海外旅行術:読書感想

読み終える本以上に、買って溜まっていく量の方が多く、しかもそれに歯止めがかからないくらいに、何故か自分を無意識のうちに追い込んでたりします。

7割くらい堅苦しいテーマの本なんですが、今回は少しだけ楽しそうな本。
サバイバル時代の海外旅行術



世間には沢尻さんの旦那さんというくらいのイメージが強いように思いますが、メディアクリエイター?的にグローバルに活躍してるらしい人。今流行りつつあるノマドスタイルという感じで活躍されてるのでしょうか。
あんまりよくわかりませんが、世界中を回って、経験から総合的に発信されるブログは、写真に加えて面白いのです。

で、今回の【サバイバル時代の海外旅行術】ですが、新書クラスならこんなもんだろうっていう感じも残念ながらありましたが、最近になって海外旅行を始めた自分にとっては勉強になるものもありました。海外における携帯利用術が一番よかったかも。まぁSIMフリー携帯というものを使ったことがありませんし、海外の通信形態すら知りませんので、いっつも日本の恐いiPhoneの電源は切っておいて、WiFiオンリーのiPadに活躍してもらうという窮屈な通信手段。今後も海外旅行が増えるようなら、是非SIMフリー携帯についての知識を入れていかねばならないのかもしれません。

全体的に終始、日本の旅行ガイドブックをdisっておられるのですがw 確かにそれについてどうすればいいかという経験則からの紹介があるものの、個人的に欲してた情報とはあまり一致してなかっただけに、総合的にはあまり・・・というわけで、まぁ新書クラスに毛が生えたくらいかなという感じです。

それでも、一般的と言われる、日本のガイドブックでスケジュールを決めてしまう旅行スタイルっていうのは、それも一つのリスクであって、一読する価値はあるのかなと思います。


普通のベイクドチーズケーキの作り方

昨日より喉が痛くなり、それでもまぁ2.3日くらいは持つだろうと本日フットサルを予定していたわけですが、今朝起きてみると身体が凄まじく怠い。
というわけで、せっかく楽しみにしていたおよそ2ヶ月ぶりのフットサルを取りやめざるをえませんでした。


というわけで、朝にダッシュで作ってしまおうと思ってたベイクドチーズケーキをじっくりと作ることができたわけですが...
(じっくり作っても味は変わらんと思いますけどw)

いつもの如く、写真を撮りながらのクッキング。
iMovieで適当に編集してYouTubeへお粗末なクッキングレシピ番組をアップするためです。

出来上がったチーズケーキと、その作り方は完成した以下の動画からどうぞ。





※僕のMacはiLife11ではなく9です。。。


味の感想としてはなかなか。
思ったよりも膨らまなかったのは、卵のとき方によるものかも。
ケーキの類いは、卵が泡立つまで成長させないといけないみたい。

そしてレシピによって随分とクリームチーズ等の分量が違うのですが、これはチーズというキツい味の材料から推測すると、分量を変更させた組み合わせだけで、全然違うスタイルで食せるのがチーズケーキの面白い所なのではないかと思う。

材料費と時間コストを考えると割高なような気もするけど、自由な時間ができたら、いつか将来の趣味は外食ではなく、料理を趣味にしたいとも感じた今日この頃でした。

というわけで、この本にはたまにだけどお世話になろうと思います。


はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術:読書感想

こちらも何気なく紀伊国屋で、いつものごとく何か面白い本ないかな~という感じで、たまたま目に留まって手に取った本が、「はじめの一歩を踏み出そう-成功する人たちの起業術」であり、これまたたまたま、Amazonのレビューを覗いてみたら、すっごい数のレビューを保有していて、なかなかの反応だったので即決で買いました。


      はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術



まず、読んですぐさま、何気なく起業について思ってたことが、返り討ちにされるかのごとく、バッサリと甘い考えを切り捨てられます。「金持ち父さん」シリーズと肩を並べるほど名書になりつつあるようですが、「金持ち父さん」が”動機付け”なら、こちらの「はじめの一歩を踏み出そう(以下略)」は”思いの整理”のようにも感じました。







人はそれぞれ、「起業家」「マネージャー」「職人」という人格を併せ持ち、どれが強いかはその人それぞれで違うものの、それぞれがマイナスに働く作用もありながら、結局はそれらよりも大切なことがある。そういうように個人的には思いました。

事業を進める上で大切なこと。如何にして仕組化するか。


難しい言葉は全くと言っていいほど出てきませんので、すごくスラスラ読めてしまいます。
投資判断として一つの基準ともいえることですので、再確認でることがあり、なかなか充実した読書タイムになりました。



正直いって会社にいても全くといっていいほど人生に満足感が得られていない現状、最近の胃炎の原因とは言いませんが(笑)、自分の人生に必要なことは何なのか、というのを毎日の生活の中でよく考えさせられてる今日この頃です。

金か、それとも金で無い何かか。
自分は本当に早期リタイアを欲してるのか、それとも打ち込みたい何かを求めているのか。

なかなか答えが出てきておりません。

2012年3月23日金曜日

チーズケーキの作り方

決してスイーツ男子というわけではございませんが、ずーっと前に挑戦した簡単なレアチーズケーキから、今度はベイクドチーズケーキに挑戦してみようと、今回はクリームチーズの蓋に付いてる作り方の載ってる紙ではなく、ポケットブック的な本を調達してきました。





チーズケーキ30







別にネットで検索かけてiPad見ながら調理という、ちょっと今風にやってみてもよかったのですが、暇な時に気兼ねなく手に取り、パラパラっとめくれるというのは、どうもやっぱりiPadよりもリアル本の方が慣れてるせいか、無意識に手が伸びてしまいます。
(3歳からiPad触らせれば変わるのかもしれませんけど。)

というわけで、以前レアチーズケーキの作り方という、写真をまとめて作った簡素な動画が、割と好評にPVを重ねてますので、近日ベイクドチーズケーキでもやってみたいと思います。


どれにしよ…。やっぱり始めて作るのはノーマルがいいでしょうか。



↓以前のレアチーズケーキの動画

2012年3月22日木曜日

猫背は治る!で一瞬で治る…しかし

ずーっと前に逆流性食道炎かなという診断から調べていくうちに(実際は逆流性食道炎というよりは胃炎)自分の猫背をどうにかすることも大事なことだということが分かり、実際にシュッと背を伸ばして歩く姿に羨ましさもあり、レビューでもなかなかの評価もあったので面白半分で読んでみました。




結論からいってしまうと...


これを読んで実際に内容から一つ一つの動作をこなしてみると、一瞬で治ります。

ただ、一瞬で元に戻ってもしまいます。。。



猫背になってしまう仕組み等が解説なされていまして、それに対するごく普通の自然的な立ち方、重心のかけ方等についてはすごく感心しました。
そして猫背を治すという話から少しズレてるかな?とも思ってしまうのですが、人間が日頃の一つ一つの動作について適当に流してしまってることによって、本来の潜在的な、使われることのない可動範囲的なものを忘れてしまってるかのようです。そこをいかにして認識させるか、そういった潜在的な人間にある能力に対して思い込みの要素を教えてくれる、ちょっと面白い本でした。


ただ、やっぱり猫背は治せず、ちょっと他の物事に集中したりすると戻ってしまうのが現状です。


しかし、その治療法というか、本来の正しい重心のかけ方をした歩き方に慣れればいいのかもしれません。しかもそれは本当にごく簡単な事であり、意識してやり続ければ、いずれ癖づき、本当の意味で猫背が治ったということになるかもしれません。


2012年3月21日水曜日

豊能町高代寺へ

大阪府北摂地域にある豊能町の高代寺へ久しぶりに登ってみました。


昔幼少期には遠足等で行ったことはありましたが、色々と懐かしく思ったので、めずらしく朝早く起きて登ることに。

相変わらず新鮮な空気。
豊能町は深刻な問題を抱えてるとは思うのですが、自然という環境においては依然として素晴らしさが残っています。こんなに良い所なのですが、人が住むとなると、もっとシビアに考えることがあるのでしょう。

昔はバブル期からたくさんの人が入ってきて行政も一応ながら成り立っていたのかもしれませんが、今は流出数の方がおそらく多く、税収がままならずに、町のサービスや行事も縮小傾向。それに伴ってさらに人口流出が進む…。そんな悪循環な構図を辿ってるのかもしれません。
聞いた話ですが、比較的若い議員さんが入ったそうですが、改革提案等を出すにも「金が無い・金がかかる」ということで却下。

”何もしないことで金もかからないから延命できる”

たしかにそうなのかもしれませんが、本当にそれが将来的に良いのかどうかは目に見えてるように思います。

ひょっとしたら、今を乗り越えれば経済が再び回復し、人口も増えて、再度豊能町への流入が始まるのではないか。

そんな考えでは…そもそもの”仕組み”を変えない限り、環境任せの地域になってしまいます。
老齢の重鎮からすれば先行きなんてどうでもいいのかもしれません。少なくとも生きてる間はお金をもらうことができるかもしれません。
これは豊能町に限った問題ではなく、政治家全体にもいえることのように感じますが。。


逆に箕面市に新しく就いた、歴史からすれば若いと言われる市長は、どんどん改革案を出していき、それを実行していく。どんどん変化していくと聞きました。

箕面市とは内情が違うのかもしれませんが、、、


「なるようになる」という、だれでもできそうな町づくりはやめて欲しいものです。

かつて自己満足ながらも結成した豊能町社会人サッカーチームである「やまぎわFC」ですが、同じように人口流出に伴って活動がきっぱり無くなってしまいました。
しかし、このままでは面白くない!!
面白い案があれば頂けると幸いです。
やまぎわFC(Facebookページ)



話が思いっきり変わりましたが、日頃の運動不足もあり、情けないながら筋肉痛になってしまいました(笑)


道中、車が何台か通りましたが、山は車で登るものではありません!!(笑)

2012年3月18日日曜日

個人的に思うFacebookの凄さ

職場の人にもFacebookの利用がどんどん増えてきてるようです。

そして驚きなのが、若い人だけかと思いきや、携帯でもできるようになったこともあるせいか、年配の方にも利用者が見えてきたということ。年齢層が厚くなってくるとそれだけFacebookからすればソーシャルグラフが大きく充実してくるのでメリットになってくるであろうと思われます。

以前はmixi、そしてTwitterときて、今は本名限定のFacebok。日本人は本名をネットで明かすのは嫌いなんじゃないかと思ってたのですが、国を問わずユーザーが増えてきてるのを見ると、人間性の本質ともいえてしまうのでしょうか。実際にどうなのかは分かりませんが。


さて、最近Amazonのマケプレで調達したFacebookをビジネスに使う本を読んでいるのですが、少し気付いた点があったのでメモる程度に綴っておきます。
もっと後々になって答えが見えてくるのかもしれませんが、Facebookは今後とも飽きられること無く、mixiのように衰退することは無いのかどうかという個人的興味である点について。



なぜFacebookに嫌な気がしないのか。


日本ではアメブロがブログサービスで、ユーザー外も含めた人では今や国内No1と言えるくらいのサービスとも感じるのですが、その他たくさんのブログサービスが流行ったにも拘らず、少しずつ嫌悪されてしまってきてるのは何故か。

それはおそらくですが、大半のブログサービスに自由度があるからこそ、逆にマイナスになってしまったのではないかということです。
おおよそ、Webコンテンツはそもそも各々の興味を中心に寄られるものだと思うのですが、近年のアフィリエイト等の商用利用の増加によって、ユーザーが拒否感を持ってしまってきてるのではないかというところ。

Facebookであれば商用利用こそ可能であるものの、基本的には友人・知人の発言が中心でそれに関わりたいという仲間意識であったり、生活的なコミュニケーションのようなものと思えますし、「いいね!」ボタンを付けるのは本人であるが故、ユーザー自身が興味のあるコンテンツしかフィードに入れないようにもできますしし、知人が付ける「いいね!」に関しては知人の興味=自分の関心、または話題の一つという確率も高いように思います。
だからこそ興味があるから需要ができるFacebookページは、効果的なマーケティングの一環として貴重なコンテンツともいえるのかもしれません。

なによりも、コンテンツを拒否するか、それとも受け入れるかどうかはユーザー本人が決められます。そしてソーシャル・ネットワークの映画でも頑なに創業者のマークが表現していたように、広告はほんの一部に限るというこだわりもあり、ユーザーが本当に求めるようなインタフェースに仕上がっていくのではないか。

これらによってさらにユーザーが増えていき、それに伴って質の良いソーシャルグラフの拡充を得ることができる。広告枠が凄まじく少ないということがFacebookの今後にとってどうなのかは分かりませんが、これがFacebookだけでなく、他に本格活用できるようなことになれば、本当にFacebookにとって面白いものになるのではないかと個人的には思います。


創業者は僕と同じ同年代で凄く応援してるので、今後とも繁栄を祈るばかりです。
ちょうど成長株といえる銘柄の模索に困ってるところでもあるので、もっと現代テクノロジーに関する事等を勉強していきたいと思います。

FacebookのIPO、どうなるのか。合わせて気になる所です。






2012年3月17日土曜日

新しいiPadとイーモバイルGL01P

新しいiPadの発売日。
一応、影に隠れてしまっているけど、新しいアップルTVも出ていたようですが、すでに前作を持っていますし、大してサッカー以外にテレビを見ることがほとんどないに等しいと気付いたので、こちらは別にどうでも…。

一応、ヨドバシに出来た新しいiPadを見に行ってきました。アップルの新作が出るたびに、アップルストアに足を運ぶのが恒例となってしまってます。Windowsではそんなことないのに…。




こちらも別段、機能が新しくなった感というよりは、画質向上とそれをフォローするハード面の向上というくらいのものと伺ってるので、欲しいということは今のところありません。(実際に触ってみると文字のクッキリ感が素晴らしくて、少し欲しくなりましたがw)


高精細な感はするものの、特に機能面で目立つ所はなく、「あー、キレイ」程度に終わってしまいました。



ほとんど実感できないものの、重さが少し増えたのと、太さが若干増した所。
こちらは次期iPadを待つ方が賢明ではないでしょうか。おそらくですが、次期iPad(?)3ではiPad2並の薄さと重さクラスで出てくるのではないか。

というわけで、一応みんな触りに来ていたものの、iPad2の時のような販売具合にはなってないのかな?!という感じです。 16GBの方は夕方に行ったにもかかわらず、まだ売ってましたし。
(確かに、高精細で取り込むとなると容量の問題もあるので、16GBじゃシンドそうという感じもあるのでしょうか。)

現状、iPad2が最強のように感じます。。。





そして同じくヨドバシで活況であったコーナーが新作のイーモバイルのモバイルルーターGL01P。
パスワードを自由に使えて、実際に試してみてくださいという強気のコーナーがあったので、面白そうだったので行ってみました。
実際に自分のiPhoneで試すことはしなかったのですが、同じく置いてあったノートPCで使用感を試してくれという事で、一番試しやすい動画サイトを試してみたら...

かなりすっきり爽やかに快適に動きます。
元々iPadでモバイルルーターがあればどれだけ楽になるやろうとずっと思ってたので、かなり興味を引く展開。
ただ、そこで申し込むとレンタルが無いのが欠点。。帰ってからウェブで見てみるとインターネット回線を1ヶ月からレンタルできるe-caというのがあるので、若干レンタル期間は高くなってしまうけど、その後に2年縛りでやった方がいいかもしれません。
聞いてみたらタワマンの20階を超えてしまうと繋がらなくなることが多いとかで…。まぁ家ではプロバイダ契約のがあるのでいいのですが。
3大キャリアを比較。『まとめてWiFi』


時代の進化は続いていることを実感した今日この頃です。


:追記:
YouTubeで見つけたので一応貼っておきます。






2012年3月16日金曜日

内視鏡の結果

先週からの「逆流性食道炎とストレス」の続きで、予約を入れてあった内視鏡による検査を受けてみることにしました。

血液検査の結果からは、全くといっていいほど気になる所はなかったのですが、パリエットをやめてしまうと、どうも胃に不快感があるとのことで、自分的に納得できなければ不安で仕方なかったので、身体の中に異物を入れる怖さと天秤にかけたものの、やはりやってみることにしました。

前日21時までに食事を終わらせ、そこからは水もできるだけ控えるように準備。
当日はもちろん一切飲食無しで、予約入れてた9時半まで全く何も飲めずに、つらいのでできるだけギリギリまで寝ることに。

そして若干遅刻ぎみで病院に走りました。


まず、ごく少量の養命酒を飲む時くらいの小さな容器に入った濁ったものを飲まされます。胃になにやらどうのこうの…(あんまり聞いてませんでした)

そして、右肩に筋肉注射。注射嫌いなのに…。

それからは一旦仰向けで寝て、内視鏡が鼻からなので鼻から麻酔だとかいう液体を流し込まれます。強烈な味ですが、続々と鼻から注がれる液体を飲まねばなりません。人間、いざとなったら鼻からでも胃に入れれるなと感じました。。
(ちょうど花粉症の時期でしたが、先週より花粉症の薬を飲んでたので通りはなかなか好調)

次に、鼻の通りをみるのか、20cmくらいのチューブみたいなのを5分ほどぶち込まれます。気づいたら入ってた。そんな感じでした。


そしてここからが本番。



医者登場。

内視鏡その他機器が起動。

機械がシューシューゆうてる!!

それだけでかなり不安になる。。。


1cmもなかったのですが、それでもなかなかの太さ。
先っちょ光ってる(笑)


そしてついに挿入!!(変に聞こえたらすんません)

これまた意外にもスルスルと入るチューブ。
終わってみればここが一番の関門。食道への入り口なのですが、鼻からは直角になるので、一旦壁に当たってしまうのか、そこで少しオエっときました。。

そこからも順調にスルスルと入るチューブ。
のど近辺を擦れるので結構不快感あります。早く抜けー!!って感じです。でもここで引き下がるわけにはいきません。

「はい、胃に入ります」

食道通ってるときも、胃に入ってるときも、リアルに感覚わかります。どんどん入ってくる感覚も。長い食べ物を食べて、食道につまったような感覚がずっと続く感じです。

「撮影しますね」「胃の粘膜採ります」

と作業を完了し、無事に内視鏡検査は終わりました。




 
内視鏡を抜き取った後、すぐにゲップが出ます。そして少しするとオナラがブバっと出ました。内視鏡後の特徴のようですので、仕方ないですね。
 
それにしても富士フィルムの内視鏡のよう(院内ポスターが富士フィルムでしたので)ですが、鼻からできるようになったっていうのは凄く便利なんじゃないでしょうか。鼻からでもあれだけ不快感があるので、口からだとすると不快感どころかオエっと感満載なのかもしれません。
内視鏡技術そのものは絶対にフォローすべき技術でしょう。オリンパス本体はどうあれ。。
 
 
その後、先生と一緒に胃から十二指腸に入っていくまでの撮影過程を動画で解説頂きました。
なかなか綺麗でしたが、若干ながら胃が荒れておりました。逆流性食道炎の兆候も少しだけあるとのことで。パリエットを服用しててもこれだということは、おそらく食事そのものというよりは、環境とかストレスなんじゃないかなぁという診断です。潰瘍はなかったので良し。
細かい結果は、採取した粘膜から検査とのことで、来週辺りに出てくるようです。
 
 
胃炎しかり、逆流性食道炎しかり、欧米風の食生活が一因としてあるのかもしれませんが、今独特のストレスもあると思います。仕事環境とかその他もろもろ。
こんなのが一生続くなんて絶対に嫌ですので、色々と勉強しているこの頃でおります。
 



フリーエージェントに関するベストセラーでして、8割ほど読み終わったのです。なかなか興味深い所もありますので、後日読書感想文でも書こうと思います。

2012年3月15日木曜日

PC環境をリニューアルしてみた

PC環境を先日リニューアルしてみました。

リニューアルっていうほど大きくは変わって無いのですが、PCとルータの変更。


少し前、学生時代に購入したVista機がカラカラと音してるので恐くなってデータを移設するために、新しいPCを買うのはもったいないのでMac miniにWindows7をブートキャンプ。
しかしブートキャンプされたMac miniはなぜかキーボードのデバイスドライバの不具合でうまくフィットしていない状態。そして頻発するブルースクリーンエラー。。
おまけに寝室では、玄関に置いてたルーターがショボイのか、Mac miniのAir macがショボくて届かないのか分かりませんが、Mac OSでのアップデートができないというレベル。



そんな状況に耐えられず、3年ほど前に購入して、その後にMBP(+Windows7ブートキャンプ)を買ったので用無しになり実家に搬送したVistaノートを再度持って帰ってきて、今後はMac miniのブートキャンプをやめてVistaを7にアップデート。
そしてルーターをBUFFALOのWZR-HP-G300NHから一応現時点でそこそこ新しくて高機能そうなBUFFALOのWZR-HP-G450Hへ変更。
こちらの設定に関しては苦労することなく変更完了。古いルーターに差し込んでた配線を真似るだけ。細かい無線設定はまだしてないので、後からするつもり。
効果としては、Amazonレビューにもあったけど、かなりの電波強度っぽい。iPhoneでのWebやiPadでのコンテンツ系のダウンロードもすんなり。寝室での無線接続も今のところ良好。
あとはNASを構築しようかなーとか思ってるところ。外付けHDDが一台遊んでますし。

Mac miniのブートキャンプをやめるのも一瞬。
「え、これでいいの?」っていうくらい簡素なもので...

①「アプリケーション」から「ブートキャンプアシスタント」を起動。
※「Windowsサポートソフトウェアをダウンロード~なんたら」と表示される場合は、「MAC OS インストールディスクを持ってる~なんたら」を選択して次へ進む。
②そして「Windowsパーティションを作成、または取り除く」を選択。
③最後に、ディスクを単一のボリュームに復元で完了。


そして次に、持って帰ってきたVista機の7へのアップデート。
こちらが少しメンドイのと時間がかかる。
OSディスクはこの場合はアップデート版なんでしょうけど、ブートキャンプ時に使ってたのが空いたので、新規版のWindows 7 Home Premium 通常版で。

とりあえずよく分かって無いのですが、ディスクをVista機にぶち込む。
すると7入れるようなインストール画面になり、アップデートか新規インストールか選択可能。
アップデートの方がVistaの設定を受け継げるみたいなので、めんどくさくないかなーとか思ってアップデートを選択。
しかし...

何故かドライバ等が邪魔だと警告を受け、アップデート出来ず。何回やってもダメで、その邪魔なモノの中の一つであるiTunesを消しても、その他のモノが邪魔でできず...
調べたものの、よく分からないし、中にはBIOSをイジれとかいう話もあって、そこまでいくと自分の能力の範囲外なので諦めました。
そしてもう一つの希望、新規インストール。
別に設定し直せばいいだけですし…ということで実行。
できなかったらどうしようと、少しドキドキしながらインストールが進む。なかなかゆっくりと進むんですが、順調に進んでいくのでホッとしたり。
そして最終項目の、「最終構成を実行中」か何かの項目のところで凄まじく止まる。これで30分以上は待った感じでしょうか。こちらも調べてみると、バックアップに使ってるDドライブが原因だとか、元々のOSで使ってたソフトが原因だとか、真の原因はよく分からず。

とまぁ、少し波乱はありましたが、無事に終わりました。
元々Vistaにあったものは7に「Windows Old」として一応生きてるそうです。実際にどんなものが残ってるのか分かりませんが、Dドライブも入ったまんまですし、色々とコンテンツは生きてるのかもしれません。
とはいえブラウザの設定から各種ソフト等は入れ直し。まぁゆっくりやることにします。


これでMac miniでモニタ2台、Windows7ノート(元Vista)と外部モニタで2台の計4台。
作業がしやすくなったように思います。でもモニタアームとかは持ってないので、整然とはなっておりませんが。。。








2012年3月9日金曜日

逆流性食道炎とストレス

昨夜から一気にきた花粉症の症状ですが、問答無用で一回だけ逆流性食道炎の薬を飲み合わせたおかげなのか、ものすごい寝起きの悪さで2度寝し、起きたらもうすでに11時を回っていました。
さすが親父のメタボ花粉症に出された花粉症の薬!!(実際は分かりませんw)
その花粉症の薬・クラリチンとのお話


で、本日は確定申告と逆流性食道炎の確定に。

確定申告はというと、住宅ローンについてはもうすでに会社の方で年末調整はし終わってるのですが、株式投資の利益に対しての申告をしなければなりません。
一応住宅ローンの控除枠がものすごく大きいので、低年収の自分には使いきれない枠であり、申告した方がいいし。というかそもそも申告しなければならないのですけど(笑) 


そして逆流性食道炎かどうかのことですが、こちらは2週間分頂いた薬をほぼ飲み終えたところで、パリエットを2錠くらい残して飲むのをやめてみたら...


ちょっと胃の不快感が出てきたので、こりゃアカンかな~という感じで再度残りを飲み始めたのですが、やっぱり内視鏡で見てもらわないと気になりますし、気になったままだとどうも気分が晴れません。自分の場合、胃酸の逆流というほど明確な症状を感じることがものすごく少ないですし。

個人的に逆流性食道炎の原因に当たると思われるのは猫背、食生活、皮下脂肪、ストレスなのですが、猫背はヒドイとはいえこれくらいなら猫背の人大半がなるんじゃないかということでおそらく違うものの、ねこ背は治る!──知るだけで体が改善する「4つの意識」という猫背になかなかのレビューをゲットしてた本を先日購入して対処することにしました。
そして、食生活といいますと、少し前まで食費削減で牛丼食べまくりでしたが、こちらも一切やめて健康的な日本的な食事におおよそ切り替えました。
そして皮下脂肪、一見ガリガリとも言えるくらい細いのですが、健康診断では皮下脂肪の値が結構急に増えてましたので、おそらくこれはメタボということなのでしょうか。
こちらについてはどうしようもなく、ごくたまにやるフットサルくらいしか今のところ対処法は無いんじゃないかと思ってるのですが、本当に深刻になってきたらWiiフィット プラスでもやろうかと思っております。実際にWeb上でこれで痩せたとか、皮下脂肪減少させたとか実験した人もいるようですし、お腹デブだけは避けたいので、目に見えるくらいメタボが深刻化してきたらやらざるをえないと思います。

で、最後のストレス。おそらくこれが結構逆流性食道炎には重要のような記述を多く見かけるので、おおよそこれの解消に意識していかなければなりません。
そもそもストレスって蓄積されていくものなのか、あまりよく分かっていないのですが、ショボイ年収に悩んでいたり、仕事についてのストレスであったり、色々とあるわけでして、こちらを何とかしていかなければなりません。
ということで極力仕事が終わったら、あまりパソコンの前に向き合ってる時間であったりというのを少なくして、ストレスフリーなスタイルでiPadでリラックスしたり、ウイイレで理想のサッカーを追及したり、WOWOWでスペインリーグ&映画見まくったりしております。

それにしても...


ダビド・シルバ巧いし、なによりイケメン!!
でもウイイレではあまり個人的には使えない。。キレがあまり数値化されてないと感じるんですよ。。


と、長々となりましたが、久しぶりにMBPのキーボードカバーを外して打ってみたら、そのタイピングの気持ちよさを感じてしまったのです。柔らかいけどハリがある♪

2012年3月8日木曜日

花粉症に早急に!!

ついに来た。花粉症。。。

一昨日より鼻がムズムズするな~とか思ってて、そろそろ行かないといけないな~とか思ってたら、本日一気にやって来ました。

家に帰ってすぐさま去年の飲み残しの花粉症の薬を探すものの、なかなか見つからず。
やっとの思いで見つけたのは親父の耳鼻科の袋で、おそらく花粉症の薬やろうと思ってiPhoneで検索してみたら...



【クラリチン】
肥満細胞に作用し、ヒスタミンやロイコトリエンC4などのケミカルメディエーターの遊離抑制作用と、ヒスタミンH1受容体拮抗作用があり、アレルギーを起こす物質の働きを抑えます。 通常、アレルギー性鼻炎、じんましん、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症)にともなうかゆみの治療に用いられます。






・・・肥満細胞?!(笑)

おれ、肥満というよりもむしろガリガリの方なんですけど・・・

もしや親父のメタボのことなんかな?!

とか一瞬考えたものの、花粉症で鼻がズルズル詰まりまくってるのでいちいち気にする余裕も無し。。


これで花粉症を抑えるまでは山の中に囲まれた実家に帰るのは控えた方がいいのかもしれません。。

花粉症にヨーグルトが効くだとか、れんこんが良いだとかよく目にしたりするのですが、どれも効いたような実感は得られず。せいぜいホノビエン錠【第2類医薬品】くらいでしたけどね…。。


逆流性食道炎かもと言われて飲んでるパリエット等と飲み合わせていいものか、こちらも検索かけてみたけど、おおよそニュアンス的に大丈夫なような気がしたので、明日医者に行くまでは飲み合わせてみようと思います。

なにより鼻詰まったら寝付けが一気に悪くなってしまうし…

新しいiPadの比較とiOS5.1

噂通り、「新しいiPad」が発表されました。

とはいえその「新しいiPad」はiPad3とは言われず、あくまで「新しいiPad」とのこと。
機能の比較では目立った所はなく、画質向上くらいなのでしょうか?
Apple公式サイト:iPadのモデル比較


50gほど重たくなって、6mほど太ってしまって...

現行のiPad2は1万円値下げで販売されるそうな。
もし次にiPad3があるとすれば、今はまだiPad2が最良の選択となりそう。

とはいえもうすでに2持ってるので「新しいiPad」は今のところ必要無さそう。ちょっと欲しいけど(笑)



で、同時にiOS5.1を発表で、Siri機能が日本語対応とのこと。
公式サイトにはすでに日本語Siriの写真が載ってました。
これで自分の英語力の無さを痛感して、すでに全く使わなくなってしまったSiriを使うことになる…とも思えないのですが。。。

↓こちらがSiriが出た時に英語がうまくしゃべれなくて誤解されまくった結果。



2012年3月7日水曜日

香港旅行:総括

はじめてのアジア圏に香港を選択したのは正解だったように思います。

香港旅行1日目
香港旅行2日目
香港旅行3日目

以下、YouTubeに載せた動画です。







感想としては、すごく不思議な国。
空港から出てバスで市街地まで向かうなかで、真っ先に感じたのが外車の多さ。
ベンツをはじめ、BMWやアウディ等の高級車をたくさん目にします。とりあえずその時は、ただ単に「多いな~」程度だったのですが、市街地に着き、色々と散策する中で不思議な感じがどんどん増えてきました。

まず建物は基本的に凄く高い。
マンションであっても、日本の流行りのタワマンというレベルを超えてまして、50階クラスくらいのものが当たり前のようにそびえ立ちます。
そして新旧混じってるからなのか、高級感という感じはあまり感じません。
香港ではどんどん移住者が増えてきてるのだとかで、その人口増加を受け止めるには一軒家では土地の面積的に厳しくなるからなのでしょうか。高い建物が多いというのは、2~3カ月すると風景が変わると言われる理由なのかもしれません。
そしてその建物の特性を活かして香港島を中心にシンフォニー・オブ・ライツというエブリデーイベントを作り出しているのですが、これでこれだけの見学者を呼び込めるのなら、大阪の、スカイビルからの市内ビルでイルミネーションすれば…とか思ったりもしました。

基本的に最近の旅行者は中国人らしいので(空港からの送迎に付いてた人の話)香港の人がどれなのか分からないのですが、全体的に高級感、上品さというのがほとんど感じられず、これは自分に付いてしまった固定概念のせいであるのか、それとも地域特有のスタイルなのか、全く判断できません。ベンツに乗ったオッちゃんも一見普通の人に見えたり。

香港のビジネスというのもイマイチよく分かりません。
中環には金融センターとして世界クラスの金融機関が存在したりするものの、金融だけで香港そのものが成り立つともいえず、ちょっと車で行ったところにある大きな運輸・物流センターからそういったマーケットでもしかり、不動産が未だに活発的な感を受けましたがそれもしかり。全体の底上げという面では本当によく分かりませんでした。
町中ではホームレスの方を見かけたりしますし、貧富の差もあるのかなという感じです。


ただ、風土として起業家精神を持ち上げる面もあるとのことで、そして法人税等のシステム面もフォローされるようで、そこが一つのポイントなのかなとも思います。
不動産投資であれ、小さなビジネスであれ、フリーエージェント的なスタイルであれ、そういったものが強いと、自然と活気が出てくるものなのでしょうか。
フリーエージェント社会の到来―「雇われない生き方」は何を変えるか


不思議な国ではあるものの、町中のチャーシューのような匂いと、騒がしい音、大阪を超える交通マナー等にはあまり個人的には好きになれなかったのですが、いつかまた訪れてみたいと思います。
iPhoneのSIMフリー版だと売る時に倍以上の値段が付いたりするようですし(笑)




2012年3月6日火曜日

香港旅行3日目

香港旅行最終日。
この日も朝は九龍公園を経由して糖朝で朝飯。


粥っていうのは今まで幼少のころに風邪の時等の体調不良時に食べるものという認識があったんですあ、東アジア、東南アジアではごく一般的な食事なんだとか。
実家で食べたのと違う点でいうと、米の原型が無いところ。
米がすり潰されてるのか、ほとんど米の破片程度の大きさしかないので、喉に入れやすい。スープのような感じ。味付けはただの塩だけではないかなと思うんですが、どういった味付けなのかは分かりません。少しダシ効いてたかな? 頼んだのは燕の巣入りのもので、ツバメの巣がどういうものなのかはこれもまた分かりませんが、興味本位で選びました。
どうやら美容と健康に良いとされる漢方食材なんだそう。



空港までの送迎時間まで、迷ってしまったらどうしようもないので、ホテル近くで買い物することに。
お土産というようなお土産も見当たらず、適当にハンドクリームやらを買って終わり。


日本に帰ってから両替したら為替手数料的にどうかと思ったので、こちらで両替を済ませておきました。結局のところどれだけかは細かくは計算していませんが、まぁいっかというレベル。数ヵ月後にハワイ辺りに行く予定なので、わざわざ円にするのはやめて香港ドル⇒米ドルに。
Citiバンクに香港ドルのまま入金したら円替が自動になったっけ?!とか思ったものの、もう調べる時間もないのでやめました。

そういやHSBCプレミアが日本から撤退したとのニュースを以前見ましたが、現地口座開設関係は未だに一部でブームなんでしょうか?! まぁすくなくとも自分のような弱小投資家にはどうでもいいことなのかもしれませんが(笑)

後日、香港について感じたことをまとめます。

香港旅行2日目

さて、香港旅行1日目に続き、香港旅行2日目です。

ビジネス街とも言われるらしい中環へ行く計画。
とりあえずは午前中は、一応有名らしい糖朝というところへ。

糖朝:香港の人気デザートレストラン「糖朝」、医食同源の思想を大切にし、身体にやさしいデザートを香港本店の味そのままに提供しています。甜品(スイーツ)はもとより、粥、香港麺、点心、一品料理も充実しており、バラエティー豊かなメニュー構成です。  

なんだそうですが、デザートというよりかは、おもっきし食事に行ったようなもんでした。


凄まじいお客さんの数を淡々と、クールにこなしますので、あまり日本のレストランのように過剰な接客サービスは期待してはいけません。


マンゴー味の皮で包まれたケーキ。名前忘れましたが美味い!!

餅っぽいので包まれたチャーシュー?みたいなの。
おそらくなんですが、このチャーシューの匂い・・・町中の匂いと同じかもしれません。
ワンタン麺。
これは普通。でもまぁ、朝食メニューとしてもあるわけで、お腹にはすっきり入ります。

食べたかったチャーハン。
タイ米っぽいので、パサパサ感は満載。写真では分からないかもしれませんが、量はけたたましく多い。一人で食べるならこれだけで満腹なるかもしれません。
ただし、これは昼食からのメニューなのか、11時から注文可能とのこと。10時51分(伝票に時間記載あり)に注文したら、昼食メニューだからと横線入れて拒否られました。11時過ぎてから再度追加オーダー。

感想としては、値段も手ごろで、言葉はほっとんど中国語?なのですが、まぁメニュー表には日本語表記もあり、頼んだものが来なくても、伝票に指差して適当に「Not coming !」とか言えば頷いてくれます。
マンゴー系のスイーツは美味しかったです。マンゴージュースはすり潰したまんまかというくらいマンゴーっぽさが出てました。




これは糖朝行きしなに通った九龍公園。
朝方だったのか、ラジオ体操みたいなものなのか、太極拳やってる集団に出くわしたりしました。


その後、尖沙咀から地下鉄に乗って中環へ。


金融センターとしてもあるせいか、ビジネス街色が一気に増します。
おまけに、欧米系の人が多い。少しガヤガヤ感が消えます。


そして国際金融中心二期とかいうビル。
けたたましくデカイ。ただでさえ、香港のビル、マンションは基本的にタワマンとかいうレベルを超えてるくらい高いのですが、これはケタ違い。ちなみにSky100の方が高いらしいですが。。。Sky100の方は、天気が悪く、受付のお姉さんが「天気悪いですし、このモニターのように何も見えません」って言ってくれました。


そして、IFCショッピングセンターにアップルストアを発見。
ここにはやはり尋常でない人だかり。持っててもついつい寄ってしまう不思議な所です。


Apple MacBook Air欲しいなぁ。。




で、晩飯はまたまた昨日と同じように欧米風のMcLovin`s Tavernというころへ。
どっちかっていうと、こういう食事の方が心底好きなのかと思ったりします。細かい味よりは、ザクっとしたワイルドな食事がいいのでしょうか。

ビクトリアピークにも行かず、香港証券取引所の見学にも行けませんでしたが、まぁなかなか香港を一目見れたっていう感じで、2日目が終わりました。
毎度の旅行でガイドとして活躍してもらう地球の歩き方(D 09(2011~2012年)にはたくさん観光名所等が載ってますが、2泊3日じゃ絶対全て周るのは無理です。食べ物メインだともっとキツイかもしれません。個人的にはリゾートの方がやっぱり良いと今回分かったのですが、ショッピングとかがメインとなると面白い所なのかなと思います。にしても、香港ってなんでこんなに分厚いのか…

地球の歩き方(D 09(2011~2012年)

3日目に続く...

各ポートフォリオ

現在保有株一覧【2016.4.10現在】
[日本株]
:イオン
:マネックスG
:日本農薬


【米国株】
:BP
:ロイヤルダッチシェルB

【ETF】
:iShares 先進国(除く米国)REIT ETF
:ishares jpm USD Emerging
:iShares 米国優先株式ETF
:NOMURA原油インデックス

【投資信託】
:MHAM物価連動国債ファンド


2017年8月中旬のポートフォリオ